介護カフェ

2017年11月29日 (水)

泣きっ面に介護。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回も、気が滅入るような・・・というか
これも介護あるあるですかねぇ~・・・
というお話になります。
よろしければ、お付き合いを・・・。


前回 記しました娘ロス。
そのなんとも気力のわかない日々を
いまだ過ごしておりまして
「こんなことではいけない!しっかりせねば!」
とも思うのですが、
どうにも頭の叱咤激励に心がついていけない状態で・・・
しかし、そんな日々にも一点の支えがあったのですよ。
それは

「もう少しで、お義母様が
二泊三日のショートステイに行く!」


ということ。

「頑張れ!頑張れ、自分!
お義母様がショートに行く日はもうすぐだ!
そうすりゃ、金曜日仕事から戻りゃ、
そっから日曜日までは まるっと自分だけの時間が持てる!
ダンナも出かけるし、自分ひとりでダッラダラしたり
あれしたり、これしたり 好きなことしよう!」


・・・と、ホントにその思いが私のカラダをなんとか
動かしていたのですよね。

ある休日の午前中なんぞ
30分おきくらいにトイレに行きたがるお義母様を
連れてって介助して、その度に

「私の休日は、お義母様の
シモのためだけにあるのか!?」


と、ブチ切れそうになる気持ちを

「いや!もう少しの辛抱だ!もうすぐショートじゃないか!」

と、堪えておりましたよ。


さて、そんな日々を過ごし
やっと来ました!
待ちに待ったショートステイの日が!!


朝、お義母様を迎えの車に乗せてもらい
しゅっぱーーーつ!ブロロロ・・・
いってらっしゃーーい!!
ヽ(´▽`)/バンザーイ!ヽ(´▽`)/バンザーイ!


・・・・・・

・・・・・・

しかし・・・

なんていうことでしょうねぇ・・・

お義母様

半日で戻ってくることになるのです・・・

熱が出ましてね・・・!il||li _| ̄|○ il||li

「何故、この日に限ってこんなことに!?」
って、介護あるあるなんでしょうね・・・

71128

私の落胆ぶりといったら・・・
もちろん、顔にも態度にも
出さないようにはしましたよ。
けど、心の中はもう土砂降りで・・・!
あれもこれものお楽しみがすべてパァ!
どころか土・日と、お義母様に付きっきりですよ。
また、お義母様のシモのためだけに充てられる
私の休日・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

しかし、こっちの予定は総崩れなのに対し
予定通り飲み会に行き
予定通りマラソン大会に参加するダンナ!憎し!!


・・・と、そんなこんなの
娘ロスで傷心のこの身にさらに追い打ちをかけるような
悲惨な出来事でしたよ、というお話でした。
お読みくださりありがとう。それでは、また。

そうそう!あるあるよね~!と、わかってくださる奥様
よろしければ、私の涙をぬぐってくださるようなクリックを・・・
↓↓


絵日記ランキング

お義母様、結局軽いカゼで
食欲もあり、心配ない状態でした。
(だから余計に口惜しいというね!)

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

ショートの前に嫁がすべきアレ。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、ちょっとしつこいんだけど
またショートステイ関係のお話になります。

ショートステイの前には
色々荷物の準備がありますよね。
その際、面倒なアレ・・・を
しなければならないじゃないですか~・・・
というお話。
よろしければ、お付き合いを・・・。


面倒なアレ・・・とは

「持ち物の名前書き」ですよ!
奥さん!!


持って行くもの全てに名前を書いていかなきゃ
ならないじゃないですか。
それが結構な手間なのよ!
コップやハブラシ・湯呑・・・とか、そういう日用品に
記名するのは楽なのよ。

問題は衣類!!

下着やら上着・・・靴下まで書かなきゃいけないでしょ?
いや、ディサービスでも言われていることだから
一応は書いてはいますよ。お名前マジックでね!
けど布って・・・書きにくい!
素材によっちゃ、マジックが滲んじゃって
なんて書いてるのかわかんなくなってイラッ!とするのよ!
で、裏の洗濯表示のタグに
書いたりするんだけど
そのタグもちっちゃいと、やっぱ何書いてんのか
わからなくなるし!
厚手の靴下に至っては、どうすりゃいいの!?って
お手上げなのよ!

今回は初めてのショートということもあるし
ちゃんとわかりやすく記名したい!
なので、ショート数日前になって

そうだ!
アイロンプリントできるような名前シートを使おう!


と、閃いて
手芸屋さんに行ったんだけど

エッ!?無い!!Σ(゚д゚;)

いや、子供用の可愛らしい絵のついたのは
あるっちゃあるんだけど
1パックに入ってる枚数が絶対的に少ないし
サイズも大きすぎるのよ!

ええぇーー!??
今の世の中、施設を利用してる年寄りの数も
多いだろうに、何故子供用の名前シートはあるのに
大人用はないの!?

マジで意味がわからないけど
無いものはしょうがない。
やはり、滲むの承知でマジックで書かねばならぬのか・・・
と、家に戻ったのですが

まて!ネット通販にはないだろうか!?

戻ってすぐにネットで調べましたよ。すると・・・

ありましたーーー!!ヽ(´▽`)/

大人向けに、漢字で名前も印刷してくれて
サイズも衣類に貼りやすい大きさで
1袋30枚とか40枚の単位で注文できる!
素晴らしいわ!!

見つけると同時にちゃっと注文しましたよ。
ショート行く日にちが迫ってるんだけど(3日後・・・)
ううぅ~~、間に合うかなぁ~・・・

・・・・・・

・・・・・・

間に合いましたーー!!
前日の夕方に届きましたー!!早い!ありがたや!

で、夕食後早速
持って行く衣類を部屋に広げて
アイロンをセットして
一枚・一枚・・・

じゅわわ~~!・・・ホイ!次

じゅわわ~~!・・・ホイ!次

じゅわわ~~!・・・ホイ!次

おお!貼れてる、貼れてる!


次・次とアイロンを15秒ほど押し当てていき
どれもキレイに名前シートを貼り付けることが
できましたよ!

71105


そして、翌日はキチンと名前が入った持ち物を
カバンに入れて
ショートに送り出すことができました。

こういう便利なものがあると、
もう少し早く気づけばよかったよ~!・・・と
そういうお話でした。

お読みくださりありがとう。それでは、また。


施設を利用するお年寄りに
衣類の名前シートは常識よ!の奥様も
あら~!私はマジック派だったわ~!の奥様も
よろしければ、アイロンでジュッ!とするようなクリックを・・・
↓↓


絵日記ランキング

私は「名前シート」と言ってますが
商品は「ネームラベル」で売ってました。
(ヤフーショッピングで)

| | コメント (2)

2017年11月 4日 (土)

義母がショートに行きまして。(追記)

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、
も少しショートステイのお話をさせていただきます。
よろしければ、お付き合いを・・・。


ショートステイ後は、私がお義母様を
迎えに行ったのですが
施設内に入って、談話室のようなところに
通されるとそこにお義母
スタッフの人たちと、穏やかなカンジで
おしゃべりされてましたよ。
笑顔も見られたし。

スタッフさんにどのような様子であったかと聞くと
やはり、施設に着いてしばらくすると
「帰りたい」だの「家に電話をかけたい」だのと
言っていたようですが
対応に困るほどの状況ではなく
なだめたり、気をそらせたりしているうちに
落ち着いて
あとは普通に風呂に入ったり食事したり
してたようです。

気になっていた夜中のトイレ。
何度も起きて、
夜勤のスタッフさんを困らせなかったろうか
場所が変わって、気になって余計に何度も起きたとか・・・
と心配していたのですが

「夜中はぐっすり
眠っていらっしゃいましたよ」


とのこと。!!(゚ロ゚屮)屮


あまりにぐっすり寝ていたので、スタッフさんが
夜中に一度起こしてトイレに連れて行ったのだとか・・・

おおお・お義母様!
家でもそのように熟睡してくれればよいのに!!


・・・いや、しかしまぁ良かったですよ。
初回の今回はまずまず
介護するにあたりそれほど問題はないお年寄り・・・
でいけたのではないかと・・・
これからも、利用のさい
快くお世話していただけるのではないかと・・・
実際は大変なこともあったかもしれませんが
お話を聞いている限りは
これからも気楽に利用させてもらって良いのだ・・・と
胸をなでおろした次第です。

71104

あと、家に戻ってからのこと。
慣れない環境にいたことを思い出して
特に夜中、不穏な行動をとったりしないかと
これも心配だったのですが

ノープロブレムでした。

いつもの通りの2時・4時・6時のトイレタイムは
変わらずでした。

施設にいたように熟睡せんのかい!と思いましたが
まぁ、いいです。いつもと変わらなければ・・・。

とにかく、初回ショートステイ
始まる前の私の心配は
全て杞憂に終わりました。

ホント、あれこれ悩むより思い切ってやってみるべきですね!

案ずるより小野ヤスシ・・・いや、産むが易し!
くだらんダジャレも出ようってもんですよ!奥さん!!


そういう初回ショートステイの巻でございました。
お読みくださりありがとう。それでは、また。


いや、ディサービスにちゃんと行くまでの
ヤな思い出が色々あったからさぁ~・・・
そうそう、考えすぎちゃうよね!と優しい奥様
よろしければ、その優しさでワンクリックを・・・
↓↓


絵日記ランキング

で、10月も
二度目のショートステイ利用をいたしましてね。
こちらも一泊二日、平日でしたが。
前回同様、特に問題なしでした。
このまま順調なら、二泊三日→三泊四日→・・・
と、お願いできるかしら・・・?
もしそうできたら
泊りがけで温泉旅行とか行っちゃおっかな~♪
ウフフ~♪(行けよどこでも!)

| | コメント (0)

2017年10月31日 (火)

義母がショートに行きまして。(後編)

ようこそ、いらっしゃいませ。

早速、前回の続きを・・・


まぁ、そんなわけで
お義母様がショートステイに行っているあいだ
私は何年かぶりに
時間を気にすることなく
外出を楽しむことができましたよ。

そして、夜も・・・

百貨店で買った、珍しいお惣菜を夕飯に出し
その後、スイーツを出し
秋の夜長をまったり堪能いたしました。

一番、解放感を味わえたのは、やはり夜中ですかね。

お義母様のトイレタイムを気にせずに眠れる!!

いつもは、午前2時・4時・6時と
だいたいそのくらいに起きだしてトイレに行くのですが

今夜はそれがない!
ノンストップで寝られるのだ!!

いつものお義母様の部屋の
私の布団に入り
隣が、お義母様がいない空のベッドであることが
なんか不思議な気がしながら
それでも、いつもは感じられないゆったりとした気持ちで
眠りについたのです。


翌朝

寝覚めが
なんとスッキリしていることか!!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・


通しで5時間寝られるってことが
こんなにも気持ちの良いことだったなんて!!


71031

やはり、寝覚めがいいと
その後も気分がいいってもんで
体も軽く朝の家事ができましたよ。

この日は日曜。
いつもの通り、午前中に買い出しに行き
昼食をとって、借りて来たDVDを観て
そうこうしてるうち・・・
 

あっという間に
お義母様を迎えに行く時間になりました。


ああ・・・つかの間の自由時間が終わる・・・
また、いつもの介護生活に戻るのね・・・



初めてのショートステイ。
この自由な時間が終わるのが惜しいような気持ちと
それでも早くお義母様を
迎えに行ってやらないとという気持ちが入り混じる
フクザツな胸中を抱えて
施設へと車を走らせたのでした。


・・・ってところで、
ショートステイ後の話はまた次回に。
お読みくださりありがとう。それでは、また。

よろしければ、
”今月も4回更新できてよかったね”のクリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

義母がショートに行きまして。(前編)

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、九月にお義母様に、
初めてショートステイを利用してもらった時のお話を。
よろしければ、お付き合いを・・・。

ショートステイ利用の前は

「お義母様がショートに行っている間に
あれしよう・これしよう♪」


と、ウキウキワクワクの一方

「お義母様に、ショートのことをいつ言おうか・・・」

という問題も常に頭の中にあり・・・

「一週間前?
いやいや、どうせ言ってもすぐに忘れてしまうだろう。
2~3日前がいいか?
うぅん・・・もし言って、逆にお義母様が
そのことにこだわり続けて、
何度も何度も聞いてこられたら
どうしよう・・・?」


”わっちゃ、どこかに行くんじゃったかな?”
”どっかに泊まるんじゃったかな?”
とか何度も聞かれ、挙句に
”わっちゃ、そんなとこに行きとぉもねぇ!”とか
駄々をこねられ、不穏な行動までするようになったら
どうしよう・・・

そんなことになるのがイヤで
結局、言ったのはショートステイの当日。
もうギリもギリの、
お迎えのスタッフさんが来るのを待っている時でした。

「お義母さん、
今日はね いつものディさんの場所じゃなくて
そこより、もっと近い場所のディさんに行くんだよ。
(ショートステイと言ってもわからないだろうから
ディさんと言っておきます)」


「?そうかね?」

「そうそう、
すぐそこだから全然なにも心配しなくていいからね。
多分ここら辺の人も何人か行ってると思うよ。
でね、お義母さん今日はそこで一回お泊りしてもらって
明日は私がお義母さんを迎えに行くから
何も心配しなくていいからね」


「・・・そうかね・・・?」

努めて深刻にならぬよう
”なんてことないのよ”てなカンジで平常心で
伝えましたよ。
お義母様、わかっているのかわかってないのか
微妙な返答でしたが

「わっちは、家から出たこともねぇが・・・」

とか言いつつも
いつもと違うお迎えの人が来ても、
黙って車に乗せられて行きましたよ。

車が行ってしまうまで、気を張っていた私。
家に入ったとたん

「これで、今日は夜も まるっと自由なんだ・・・!」

と思ったら
ちょっと、自分でもビックリだったのですが・・・
気が楽になった・・・というより、
なり過ぎて戸惑ったというか、
虚脱感に襲われたというか

71029

あれもこれもしたいと思っていたことが
なんか億劫になってしまい・・・
家にいて、ゴロゴロしようか・・・とふと考えたのですが

いやいやいや!せっかく何年ぶりにできた
自由時間じゃないの!楽しまなくてどうするの!
予定通り私は都会にでて、ショッピングをするのよ!!


気持ちを奮い立たせてお出かけ準備をしましたよ。


もたもたと準備をすませ
さぁ出かけるか・・・としたその時!
ショーステイ先から電話が!

「えっ!?何!?何かあった??」

ドキリとして、急いで電話に出ると
お義母様の持ち物で、私が入れ忘れたものがあり
今からそれを取りに来てもいいかとのこと。

あっ!そうかしまった!
でも、よかった。出かける前で・・・

恐縮しながらお願いし、
取りに来てくださったところで
お義母様の様子を聞いたところ

今のところ(と言ってもまだ着いて1時間経ってないけど)
問題なく過ごしているとのこと。

それを聞いて私、吹っ切れたというか
まぁ大丈夫だろう。向こうの人たちにお任せして
自分は楽させてもらおう!

と、気分が切り替わってね。
予定通り、ルンルンでショッピングに出かけましたよ。

(で、前回の記事 ブラ買ったネタにつながるのね)

長々しちゃったのでちょっと切りますね。
お読みくださりありがとう。続きは次回に。

よろしければ、ひとまず「よかったね」のクリックを・・・
↓↓


絵日記ランキング

| | コメント (0)

2017年9月30日 (土)

ショート?ショート!ショート♪

ようこそ、いらっしゃいませ。

月末の4記事目更新
やっつけ短めでお送りいたします。
よろしければ、さらっとお付き合いを。


さて、色々ごちゃごちゃと考えた末
やっとお義母様をショートステイに頼もうという
決意ができたとこで
早速、ケアマネさんに予定を入れてもらい
見学とか面接とか契約手続きとかをこなします。
やる前は、頭の中で「面倒だろうなぁ・大変だろうなぁ・・・」と
考えてたのですが
まぁ、やってみると体はなんとか動くもんですね。
ってか、

「とにもかくにも、私は羽を伸ばしたい!」

という一念が岩をも砕く勢いで
あれやこれやをクリアしていったのですね。

さぁ!あとは、お義母様のショートステイの日を
迎えるばかり!

私の頭の中は

「ちゃんと行ってくれるだろうか・・・
そもそも、いつお義母様に
お泊りで施設に行ってくれと言おうか・・・?」

という心配事もありましたが

「お義母様が、無事ショートに行ってくれたら
あれをしよう・これをしよう」


ってことを考えて
なんか久しぶりに、心がウキウキしたのですよ。

70930

さて、月末ギリなんで今回はここまでで。
お読みくださりありがとう。
それでは、また。

よろしければ、ウキッ♪とおひとつクリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング

| | コメント (2)

2017年9月29日 (金)

ショートまでのロングな道のり・2

前回の続きになります。
よろしければ、お付き合いを・・・


さて結局 その8月の実家行きの際は
ダンナが仕事を早めに切り上げて
お義母様のディの戻りに間に合うように
してくれたので
私らは、時間を気にすることなく
実家へ行って、帰ってくることができたのだけど・・・

その後、ちょっと色々考えたのね。

・・・あの・・・

その「ちょっと色々」を記していると
なんか、まとまりのない文章になってしまって
お読みくださるアナタに、
わかりやすくお伝えすることが
出来てないことが申し訳ないのですが
えぇと、まずは

「これからも、こんなお出かけの際には
時間を気にしたり
ダンナに気を遣いながらお義母様をお願いしたり
しなくちゃならんのかしら」
ってとこから始まって


私の、この50代は介護に捧げねばならんという
あきらめにも似た覚悟はしているつもりだけど
それでもやっぱり
ずっと、お義母様の介護を中心に
自分の生活を回してると
「なんで自分が」
「なんで自分ばっかり」と思っちゃうのよ。
実の息子であるダンナの
「我関せず」という雰囲気が感じられたり
息子に母親のことを頼むのに
何故嫁の私が「なんか悪い・・・」
みたいな感情を持たねばならんのか、とかね。

でも、私も
介護介護とあまり大仰に構えなくてもいいんじゃないか
「私がいなけりゃ、お義母様は・・・」とか
ひとりで深刻にとらえ過ぎてるのかも
もう少し、気持ちを楽にしてもいいかも
楽することに、罪悪感を持たなくてもいいかも
これからも、お世話が長く続くであろうなら
息抜きも必要なのでは・・・


だから、用事があってどうしても、って理由じゃなくても

お義母様にショートステイに行ってもらうことも
アリなんじゃないかと

つまり・・・あの、ごちゃごちゃ言ってますが
結局は


「私もたまには羽を伸ばしたいんじゃ!!
それが悪いかーーー!!」


って、心情になったことなのね。

70929

ショートステイを利用することにより
お義母様が
「自分は家族に捨てられた」と
嘆くのではないかとか
不機嫌になるのではないかとか
それよりまず「行きたくない」と
駄々をこねるのではないか
帰ってからの行動が不穏になるのでは・・・

あれこれと心配はあるし
手続きもあれやこれやと面倒くさい・・・

今までは、そんな心配事や面倒くささが
勝っていて
とてもとてもショートなんて・・・
と思ってたけど
もう、自分が羽を伸ばすために
必要なことなら、受け入れましょう。やりましょう。
って気になったのですよね。

で、その気になったところで早速
ケアマネさんに相談して
とりあえずは一泊二日のお試しの
ショートステイを頼むことにしたのです。

・・・・・・

うぅん・・・今回の記事はどうも気に入らないわ・・・
なんかごちゃごちゃしてて
まとまりなくって
うまく言い表せられなくて
イライラするうぅ~~( ゚皿゚)キーッ!!

こんな記事なので、今回はランキングバナーの
クリックのお願いは致しません。
コメントをいただくのも申し訳ないので
今回は閉じさせていただきます。


でも、ゴメンなさいね。
バナーだけは貼らせてもらっちゃう。
優しいアナタ・・・でも今回は押さなくてもいいの・・・
ええ!ホントにいいのよ!?
↓↓


絵日記ランキング

気に入らない記事なら出さなきゃいいんだけど
自分で決めた「月4記事更新」のノルマが
今月危ないのよ~(;´д`)トホホ…

|

2017年9月26日 (火)

ショートまでのロングな道のり・1

ようこそ、いらっしゃいませ。

実は、今月 
介護生活4年目にして初めて お義母様に
ショートステイに行ってもらいましたのよ。
・・・といっても初回なので
まず、一泊二日の様子見ということだったんですが。

ショートステイ利用・・・一応私の頭の中には
あったのですが、実際利用してみようとするまでには
至らなかったのですよね。
それが何故今回、そのような心情になったかというと・・・

以下の記事は、8月に作成したものなのですが
まずはそちらをお読みくだされば・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今回は
お年寄りを自宅介護されている奥様には
共感をいただけるのではないかと思う
「介護あるある」のお話になります。
よろしければ、お付き合いを・・・。


今月、娘・息子と3人で実家に行くのですが
(↑8月の盆頃の話ね)

いつもは、実家に出かける時は大概私一人。
お義母様のディのお帰りに間に合うように
帰ってきます。
たまに、娘やダンナが家にいるときは
「早めに帰ってくるから、おばあちゃんを
お願い」と頼むことはありますが・・・

しかし、今回は何年ぶりかの子供らと一緒の実家行き。
できたら時間に縛られずに
余裕を持って過ごしたいのですよ。
となると、ダンナにお義母様をお願いするしかないのですが

実はここ最近仕事が忙しいダンナ。
毎日残業続きでございます。
私らが出かけるその日も、ダンナは仕事・・・
お義母様の戻りに合わせて
ちょっと仕事を早く切り上げてもらえないかと
言いにくいんですが、頼んでみたところ・・・

「仕事のはかどり具合による。
その日、早めに帰れるかどうかは まだわからない」


・・・とのこと。

そうよね~・・・仕方ないよね~・・・
まぁ、それならば
いつものようにお義母様の戻り時間に合わせて
私らが帰ってくればいいだけのこと・・・
なんなら、娘の車と私の車 2台の車で行き現地集合し
時間になったら私だけ先に帰る・・・とかもアリか・・・?

・・・と、考えを巡らせているときに
ダンナがボソリと言うことにゃ

前に施設に泊まらせるサービスがあると
言っていたが、それを利用したらどうなのか」


と。

んっ?・・・あ・あぁ、ショートステイのことね・・・

それは、ちょっと前のことなんだけど
ウチの近くに、
ショートステイが利用できる施設ができたのよ。
で、そのお知らせ広告を読んだ私が

「ねぇ、ここ、今通ってるディサービスより近いね。
もし、お義母さんをショートに頼むとしたら
ここがいいかもね」


と、何気にダンナに言ったことがあったのよ。
そのときダンナはいいとも悪いとも
言わなかったんだけど
あぁ・・・話はちゃんと聞いていたのね・・・

でもね、ダンナ・・・アナタ何もわかっちゃいないわ・・・

こういうサービスを利用するときには
前々から、予約をしておかなくちゃいけないのよ。
特に初めて利用する時は
施設の人と面談したり
ケアマネさんに予定を組んでもらったり
契約手続きしたりと
色々準備が必要なのよ。
そういうことには気がないみたいね。
ついでに言うと
ディサービスの利用にしたって
私ひとり、あれこれと手続きして
現在このように利用できてるんだけど
そこんとこ、わかってるのかしら?

「サービスがあるなら、利用すればよい」

と、さらりと言えるダンナの傍観者目線のお気楽さに
心の中でため息をつく私なのでしたよ。

70924

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

・・・ということで、

これは
「ディから戻る時間を考えねばならぬので、介護者は
外出時間が限られる」
という介護あるあるに”仕方がない”とあきらめモードになり
そして、図らずも
「介護サービス利用について、主たる介護者以外の家の者は
関心がない・無知である」
ということを再認識させられた
ある8月の夜の一コマでした。

さて、ここから
「お義母様にショートステイに行ってもらおう」
となるに至った私の心情の変化について記そうと思いますが
長くなりましたので次回に。
お読みくださりありがとう。それでは、また。

「そうそう!介護あるあるよね~!」と
共感してくださる奥様の「わかる・わかるよクリック」を
いただきとうございます。よろしく♪
↓↓

絵日記ランキング

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

介護生活四年目のつぶやきを・・・。

ようこそ、いらっしゃいませ。

いやぁ暑いですね昼間は。
しかし、クーラーをつけたいくらいの昼が過ぎ
日が沈むと徐々に気温が下がるので
ウチは夜、電気カーペットをつけておりますよ。
でも、今週からまた梅雨空になりそうですね。



さて今回は、
思いつくままをたらたらと記させてもらいます。
よろしければ、お付き合いを・・・。


ふと気づいたら、この6月で
介護生活が丸三年経っておりましてね・・・。
現在四年目に突入してたのですよ。
いやぁ・・・早いものです。(遠い目)

三年前
お義母様が車いすで病院から退院する時
「これから、どうなるのだろう・・・」と
私の胸の中は、
不安と恐怖が渦巻いておりました。

大海原に、お義母様と二人、小さい船に乗せられて
放り出されたような・・・


そんなイメージが浮かんだことを
いまでも思い出しますよ。

それまで
「年寄りの世話なんざぁ、私には性格的に無理」
と思っていましたが
それでも、やらざるを得ない状況の中
同じような過ちを何度も繰り返して
それでも、ちょっとずつちょっとずつ
慣れも、手の抜きどころも掴めてきたりしてるうち
まぁ、家の中・お義母様限定なら
割と良い介護者になってきてるんではないかと。
よくやってきたよ、成長してきたよと
自分を褒めてやりたいですよ。
家の者誰も言ってくれんから自分で言うけれど!

いや、ホントマジで
私があと30年くらいたって介護が必要になった時
誰に世話されたいかって考えると
タイムマシンかなんかで
「今の自分」を連れてきて
「今の自分」に介護されてぇわ!
と思うわ。
ちゃんと、年金から毎月お手当も出してあげるわ!
「毎日ありがとう。若ふるまん」
と、礼を言うことも忘れず
ディ・サービスも毎日嫌がらずに行くわ!
「死にてぇ・・・」だのなんだの言って
若ふるまんを困らせたり、
気分を落ち込ませることなどもしねぇわ!
ちゃんと、介護しやすい年寄りになってやるうぅーー!!

・・・なんてぇことも、考えたりしまさぁね・・・

しかしまぁ現実に戻って

お義母様も90になりまして
この介護生活もあと数年だろうか・・・?と
思ったりもしますけど
割と周囲には、100近いお年寄りも多く
私も、
まぁこの50代は介護に捧げねばならぬのかもな、と
腹をくくっていた方がいいな、と
考え出したとこで・・・
でも、それなら
「介護が終わったら、アレしようコレしよう」
って想像をめぐらすより
「介護しながらでも、
いま、この50代、自分がしたいことをしなきゃなぁ~・・・」
と、思ってね
以前からちょっとやりたいと思っていた
習い事をはじめることにしましたよ。
週一、夜2時間半ほど家を空けるので
その間、娘やダンナにお世話を頼むんだけど
ちょっと申し訳なさを感じつつ
「いや!そのくらいはいいだろう」と開き直ってもおります。

しかし、介護生活って毎日
色々考えさせられることもあって
私も、精神的に3年前とはだいぶ
変わったのではないかと思いますよ。

まだまだ続くであろう介護生活。
腹が立つこと、不平あり不満あり
爆発しちゃうことも多分あるだろうけど
それでも、少しでもお互い快適に過ごしていけるよう
考えながら
これからも、適当に頑張ってやってきます。
70625

たらたらと綴りましたが
お読みくださりありがとう。それでは、また。


よろしければ、適当に頑張れよ、のクリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング

| | コメント (5)

2017年5月27日 (土)

介護劇場(後編)

ようこそ、いらっしゃいませ。


前回の続きで
ディに行きたがらないお義母様を
説得しようとするところです。


私は、車いすのお義母様の傍にしゃがむと
お義母様と視線を合わせ
真剣な面持ちで問いかけます。

「・・・お義母さん。ディサービスに行きたくないとなると
施設に行ってもらわにゃならなくなるけど
その方がいいかな?」


「何な?」

「今のように、朝から夕方までディサービスに行って
夕方家に戻ってくる生活と
〇〇さんや、△△さんのように
施設に行ったまま、そちらの介護士さんに
ずっとお世話してもらうのと、
お義母さんはどちらがいい?」


「・・・そんな、わっちゃ家から出たこたねぇで
そんなのはわからんが・・・」


「多分施設では、
お義母さんの好きに過ごさせてくれると思うよ。
ずっと寝ていたければ寝て、
ぼーっとしていたければしてても
お食事とかお風呂とかトイレのお世話はしてくれるでしょう。
ディのように、みんなとゲームしたりとか頭の体操したりとか
そういうことは、しないと思うよ。
けど、お義母さん。
ディだと、お義母さんは知らない人達といるのが気を遣うから
イヤなのかもしれんけど、夜はこの家に戻って
安気に過ごせるよ。
私もできるうちはお義母さんのお世話をするし。
とにかくね、お義母さん。
いまは、もうどっちかを選ばなきゃならんのよ。
お義母さんは、ただずっと家におりたいんでしょうけど
それはできんのよ。
お義母さんのような人を、ひとりで家においておく
わけにはいかんことになってるのよ。
どうしても、家にいたいとなると
私が仕事を辞めて、
昼もお義母さんのお世話をってことになるけど
ウチの生活のこともあるから
仕事はどうしても辞められんのよ。
ダンナさん(実際は名前で呼んでます)と私は
毎日仕事に行って
お義母さんも仕事だと思ってディに行って
夕方はみんなこの家に帰ってくるって
そういう風ではイカンかな?
お義母さんがディに行きたくないのはわかるよ。
だから、辛抱して行ってもらうのは
ホントに申し訳ないけど
どうかお願いだから、今日もディに行ってくれんかな」


・・・話を少し大袈裟にしてるとこもあるけど
まぁ大体こんなようなことを
声を荒げず、低姿勢で、訴えるように話をしましたよ。
長々とまるで橋田寿賀子のドラマのように・・・
喋っているとだんだん気持ちが入ってきて
声が心なしか震えて、
まるで泣くのをこらえているかのよう。
気分はもう、泉ピン子ですわ。

さぁ、言うべきことは言ったわ!
わかってちょうだい、お義母様!!


話し終え、お義母様の顔を見つめる私。


・・・と、お義母様はなんと・・・!


「わっちゃ、もう なんもわからん!
知らん!
わっちゃもう、死んでまいてぇ!
こんな 人に迷惑かけてまで、
生きていとぉもねぇ!!」


と、机に突っ伏して
オイオイ泣き出すじゃありませんか!!
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!


いやいやいや!ちょちょちょ お・お義母様!?
生きるだ死ぬだ迷惑だとか、そういうことじゃなく・・・

あぁもぉ!めんどくせぇお人じゃなっ!!

・・・そういう気持ちを抑えつつ
なんとかなだめようとしているとそこへ

ディサービスのお迎えが到着!

「お・お義母さん。ディさんのお迎えが来たよ。
行こう、ね」


車いすを引いて
お義母様を机からずるずると引きはがし
玄関まで連れて行くと

「おはようございまーす!・・・あら・・・」

入ってきたスタッフさんが
すすり泣くお義母様を見て、怪訝な顔を・・・

「あっ・あの、今日は気分がちょっと沈みがちで・・・」

言い訳する私。

ち・違うのよ!?
姑イジメじゃないですよ!?
老人虐待じゃないですよ!??
お願い!私を疑わないでくださいよ!
スタッフさん!!
わ・私は何も・・・ホントよ!ホントなのよ~~!!


心の中で訴えながら
スタッフさんがお義母様を優しくなだめながら
車いすに乗せ換える様子を見ている私。

お義母様は泣きながらも、いつも通り
おとなしく連れられて行きましたよ・・・。

70527

・・・くそぅ・・・
自分の泉ピン子ばりの演技に酔っていたら
この有様・・・。
結局、認知症の人に長々とした説得は
こちらの態度がどうであれ
混乱させるだけなのね・・・

「認知症のお年寄りに、長々とした説得は禁物」

また、新たな教訓を胸に刻みこんだ
ある朝の出来事でございました。


・・・お読みくださりありがとう。それでは、また。

図らずも、お姑さんを泣かせたことのある奥様
よろしければ、
「大丈夫。誰も老人イジメとは思っていないわよ」
と、私を慰めてくださるようなクリックを・・・
↓↓


絵日記 ブログランキングへ

タイトルもじりではないんだけど「劇場」つながりで。
ピースの又吉直樹君の2作目「劇場」を買ったのだけど
まだ、読めていないのですよ。(;´д`)トホホ…
読みたい小説って、
体調が万全の時に読みたいじゃないですか。
あと、家事の合間・合間に読むのもヤじゃないですか。
静かな部屋で数時間、通しで読みたいじゃないですか。
そう考えると、主婦ってなかなか本一冊も読むことも
難しいものなのね・・・
老眼で、文字を読むのがつらくなってきてる50代主婦の
言い訳じゃないのよ・・・多分・・・

| | コメント (2)