« 毛まみれもやむなしですとも! | トップページ

2020年8月 2日 (日)

7時なのだから!

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、
またもダンナにちょいムカした話ですが
よろしければお付き合いを・・・


これまでも何度か記してますが
現在、夜のお義母様のトイレ介助はダンナが担当。
なので、ダンナがお義母様の部屋で寝ており
私は2階の寝室で寝ております。
それ以外のお世話はだいたい私がメインで
やっております
ということを前置きしまして
ある朝のお話を・・・



午前7時前後。

これは、お義母様が平日ディサービスに行くので
その準備を余裕をもってできるよう
迎えの時間から逆算して必要な
お義母様の起床時間でございます。
私、この日は仕事休みだったんで
お義母様の起床時間にあわせて
7時ちょい前に目覚めましたよ。
その時、階下の物音が聞こえてきたんだけど
どうやらダンナが
お義母様をトイレに連れて行ってるっぽかったのね。


「あぁ・・・ちょうどよかった。
お義母様を起こす手間が省けたわ・・・」
と、思ったのよ。
このままトイレ介助が終わったら、
「お。この時間ならもう起床時間である」と
ダンナが察して
お義母様を居間に連れて行ってくれるだろう、と。
服を着替えさせてくれるまでは
期待してなかったけど
とにかく、居間にお義母様専用のテーブルを
セッティングして、車いすのお義母様を
そこに着かせてくれるくらいのことは。
朝の7時頃のお決まりだもの。
当然、やってくれるだろうと思ったのよ。


だから、気分的にはちょっと余裕をもって
ベッドから起きて、服を着替えて
階下に降りていったのよ。

そしたらまぁ
なんということでしょう。

ダンナ、トイレから再びお義母様を
部屋に戻してベッドに寝かせていたじゃありませんか。
お義母様、すでに寝息をたてておりますよ・・・!

「え!?お義母さんをまた寝かせたの?」

と、自身もその後トイレを済ませて出て来た
ダンナを呼び止め聞くと
ただ「そうだ」との返事。
そして彼は寝なおすために
再び布団に入っていったのだった・・・

ええーー!?ちょっとぉ!
この時間にトイレに起きたんだったら
どうしてそのまま起きててもらわないの?
いつも、この時間に起きるってわかってるじゃん!?
もうすぐ私も起きてくるってわかるじゃん!
なんでそのくらいのこと
気が回らないかなぁ!?

・・・これはあくまで私の心の声で
ダンナに直接言ったりはいたしません。

まぁ私も朝から小言なんて言いたくないんですよ。
かと言って、やんわり言葉を選んで注意したくらいじゃ
わかってはもらえませんしね。
結局、私の不満は細かいことなのだ、と
とにかくいつも通りに
私がベッドのお義母様を起こして
着替えさせて、居間にお連れすればいいだけのこと
それで、穏やかな凪のようないつもの朝に
なるのだから、それでいい・・・と思っちゃうのね。

200730

でもさ、これがもし
ダンナひとりだったら・・・と思うのよ。

この頃、私夜勤もやらせてもらうように
なったんだけど
そうすると、この朝のディ準備って
ダンナがいやでもひとりでやんなきゃならなくて

初夜勤になった日のこと
お義母様のディの準備と朝食の用意は
一通りダンナに教えてたんだけど

その日は、彼ひとりならちゃんと
(か、どうかは不明だけど)
まぁ問題なく、お義母様の支度をし終え、
ディに行くのを見送ったたようなのよ。

そんな風にね

ひとりなら、自分でできることが
私がいると、100パーこちらに
丸投げになるって、どうなのか!?

女がいるときといないときと
男って、頭のスイッチが切り替わっちゃうの!?

家に女手があるときには
家事・介護は女がやって当然
男は最低限、言われたことだけをやればよい。

自動的にそういう考えになっちゃってんの!?

ホント、女性に対して(妻に対してだけか?)
こうしておいてやれば相手がちょっとは
楽になるよな、っていう気遣い・思いやりって
男ってないよなぁ・・・
自分と同等、あるいは立場が上の同性に対しては
忖度や迎合はできるくせに

・・・なんなんだかなぁ・・・チッ!

と、舌打ちも出るってもんですよ。


あぁまた読み苦しい愚痴に・・・
それでもお付き合いくださったアナタにありがとうを。
それでは、また。


なんだかんだでもう8月になっちゃった!
誕生月は過ぎたけど
よろしければひと押しを・・・
↓↓

絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング



|

« 毛まみれもやむなしですとも! | トップページ

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毛まみれもやむなしですとも! | トップページ