« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月14日 (火)

毛まみれもやむなしですとも!

ようこそ、いらっしゃいませ。

コロナの影響で
色々な様式が変化しておりますよね。
今回、それを特に実感いたしましたというお話を。
(6月のお話になります)


この間、自分的に自粛解除いたしまして
美容院に行ってきましてね。

現在感染者数一桁のウチの県。
もう少しで0になるかな、それまで待とうか
と思ってたんだけど
最後に髪切ってもらったのが
コロナ前の1月末頃だったんで
いまやすでに髪の長さや跳ね具合が
我慢の限界になってたもんで
とうとう予約の電話を入れましたよ。

やはり、
同じような状況の方々が多いんでしょうね。
数日先まで予約がいっぱいで、
お店が人数制限しておられるのもあるんでしょうが
私が予約とれたのが、5日後の平日。

「ああいう接客業って、
どういうコロナ対策になってるのかなぁ?」

ここ数か月、スーパーとコンビニくらいしか
行ったことがないんだけど
そこでは、行くたびにコロナ対策が
増えていったのが感じられたものね。
入口の手の消毒の徹底とか
レジの並びの間隔あける目印とか
絶えず放送で流れる注意喚起とか
店員さんとの間に仕切られる透明カーテンとか。

美容院さんはどういう対策を!?
私はその対策に、まごつかず
しっかり協力できるのかしら!?

と、ちょっと緊張してたんですよ。

さて、当日。

お店に入るとまず
「お熱を測らせていただきますね」
と、おでこにピッ!として瞬時に測られます。
そして、
「マスクをお願いします」と
渡されます。
もちろん自分でマスクはしていってるんですが
せっかく貰ったのでそちらに付け替えましたよ。
まぁ、このへんは想定内なんだけど

「感染防止のため、雑誌のお勧めをしておりません」

って張り紙がしてある・・・
あっ・・・そうなんだ・・・
いつもは、席の前に何冊かヘアカタログが
チョイスされてあって
それをパラパラめくって
「だいたいこんなカンジで・・・」とか
美容師さんにお伝えするんだけど
もう、イメージを口頭のみでお伝えせねばならんのね。
了解しましたわ・・・

しかし、さて、このマスク・・・
シャンプーされる時はつけたけれど
髪を切ってもらってる間はどうするべき?
マスクしたままじゃ、美容師さんも
全体のカンジがつかめないんじゃ・・・?
外すべき?
他のお客さんはどうしているの・・・?

と、お隣のお客さんを見たところ

着けておられますね・・・

そうね、やっぱりそうよね・・・
感染防止優先だものね・・・
と、私もマスクを着けたまま、
カットしていただきます。
まぁ、行きつけの美容院だし
担当の美容師さんもいつもの方
カットもいつもとだいたい同じだから
問題ないわよね、と。

実際、美容師さん側は何の問題もなく
慣れたものでチョキチョキと
切ってくださってたんですが
ちょっと・・・
私の側に問題が発生しだしましたよ・・・?

マスクの隙間から・・・
毛が・・・切った毛が・・・
入り込んでくる気配が・・・

えっ・・・?これ絶対入ってるよね?
マスクの中、ムレてるから
きっと肌に付着しているよ。
どんだけ付いてんのかしら・・・
美容師さん、終わったあと
顔についた毛も
ちゃんと払ってくれるよね・・・?


そこのところがカットされながら
ずっと気になってたんですが・・・

カット終了後・・・
美容師さんからは
「お顔についた毛を払いましょうか?」
と、聞かれることもなく・・・

気付かないのかな・・・?
ああっ、でも感染防止で
毛を払うブラシとか
いま使わない方向なのかも・・・?
じゃあこのまま・・・?
マスク内に毛を入れたままで終わり?
アタシこの後、数か月ぶりに
レンタル屋さんに寄ろうと思ってたんだけど
うぅん・・・どうしよう・・・?

結局
「顔の毛を払ってもらえませんか?」
などと言って
「現在、感染防止のため
お客様ご自身でお願いしておりますが」
と、言い放たれ
”コロナの感染リスクをなるべく抑えたいのに
何を空気を読まぬ発言をしてるの?この客は!”
などと思われたくない私は
そのまま、料金を払うとマスクから毛がこぼれ出ぬよう
押さえながら店を出たのでした・・・。

まぁ別にちょっとマスクに毛が入り込んでるくらい
なんてことないわ。
どうせ傍からは見えないんだから
このままレンタル屋さんに寄っていこう。
としたのですが
レンタル屋さんの駐車場で
マスク内がどれほどの状態か一応確認しておこうと
外してみたところ・・・

200712

予想を超えた量の毛が張り付いており・・・

そのまま、車を降りることなく
家路についたのでした・・・


いえ!あのね!?
美容院さんを悪くいうつもりじゃないのよ!
多分、私が色々考えを巡らせたように
美容師さんもきっと

「あぁ、マスクの中に毛が入ってるわよね
払いたいんだけど、
安易にマスクを外してくれなんて
言えないわ。毛を払うブラシを使われるのも
嫌がられるかもしれないし・・・
お客様から申し出があれば
させていただく方向で・・・いいのかしら・・・?
あぁ~感染防止ってどこまですればいいのか
わからない~!」

って、思っておられることと思うのよ。
まだまだ皆さん探り探りの中
やっておられるのよねぇ、接客業は特に。

だから、いいのいいのよ。
お互い戸惑いの中
相手を思いやる気持ちがあれば
何を責めることがありましょう!
また数か月後
そちらをご利用させていただくときには
もとの、余計な気遣いのない状況に
なっていればと願うわ。
とにかく、いまは・・・頑張ってね、と!

お読みくださりありがとう。
それでは、また。

7月!誕生月クリックをドあつかましく受付中~!
↓↓

絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

油断の隙魔!

「イイッ!?痛ったーーーッ!!」

夜中にね、玄関の鍵をかけようとしたんですよ。
で、戸に向かおうと履物をはいたとたん
足の甲にヂクリ!と鋭い痛みが走りまして
心の中で、上記の叫び声をあげましたよ!
咄嗟に思いついたのは

「ムカデかッ!?」

その場で履物を脱ぎ捨てて下駄箱の上に
常備してある殺虫剤をひっつかむと
なにやら中でもぞもぞと蠢いているものに向かって
シュー!とひと噴き。

履物を傾げると落ちて来た
凍った死骸。それは・・・

ハチ・・・だったのね・・・」

何蜂かはわからないけど
小型の・・・とりあえずスズメバチとか
危険なやつではなさそう。
でも、とにかく

痛いの!痛いの!痛いのよおぉ~~!!

薬箱を漁り、
何か適した薬がないかと探したのですが
色んな種類がワッサリ入ってる割に
今!この状態に!ってもんがなく・・・

仕方ないので
保冷剤を患部にあててラップを巻いて
寝ることにしました。

これ、保冷剤が効いてるうちは
痛みも和らぐんだけど
ほんの十数分で冷たくなくなっちゃうから
そうするとまたヂクヂクした痛みが
襲ってきて眠れないのよね。

で、痛みで眠れぬ私の頭の中は

「ちくしょう~!悔しい~!!」

って思いでいっぱいだったのよ。

だってね、このムカデ多発の時期に
私はいつも細心の注意を払っていたのよ!?
特に靴は!!
出勤する前
洗濯物を干しに出る前すら
必ず履く前に靴の踵をトントン叩いて
そして目視して
中に何かが潜んでいないか
チェックしていたのに!!
いつもなら、玄関の鍵をかけるときの
ほんの2メートルほどのタタキを歩く時だって
ちゃんと確認して履いていたのに!!
この夜は、
何故だかスッと履物に足をいれちゃったのよ!
で!そんな時に限って蜂が入っていたという!

何よこのドンビシャな災難!!

200707

・・・でもね、痛さで眠れない頭で考えたのよ

「ついうっかり」
「ちょっとした気の緩み」

そんな油断が大きな危機に繋がるのねと。
これは、今まさに直面しているコロナの第二波の
問題にも繋がるのではないかしらね!?と。


引き続きの警戒を個人個人でしていかなければ
ならないわね・・・と!




蜂に刺された跡はしばらく消えそうにないけど
コレを見る度に
「色んなことに警戒を怠るな」と
自分を戒めることにするわ・・・

お読みくださりありがとう。
それでは、また。

さてさて7月!ワタクシの誕生月でございます~♪
よろしければ・・・よろしければの
誕プレクリックをオォ~・・・
↓↓


絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング




| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »