« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月18日 (木)

げんなりが続くので。

「家庭での妻の、嫁の、主婦の、母親の
扱われ方のひどさって何なの!?」
「男って女をなんでこんなに
下に見ているのかね!?」
と、前回の記事で憤っておりましたら
なんか、数日前から某芸人さんの
「多目的トイレ不倫」?
がワイドショーで取り上げられてて
それで「ああ・・・男って・・・」と
またげんなりしましたよ・・・

色々記そうと思うのですが
どうも気分がムカムカするんで
ちょっとひとまず気持ちを切り替えて
明るめの記事を。


家の前の野っ原を耕していると
近況でお伝えしましたが
梅雨の晴れ間に、花の種を植えてみましたよ。
ガーデニングなんて洒落たもんではございませんで
気に入った種をいくつか買って、
適当に耕したとこに
ザクザク穴掘って、パラパラ蒔いて、
バババッと土をかぶせてOKってなもんです。
以前の自分なら、よくよく配置とか考え
土は!?肥料は!?蒔き方は!?これで大丈夫!?
などと、
「やるならうまくやりたい!失敗したくない!」
と思うあまりに色々神経質に考えちゃって
結局面倒になっちゃうってのがパターンだったけど
今回は、もういいや、失敗したらしたでって
かなりのアバウトでございますよ。

しかし、植物ってのは
ホントみてると癒されるわ・・・と
この状況下だからか、余計に沁みるのよ。

で、今回とある情報誌で見かけて
「アラ素敵!」と心動かされ
描きたい気持ちにもさせられたのがこちらのお花。
↓↓
200609

フランネルフラワーの「ファンシーマリエ」
という品種とのこと。
実物は見たことがないのですが
フェルト地のような肌触りとか・・・
こんなお花がウチの野っ原に咲いたら
ステキよね~と、妄想しながら描きました。
(参考にさせてもらった写真ではもっと
可愛らしいカンジのお花なんですが画力不足で・・・)

さて、まだしばらくは
げんなりとした気持ちが続きそうだけど
一方、前向きな気持ちになれたりもしてるという
ホント、自分の意識が変わってきてるな
自分の作り直しがされてるなと
感じる日々でございます。
大丈夫ですのでね。ちゃんと元気でやってます。
アナタもお元気でお過ごしくださいませ。

お読みくださりありがとう。
それでは、また。

絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

そうだったの禍!

いやぁ・・・
ずいぶんと更新が滞ってしまってましたが
アナタはお変わりございませんでしょうか?
私は、体の方は健康を保っておりましたんですが
気持ち的にちょっと・・・
って感じでですね・・・
というのは
前回の記事にしました
「過去のビデオテープによって
自分の胸の奥底に埋めてあったものを
わざわざ掘り返された件」
で、若嫁のころの胸の内にあったモヤモヤを
吐き出させていただき
そんならこの勢いで
もう少し愚痴らせていただこうと
今回の記事を途中作成していたのですが・・・

なんといいますかね・・・
これからちょっととりとめないことつぶやきますが


吐き出しているうちに
私のダンナに対する愚痴のあれこれって
私と同世代の 
どこの家庭の奥様方の抱えておられるものと
ひょっとしてほぼ、おんなじなんじゃないかしら?
って。

日本の家庭における「主婦」「嫁」「妻」「母親」の
”女性”の扱われ方のひどさったらなんなんだろう?って
気付いちゃったら
ホントになんか、げんなりしてきちゃったのよ。

家事をするのは「主婦」の仕事。
「嫁」は舅姑を介護するもの。
「妻」は「夫」に尽くすのが当たり前。
育児をするのは「母親」の役目。

・・・・・・

なんで、女性だけが「家庭の荷」を負わされて
そんなのが当たり前だったんですかね
女性はなんでそれを不満はあれど「当たり前」と
受け入れていたんですかね・・・

また
社会もさ・・・
職場もさ・・・

なんでそんなに男が偉いんだろ?って思ってしまって。
なんであんなに人を見下してんだろ
そして、なんで男が偉いのが当然だからって仕方ないって
こちらも思っていたんだろうって

結局、これまで自分は誰からも
同等の人間として見られていなかったんだ
どういう扱いをしてもいい人間だと
思われてきたんだ
相手が意識してるかどうかわからないけれど。

そんなこんなを色々考えだしちゃったら
頭がパンパンになっちゃって
言いたいことがあれもこれもでてきちゃったけど
そうすると逆になにから言葉にすればいいか
わからなくなっちゃってねぇ・・・

いやぁ・・・このコロナ禍の日常
色んな気付きがありますよ・・・

でもね、
気付いたことで今はげんなりとしている最中ですが

これまでのことを
後悔するとかどうとかじゃないんですよね。
自分が自分以外の人間に、どう思われていたにしろ
(どうとも思われていなかったにしろ)
自分は自分の置かれた環境の中で
一生懸命やってきたんじゃないかと思うのよ。
家事にしろ、子育てにしろ、
仕事にしろ、介護にしろ・・・

だけど、というか、だからもう
「~家の嫁さん」とか
「~ちゃん(君)のお母さん」とか
「~のパートのオバさん」とか
「~の奥さん」とか
そういうの、もういいよなぁと。

「私」を生きてもいいよね。
「私」を大事にしても、してもらってもいい。

それってどんな気持ちになるものかなぁ~なんて
そういう気付きもこれからあるだろうと考えると
ちょっとワクワクしたりもしてますよ。

・・・わけわかんないこと綴っちゃいましたね。
とにかく更新が滞ってしまったもんで
ちゃんとやってますよ
大丈夫生きてますよ
ということのお知らせ込みの記事でございました。

お読みくだったアナタにありがとうを。

滞っていた間にもお寄りくださっていた
アナタに更にありがとうを。

それでは、また。

こちらは近況で
結構、アクティブに(?)やっております。
↓↓
200607 



絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

一心不乱に耕してると、結構ストレス解消にはなるよ。

| | コメント (4)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »