« 「時期」は来る。 | トップページ | おじいちゃん化! »

2020年5月 5日 (火)

「見えない仕事」をする者が・・・。

ようこそ、いらっしゃいませ。

皆様ステイホーム生活いかがお過ごしでしょうか?

私はというと・・・
今までとそれほど生活は変わっていないんですよぅ。
いえ、介護を仕事にしているので
感染対策にはこれまで以上に気を遣っておりますよ。
けど、生活自体はね・・・
普段は車で職場と家の行き来のみ
買い出しはいままでと変わらず10日に一度くらい。
本屋さんやレンタル屋さんに
寄ることがなくなったので
テレビで面白そうなのがやる時に
録画して観たり
本が読みたくなったら
電子書籍ですぐダウンロードしたりね。
そういうわけで滅多に外には出てないんですが
それほど不自由も感じてはおりません。
でも、こんな風に変わらずステイホーム生活を
続けていられるのも
感染のリスクがありながらも
働いてくださってる人達のおかげなんだって
この頃しみじみ感じるわ・・・
もし、そこで働く人がいなくなっちゃったら
電気もガスも水道も宅配も郵便も新聞も
ちゃんと家に届かなくなっちゃうんだものね。
ゴミだって集めてくれる人がいるから
清潔な環境が保たれてるんだし
スーパーでちゃんと品物がそろってること
惣菜が売られていること
食料品が買えること
これだって、色んな人の働きがあるからって
ことなんだよなぁって
あらためて感謝の思いがわいてくるようになったわ。
他にも色々・色々な人達が
私たちの生活の土台を支える仕事を
してくれているんでしょう。
いままで、それが当たり前で
それほど注目されることもなかった仕事が
実はとっても大事だったんだってことに
気付かされる、
そんなコロナ禍の日常でございます・・・。

コロナ問題が終息した後の世の中
色んなことが変わってくると私も思うよ。
いままで
「見えなかった仕事」や
「取るに足らないと思われた仕事」が
見直されるようになるんじゃないかなぁ~・・・?

以前の記事
→「名もなき仕事」をする者が。(2019.5.14)
1年前こんなこと考えてたのよね・・・


あ!もちろんもちろん
医療関係の方々には
本当に敬意と感謝を感じておりますよ!

そして介護関係に携わる方々も!

私は義母を介護してもらう立場も
自分が他の高齢者の方々を介護する立場も
両方経験させてもらってますが
どんなに気を付けていても
いつどうなるかわからない状況。
一日何もなく過ぎたことの安堵。
もし、一人でもどうかなると
ガラッと状況が変わってしまうことへの不安
とにかく、利用者の方々・スタッフの方々
自分を含めて罹らぬようにと念じながら
当たり前に仕事ができることは
実は当たり前でないのだと意識しながら
送る日々・・・

って、なぁんか
堅苦しいマジメな話ばっかりしちゃうけど
体組成計に乗って、一喜一憂する
せせこましい日常は変わっておりません。
↓↓
200429

さて、次回は久々に
ダンナに関するグチを吐かせていただこうかな。

お読みくださりありがとう。
それでは、また。


絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング





|

« 「時期」は来る。 | トップページ | おじいちゃん化! »

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「時期」は来る。 | トップページ | おじいちゃん化! »