« これで安心!! | トップページ | 母親についても。 »

2020年3月24日 (火)

白であり黒でありグレーであるパンダのように。

あのね、朝の情報番組「ZIP!」の
2月からやってる新コーナーで
「星星のベラベラENGLISH」
っていうのがあるんだけど
それに「星星」ってパンダのキャラクターが
出てくるのよ。
その「星星」
もちろん着ぐるみではあるんだけど
とってもリアルパンダで
初めて見たとき私ちょっとびっくりしたのね。

何がリアルかっていうと
パンダって普通、
毛の色が白と黒だけで表現されるけど
「星星」はちゃんと
胸から腹のあたりの白毛が
汚れたような色なのよ。
グレー・・・ってか茶色っぽいってか。
本物のパンダの画像を見ても
なるほど下半身とか腹とか、
白毛が薄汚れてる部分があるのよね。
あれは、個々のパンダが
もともとそういう色なのか
それとも活動するうちに汚れてくるのか
わからないけれど
そこらへんまでリアルに再現させるのが
すごいと感心したのよね。

それで、気が付いたことがあるんだけど

人間の内面にしても
白と黒だけじゃないわよね・・・
自分はこれまでそんな当たり前のことにも
当たり前すぎる故に
頭では、ちゃんと知ってる気になって
気持ち的には、
実は全然わかってなかったんじゃないかって。


そして、
自分がその人の黒っぽい部分だけを見てても
その人自身、全部が黒いわけじゃないし
白っぽい部分だけを見てても
その人の全身が真っ白だと
決めつけられるわけじゃない・・・と。

ちょっと離れて見ると、
ひとりの人の中に
黒い部分や白い部分、グレーの部分
色んな出方があってのその人なりなんだ
ということがわかったりして・・・

自分がこれまでいかに単純に
人を白か黒かで判断しようとし
好きか嫌いかを決定づけようとしていたことかと
気付いたんですよね・・・

200324

長くなりそうなので
一旦ここまでで。
お読みくださりありがとう。
それでは、また。


あっ、今回のタイトルもじりは
ドラマ
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
はじめて聞いたとき、
面白いタイトルだと思ったのよ~
でもドラマは観てないのよねぇ・・・
いや、今期は何のドラマも観てなかったわ。
その余裕がなくて・・・


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング

|

« これで安心!! | トップページ | 母親についても。 »

場面緘黙のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これで安心!! | トップページ | 母親についても。 »