« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月27日 (金)

母親についても。

以前、中途半端で終わっていた記事
「母親たるもの」ですが

「何故自分は母親について
好意的な感情がないのか?」
(親にそんな感情を持てない私は
親不孝な罰当たりなのか!?
それは私のせいなのか、母のせいなのか!?)

という自問を解決するため
「自分の母親はそもそもどういう人であるのか?」
ということを深堀りしてみよう、
自分が納得するまで、と。
そして好意的な感情が持てない自分を受け入れよう。
(そうすることで、自分が場面緘黙になった
原因の一端にも触れることができるかも?)
と思ったことから記していたものですが

前回の記事で
人には白い部分も黒い部分も
グレーの部分もあるのだ
その出方は様々だけれど
それがその人なりであるのだと気づき

自分がその人について
白か黒のどちらかなんて
決めつけることはできないこと
そしてその人のことを
好きか嫌いかの二択ではなく
好きな部分もあり
嫌いな部分もあっていいんだと
更にいえば
白だから好きにならなければいけない
黒だから嫌わなければいけない
なんてことでもないんだと
気付いたことで

母のことも
もう、わざわざ深堀りする必要はないか
と考えなおしました。


確かに私は母に
好意的な感情を持っていませんでした。
けれども、それは若い頃の私。
「場面緘黙」に囚われていた頃の私。
私の辛い思いに親として気づかないばかりか
自分は正しいということを疑わず
自分を犠牲にして子供を一人前にしたという
自負が見え隠れすることへの嫌悪感を
いつまでも引きずり続けていたのだろうと思います。

けれども、それは母の一面に過ぎなくて
そして、
私の母に対する感情の一部に過ぎないのです。

今、あらためて考えてみると
私の母に対する感情は
そりゃ、良い感情ばかりではないですが
ちゃんと感謝する気持ちもあり
(”感謝しなければ”ではなく、
ちゃんとした”感謝”です)
こういう部分はいいよな、とか
こういうところは尊敬するわ、とか
素直に思える自分がいるのです。

ひとりの人の中にも
色んな面があるのだから
ひとりの人に対する感情は
一つでなければいけないわけじゃない。

だから
親に100%好意的な感情を持てない子供は
親不孝な罰当たり
・・・というわけじゃないんだ。

全ての感情を許していいんだ。
自分のも人のものも。

逆に母も私のことを
好きになれない部分もあったかもしれない。
いけ好かないとか、鼻につく、
嫌いな部分もあったでしょう。
でも、
そこだけに感づいて傷ついてしまわないでいい。
私の「良い」と
思ってくれた部分もあったはず。
私のためにしてくれたことも確かにあった。
なにより
自分の産んだ子供達を一人前にする
という責任感を持って
育ててくれたのでね。
それは、当然のことではなく
すごいこと、尊敬すべきことだと思うんですよ。
感謝だよなぁ・・・と。


さて、そんなわけで今の自分は
現在80半ばの両親が
近い将来介護が必要になった時
依頼があれば、シモの世話をしに行くことも
別に抵抗なくできるであろう、と思うので
トータルすれば
両親に対して
好意的な感情の割合が高いのだろうと思います。

自分が長年抱えてきた母に対するモヤモヤは
これにて解決としたいと思います。

200327

長々と記しましたが
なかなかわかりやすくお伝えすることが
難しい・・・
なんかちょっとよくわかんない文章でしたかね
でも最後までお読みくださったアナタにありがとうを・・・
それでは、また。


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング


| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

白であり黒でありグレーであるパンダのように。

あのね、朝の情報番組「ZIP!」の
2月からやってる新コーナーで
「星星のベラベラENGLISH」
っていうのがあるんだけど
それに「星星」ってパンダのキャラクターが
出てくるのよ。
その「星星」
もちろん着ぐるみではあるんだけど
とってもリアルパンダで
初めて見たとき私ちょっとびっくりしたのね。

何がリアルかっていうと
パンダって普通、
毛の色が白と黒だけで表現されるけど
「星星」はちゃんと
胸から腹のあたりの白毛が
汚れたような色なのよ。
グレー・・・ってか茶色っぽいってか。
本物のパンダの画像を見ても
なるほど下半身とか腹とか、
白毛が薄汚れてる部分があるのよね。
あれは、個々のパンダが
もともとそういう色なのか
それとも活動するうちに汚れてくるのか
わからないけれど
そこらへんまでリアルに再現させるのが
すごいと感心したのよね。

それで、気が付いたことがあるんだけど

人間の内面にしても
白と黒だけじゃないわよね・・・
自分はこれまでそんな当たり前のことにも
当たり前すぎる故に
頭では、ちゃんと知ってる気になって
気持ち的には、
実は全然わかってなかったんじゃないかって。


そして、
自分がその人の黒っぽい部分だけを見てても
その人自身、全部が黒いわけじゃないし
白っぽい部分だけを見てても
その人の全身が真っ白だと
決めつけられるわけじゃない・・・と。

ちょっと離れて見ると、
ひとりの人の中に
黒い部分や白い部分、グレーの部分
色んな出方があってのその人なりなんだ
ということがわかったりして・・・

自分がこれまでいかに単純に
人を白か黒かで判断しようとし
好きか嫌いかを決定づけようとしていたことかと
気付いたんですよね・・・

200324

長くなりそうなので
一旦ここまでで。
お読みくださりありがとう。
それでは、また。


あっ、今回のタイトルもじりは
ドラマ
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
はじめて聞いたとき、
面白いタイトルだと思ったのよ~
でもドラマは観てないのよねぇ・・・
いや、今期は何のドラマも観てなかったわ。
その余裕がなくて・・・


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

これで安心!!

ようこそ、いらっしゃいませ。
今回は、気分が晴れやかになった出来事を。

実は、ずっと前から心に引っ掛かっていたことを
とうとう解決することができたんですよ!
それは何かというと・・・

結婚前に書いていた
20数冊の日記をついに処分したのです!!

20代の頃の・・・
OL時代~ダンナと結婚する前の
5~6年分くらいの日記かなぁ
結婚する時、
実家に置いておくわけにもいかないから
こちらに持ってきてて
それから30年近く、ずっとクローゼットの中に
入れっぱなしになってたんだけど
もう、心の隅にずっと引っ掛かってたのよね。

「もし、私が死んだら
これ家族に読まれちゃうの!?」

って。

遺言書に書いておくべきかしら?
「読まずに捨てて」って
あるいは「私の棺桶に入れて」って

いやいや、
そんな面倒なことを頼むわけには・・・
それじゃ、もう自分で処分するか?
あぁ、でも年取った時に
思い出に浸る時、読んだりするかも?
それか、「場面緘黙」だった頃の
自分の気持ちを振り返る時に
必要になることがあるかも!?
なにより、20代の頃の悩みながらも
それでも生きて来た私の証を
捨ててしまえない未練があぁぁ・・・

・・・なんて考えて結局ずっと
ほったらかしのままだったんだけど・・・

最近、ついに

もうね!過去はいいのよ!
私はこれから
未来を見て生きていくのでね!

これまでの生き方を180度変えて
生きるのでね!

そう考えたら、
様々なマイナス思考で
表現された文章の詰まった過去の日記は
そこにあるだけで
何か鬱々とした空気が滲み出ていそうで
いまの私の前向きになろうとする気持ちに
負の影響を与えられそうで

そうね!
もうお別れする時だわね!


と、決断できたのです。

そうなるともう早いもので
押し入れから10年くらい前に買った
シュレッダーを引っ張り出し
クローゼットから紐で括っていた
A4サイズの無地ノートの束を取り出すと
読み返すこともせず
ビリビリと破りながら
シュレッダーに
ガーガーとかけていきましたよ!

なんともあっけないもので
正味2時間くらいで私の5~6年分の過去は
散り散りのゴミくずとなりました。

終わってみると、私の気分は

あぁ!さっぱりした!
これでいつ死んでも安心だわ。


晴れ晴れとした気分で
これから前向きに生きていけそうです。

200316


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング

・・・読み返すことはしなかったけど
シュレッダーにかけてる最中
やっぱりチラ読みくらいはしちゃうじゃない!?
それだけでもなんかすんごい恥ずかしいことが
書いてあるってわかって
「うわわわわ(;゚Д゚)!!」ってなったわ。
あれが家族の者らに見られたら・・・
いやぁ、粉砕して正解だったわと
あらためて胸をなでおろしています・・・


| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

30年後・介護施設での生き方。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、介護施設で働くようになって
思うことをまたたらたらと・・・。

よろしければお付き合いを・・・



「介護施設の高齢者ってこんな人達なのね・・・」

現場で働くことが初めての私は
日々、いろんなことを学ばせてもらったり
気付かせてもらったりしてるんだけど
周囲を見回す心の余裕が
ちょっとだけ出てきて
そんないま、思うことは

他の施設のことはわからないけど
いまの職場で見る限り

「施設で過ごす高齢者の人たちって
なんて恵まれてるんだろう!」

ってこと。

三度三度の食事は、おいしいもの
ちゃんと出るし
3時にはお茶とお菓子が出るし
ちゃんと個室がある!
シモの世話から薬の管理
部屋の温度・湿度の管理
怪我をしないよう神経を張り
持病のある人の対応にも気を配る
なにからなにまでこちらでやるから
利用者さんたちにとっては
天国のようなもんじゃない?

それは、
(高いとは言えない)お給料が発生するとはいえ
スタッフの人たちが
利用者さんファーストで奉仕の精神で
勤めているから
成り立ってると言えることなんだけど。

・・・なのにねぇ・・・

肝心の利用者さん達が
その恵まれていることに
気付いてないことがね
ご本人たちにとっても
残念というかね・・・

基本的な生活・・・
食事や排泄・風呂それ以外の
せっかくの自由な時間を、
ただ持て余しているような


ただぼーっとテレビを眺めているだけの人。
「やることがないからしょうがない」
みたいな感じでこちらが提案する
塗り絵や、計算問題をただやる人。
ただただ帰宅願望が強く
自由な時間をゴネまくり
いくらなだめてもわからない人。
「自分は辛い・苦しい。
でも誰もわかってくれない
何もしてくれない。」
などと、被害者意識に凝り固まって
ふさぎ込む人、等々・・・
色んなタイプの人を見る中で強く思うことは

・・・30年後の自分は、
こんな風になってはいけない・・・

ということ。

いや、いまの高齢者の方々も
こんな風になってしまうのは
仕方がないことかもしれません。

話を聞いてると、ずいぶんと昔は
ご苦労された方々ばかりなのよ。
戦中・戦後の厳しい中を、
子供ながらに家のために
親のために手伝いしたり、
働いたりがあたりまえ
親に厳しいこと言われるのもあたりまえ
自分を犠牲にするのがあたりまえみたいな感覚
結婚してからも、ダンナに尽くして、
舅姑に尽くして
子供達を皆、立派に育て上げた自負もあるけど
自己犠牲以外の生き方がわからないような。
そこまでやってきたんだから
自分はずっと慣れ親しんだ家で、
子供夫婦の世話をうけるのは当然と思い
自分が家で家族の世話をしなければ
家が回らなくなると思い込んでいたり・・・

それなのに、本人たちにとっては突然
「こんなところ」に入れられてしまった・・・と。
そもそも認知症があるから、
キチンと理解できないのは仕方ないんだろうけど
ショックな人やら、諦める人やら、
攻撃的になる人やら、嘆く人やら、
不平不満ばかりの人やら
まぁホントに様々で・・・


でもさ、私らの年代になると
もう、子供達に老後の面倒を見てもらおうなんて
アテにしてる人って少なくなってるじゃない?
だから私、30年後はこういう施設に
自ら選んで入っているかもな
と想像したけど
だとしたら、なるべくスタッフの人たちに
好印象持たれるような高齢者になろうと思うわ。
お世話をかけるのは仕方がないとして
「自分は恵まれている」と
日々感謝できる人間でありたいと。
あと、自分ひとりで集中してできる
趣味か生きがいを持って施設に行こうと思うのよ。
もしかして、その時に
また新たに
「80過ぎて
ホントに漫画を描く意欲が出て来たわ!」
・・・ってなるかもしれないわ。

200312

50代・60代のための
「介護施設で生活するための心得講座」
「介護施設でもできる趣味講座」
みたいなものがないかしら。
いまから心の準備も趣味の準備もしておくべきかもね。

なんてぇことをふと考えたりしましたよ。
お読みくださりありがとう。
それでは、また。


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング

| | コメント (5)

2020年3月 4日 (水)

深掘りをやめてみる。

ようこそ、いらっしゃいませ。

「自分の考え方を180度変える」

を、今年の目標として生活してるんだけど
いま意識していることは

「人の言葉の裏を読む癖を止める」
「人の態度や素振りの意味を
あれこれ考えようとしない」

ってことでしょうか。

例えば、以前の自分は
たまに人からかけられる褒め言葉ひとつでも
そんなことはないですよ~、と謙遜しながら

そんなことホントは思ってないでしょ、とか
そんな風に言って、私をやる気にさせようと
しているのかしら、とか
そんな風に人のことを褒められる自分凄いと
思っているのかしら、とか
私のことを何もわかってないのに
分かった風なことを言う、とか

色々と否定的で偏屈でいやらしい考えが
わいてしまっていたようです。

褒められればただ素直に
「あら、嬉しい」
と感じればいいことなのにね。

褒めてくれた人がホントは何か
別の思惑があったかどうかだなんて

こっちが考える必要はないことで
逆にあれこれ勘ぐるなんて
純粋に私を褒めてくれたとしたら
相手に対してとても失礼なことですよね。

仮に何か裏の意味があったとしても
「こちらが気にする必要はない」
でしょう。

「裏があったんだ」と、
もし後で気づいたとすれば
その時にどうとでも思えばいいわけで


その時・その時に
ちゃんと、はっきり言葉にして
伝えてくれたことのみを
受け取って、感じればいい。
誉め言葉にしろ、注意にしろ、
アドバイスにしろ。

ひとつの言葉に対して
あるいは何気ない態度ひとつでも
これまでは
深く・深く・深~~~く
掘り下げていってしまい
余計な考え方を発掘して
心の内を
いらんものだらけにしてしまったカンジですかね。
そして、結局自分が本当はどう感じているのかが
わからなくなっていくという・・・

50代・・・もうあれこれと
深堀りするのも
疲れるし、モヤつくだけだし
時間の無駄にもなっちゃうわよね。

「素直になる」

そうすれば気持ちは楽になるし
相手に意味のない敵意を持つこともない。
相手を好意的にとらえることができて
そうすれば自分ももっといいイメージで
見てもらえるようになる。
いいことづくめよね・・・と考えて
ともすれば、前のように
あれこれ考え、暗くなりそうになる時
この言葉を唱えていますよ。

200304

お読みくださりありがとう。
それでは、また。


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング


| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »