« 安心してください、仕事してますよ! | トップページ | 深掘りをやめてみる。 »

2020年2月28日 (金)

さよならさよなら、ありがとう。

このタイトル・・・
ブログを止めるというお話ではないことを
はじめにおことわりしておきまして
またたらたらと思うことを綴ります。
よろしければお付き合いを・・・

去年の今頃の記事を読み返してみたんです。
あの頃はいまの自分がこんな選択をしてると
思ってはいなかったろうな。

もともと1年と数か月前、私は
「昔(子育てしてた頃ね)の落書きを
ちゃんと一つの漫画にしたい」

という「やりたいこと」が見つかった
と、言っていました。

そう言っているうちに
工場の仕事で指を怪我してしまい

「せっかくやりたいことが見つかったのに!
もう絵が描けなくなるかもしれない!」

と、ショックを受けました。

けれども、実際はそこまでひどい怪我では
なく

「きっとこれは、今の仕事をやめて
やりたいことをやるべきだ」

ということなのかもなと。

あの怪我が、その前から
「このままこの工場の仕事を定年まで続けること」
に、疑問を感じていた私の背中を押し

仕事を辞め、やりたいことをやろう。
漫画を描こう。

としたのが
約1年前の話になります。

そして、去年1年間・・・
私は、何をしていたかと言えば

・・・・・・

ぶっちゃけ
漫画を描く以外のことを

していました。

何なんだ!?

というツッコミをいただきそうですね。
いえあの・・・
はじめは描いていたんですよ。
絵を描く練習をしながら
ノートにコンテを書き
原稿用紙に下書きを書き・・・
けれども次第に
「なんかこれじゃない感」が出てきて

それじゃまず一旦、漫画描くことは置いといて
その他の、やりたいと思ったことを
やってみるか!と

ワードやエクセル、簿記や英語
介護の初任者研修やペーパーフラワー
ペーパークラフト・・・
テキスト代やら講習代・受験料・材料費諸々を
自分の貯金を切り崩し
その分が漫画を描く上での
何か自分の実になればと
やっておりました。

・・・・・・が・・・・・・

まぁ・・・色々ごちゃごちゃした思いは
後に記すことにして
結論から言いますと

私にとっての
「絵を描くこと」
「漫画を描くこと」は
単に
「場面緘黙だった昔
それでしか自分を慰めることを
知らなかったから

しがみついていただけで
いまの私は(そして過去の私も)
絵の才能も
漫画を描くための情熱も根気も

全くない!!」

ということに気が付いたのです。

また私は
「自分は場面緘黙でなければ
ちゃんと自分の絵に自信が持てて
人の心を動かすことができる漫画が描けるはず
自分は漫画を描くことが好きで
隠れたスゴイ才能はあるはず」

・・・などという、
学生の頃から密に抱いていた
根拠のない自信や自惚れ・過大な評価を
30代~50代のいままで
無意識ながらにずうっと抱えていた
イタい人間である
と、いうことにも気付き

そうと気づいたら

あの「漫画にしたいと思った過去の落書き」
はじめ、どうしても捨てられなかった
諸々の絵や文字たちを
今度は読み返すことをせずに
どしどしゴミ袋の中に捨てていけたのです。

「さよならさよなら」
「いままでありがとう」

とは、その時の心の呟きでした。

200228
私が働きに行くようになって
ダンナが家事・介護を
かなり積極的にやってくれるようになったな、とかね。


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング





|

« 安心してください、仕事してますよ! | トップページ | 深掘りをやめてみる。 »

場面緘黙のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安心してください、仕事してますよ! | トップページ | 深掘りをやめてみる。 »