« 怖いもんは怖いもん! | トップページ | 私の中の姉。 »

2020年1月20日 (月)

三人くらいいる!

ようこそ、いらっしゃいませ。

前回の
静電気が何故割と大丈夫になったのか
ということを考えてたら
またちょっと気が付いたことがあったので
記させていただきます。

でも・・・
アナタにうまく伝えられるかどうか・・・
引かれちゃうかもしれないけど
もし、「気持ちワルッ!」と思われたら
どうぞ今回はお引き取りを・・・

それでは、いきますよ。



あのですね・・・なんか・・・
気付いたんですが・・・

・・・・・・

私の中に、なんか
三人ぐらい人がいるような
カンジなんですぅゥーーッ!!

ギャアァーーーッ!!
何言ってんの!?
この50代主婦!!
気持ちワルッ!!

・・・ってお思いになりますよね!?
わかります!わかりますよ!!
いやあのねつまり・・・なんて言ったらいいか
多重人格とかそんなことじゃなくて

自分の中に・・・なんていうか

常識的で、「大人としてこうあるべき」と
きっちり型にはまった考えしかしない(A)
いつも斜に構えて皮肉屋で、
人の言うことに反発ばかりする(B)

ただただ(A)と(B)に挟まれて
ビクビクしているだけの(C)

・・・と
分割された三種類のイメージがあるわ
と思ったのよ。

200119

前回の静電気の話にすると

レンタル屋さんのドアに向かう時
「アンタもみんなと同じなんだから大丈夫!
できるって!」
と、上から目線で激励しまくるのは(A)で
ビクビクしていつも躊躇するのは(C)
それを冷ややかに傍観して
「やっぱダメじゃん」とするのが(B)
とすると

スッと克服できた年末
あれは
(A)と(B)には黙っててもらい
(C)ひとりに任せたから
落ち着いてできたのかもしれない
・・・と思ったのね。

私、去年から
「自分の作り直し」をしていくと言っていたけど
これまでは(A)と(B)の部分が育ちすぎてて
(C)の部分が本当に発育不良だなと気づいたのよ。
なので、「作り直し」というか
「育て直し」をするには
その(C)の部分を重点的にってことかな
と・・・。


・・・変な話をしてますよね・・・(~_~;)
それじゃ、いまこの記事を作成してんのは
AなのかBなのかCなのかと考えると
またややこしい話なんだけど

でもね、どっか
このAっていうのは現実の私の「母親」っぽく
Bは「姉」っぽいものがあると
うっすら感じるのよ・・・

もしかして私が実際の母親と姉を模したものを
無意識に心の中で作ってしまって
これまで、それに囚われてしまって
いたのかしら・・・?

やっぱり家族関係が人格形成にも
影響を与えてるのかもしれないとか
この3パターンが
私が「場面緘黙」だったことに
何か関係があるかもしれないとか
またちょっとそのへんについては
考えてみるところです。

・・・今回はあんまり同意を得られるような
話じゃないですね・・・
引かれたアナタにはごめんなさいを・・・
それでも、お読みくださりありがとう。
では、また。

それでも・・・ちょびっとはわかるわ・・・と
思われたアナタ
よろしければポッチリと・・・
↓↓

絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

あっ、タイトルもじりは
萩尾望都先生の「11人いる!」
タイトルはもう有名ですよね!
ストーリーは・・・
大昔に読んだんだけどなぁ~
どんな話だったっけ?SFだよね!?
10人いるはずが11人いたんだよね!?
(タイトルそのまんま・・・!)

|

« 怖いもんは怖いもん! | トップページ | 私の中の姉。 »

場面緘黙のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖いもんは怖いもん! | トップページ | 私の中の姉。 »