« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

なんにもしちゃいけない。

さて、まだまだわけのわからない話は
続くのですが、ホントに
「自分が納得したい」
だけの内容になっております。
お読みくださるアナタを
ないがしろにしてしまって
スミマセン。
お気を悪くされるアナタは
今回もお引き取りを・・・
別にかまわんよと思ってくださるアナタ
よろしければお付き合いを・・・


さて、AもBも結局は
「私が勝手に作り上げた虚像」であり
長年、「繊細で何もかもに怯えてしまう」Cが
その虚像たちに支配されていたと
考えるのです。

そうとすると多分、場面緘黙だった頃の私は
内面では、いろんな葛藤が起こっていたでしょう。

小学校低学年くらいまでは
まず、Aだけが
私にいろんな干渉や命令をしていたのかも
と考えます。

「学校では、ちゃんとおとなしくして
先生の言うことをちゃんと聞いて
行儀よくしなさいよ!
ウチでするような、調子に乗ったことや
はしゃぎまわるような恥ずかしいことは
しなさんなよ!
私に恥をかかせるようなことは許さないよ!」と。

もし学校で、ウチでいる時のように
調子に乗って
自分の思うままに振舞ってしまったら
自分は先生に怒られたり
みんなに嫌がられたり
馬鹿にされたり、変な奴と思われたり
するのかもしれない・・・
そうすると、私は先生から罰を受けて、
更に母親に伝えられて
私は母からも叱られて
「そんな子はうちの子じゃない!」
と言われるのかもしれない・・・

無意識ながらに、どんどんと悪い想像をし
Cは怯えていたのかもしれません。

「授業中は、行儀良く先生の話を聞き
ちゃんと勉強に集中し
それ以外は、自分のやりたいことをやって
遊びたいように遊べばいい」

・・・などと、臨機応変な態度などとれないC。
学校の中で、どこまで自制して、
どこまで自分を解放すればいいのかなんて
器用な判断ができないのです。

Aは命令や禁止や抑圧をするだけで
他のことは教えてくれることがなかったからです。


とにかく”学校”の中で叱られないようにするには

自分は何もしないことだ
自分は何もしちゃいけないんだ

それが確かなことだ
それが間違いないことだ

と、無意識ながらに思い込んでしまったのでは?
と思うのです。


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング

・・・これまでと
似たようなことを言ってるかしら?
何か矛盾したようなことを言ってるかしら?
とか気になって
これまでの記事を読み返したりしてたら
更新の間がちょっと空いちゃいますね。
これからはあまり気にせず
その時その時で思うことを綴っていきます。
何度もクドいこと言ってるかもしれませんが
そこんところはあまり気にせず
お読みくださればと思います。

<近況>
「翔んで埼玉」をレンタルして観たよ。
観てる間中の50代主婦の表情がこちら。
(デ・オウのCMの伊藤英明さんをみてる時の表情と
変わっておりません)

↓↓
200131


いや、面白いっちゃ面白かったんですが
これって、苦笑・・・ですかね。
時々、垣間見える
あの魔夜峰央先生の世界観・・・

マァ・・・♪
実写でこれほど表現できるのね・・・

昔「花とゆめ」で「パタリロ!」読んでた頃を
思い出しましたよ・・・

けど、観た次の日に知ったんだけど
これ2月に地上波で放映するらしいじゃない!
なんだよ・・・50代主婦が
ちょっと恥ずかしい思いしてレンタルしたのに・・・

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

私の中の姉。

前回は気持ちのワルいお話をしちゃったけど
気持ちワルついでにもう少し気づいたことを・・・



私・・・
母親の影響をかなり受けていると思いますが
「姉」の影響も同様に受けているのかも、と
今回、はっ!と気づいたんですね。

小さい頃、私はよく姉についてまわりました。
母に求めて得られなかったものを
姉に求めていた部分もあったのかもしれません。

妹を可愛がってくれる
優しくて頼りがいがあって誇れる私のおねぇさん

そういうものを
私は姉に求めていたのだろうと思います。

けれども、実際の姉は私の理想とは違い

思い浮かぶのは、母と同じような怒った顔と
ピシャリと刺さるようなキツイ声と物言い。
遊んでくれる時もありましたが
基本、鬱陶しがられ
私のすること言うことにイラッ!とするのか
よく怒鳴られていました。
私が、
姉の趣味や姉が自分だけ大事にしていたいものに
無理やり加わろうとするのも
忌々しく思っていたことでしょう。

物事を上から冷ややかに見つめ、
愛だの恋だの友情だの
情緒にかかわる一切を
くだらないことばからしいことと一蹴し
自分に関わる何もかもに否定的で
認めることがない姉。

父母に反抗し、ばぁちゃんを嫌い
「うちの家族はいい家族」
と、ウチの大人たちが表面だけ
取り繕おうとするのを嫌悪まるだしで
批判する姉。

私の理想とは違っていましたが
私はそんな姉のことを
尊敬している部分もありました。

母と姉が衝突する度
ハラハラドキドキの不安と恐ろしさが
私を襲いましたが
同時に、母に嫌われるとか捨てられるとか
そっぽを向かれるとか
私と違い、そんなことを恐れもせずに
母親に食って掛かる姉が
私には大きく見えました。

以前の記事にもちらっと例えましたが
「ゴジラ対キングギドラ」
みたいなもんで・・・
びくびくと遠巻きに
そのやりとりを眺めるのみの私は
さしずめ
モスラの幼虫といったところでしょうか。

200124


・・・実際のやりとりは
私が思うほど
壮絶なものではなかったかもしれません。
母であれ姉であれ、「こうであった」と思うのは
私が勝手に作り上げた虚像かも。

勝手に私が幼いころ感じたイメージが
増幅していって
虚像が私の中にAとBになって
居座り続けていたのかもしれません。


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング

・・・今回の画、資料を見ずに描いた後
実際にネット画像で答え合わせしてみました。
・・・迫力的には雲泥の差でしたが
ビジュアル的にはまぁまぁ・・・
当たらずとも遠からず的な・・・?

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

三人くらいいる!

ようこそ、いらっしゃいませ。

前回の
静電気が何故割と大丈夫になったのか
ということを考えてたら
またちょっと気が付いたことがあったので
記させていただきます。

でも・・・
アナタにうまく伝えられるかどうか・・・
引かれちゃうかもしれないけど
もし、「気持ちワルッ!」と思われたら
どうぞ今回はお引き取りを・・・

それでは、いきますよ。



あのですね・・・なんか・・・
気付いたんですが・・・

・・・・・・

私の中に、なんか
三人ぐらい人がいるような
カンジなんですぅゥーーッ!!

ギャアァーーーッ!!
何言ってんの!?
この50代主婦!!
気持ちワルッ!!

・・・ってお思いになりますよね!?
わかります!わかりますよ!!
いやあのねつまり・・・なんて言ったらいいか
多重人格とかそんなことじゃなくて

自分の中に・・・なんていうか

常識的で、「大人としてこうあるべき」と
きっちり型にはまった考えしかしない(A)
いつも斜に構えて皮肉屋で、
人の言うことに反発ばかりする(B)

ただただ(A)と(B)に挟まれて
ビクビクしているだけの(C)

・・・と
分割された三種類のイメージがあるわ
と思ったのよ。

200119

前回の静電気の話にすると

レンタル屋さんのドアに向かう時
「アンタもみんなと同じなんだから大丈夫!
できるって!」
と、上から目線で激励しまくるのは(A)で
ビクビクしていつも躊躇するのは(C)
それを冷ややかに傍観して
「やっぱダメじゃん」とするのが(B)
とすると

スッと克服できた年末
あれは
(A)と(B)には黙っててもらい
(C)ひとりに任せたから
落ち着いてできたのかもしれない
・・・と思ったのね。

私、去年から
「自分の作り直し」をしていくと言っていたけど
これまでは(A)と(B)の部分が育ちすぎてて
(C)の部分が本当に発育不良だなと気づいたのよ。
なので、「作り直し」というか
「育て直し」をするには
その(C)の部分を重点的にってことかな
と・・・。


・・・変な話をしてますよね・・・(~_~;)
それじゃ、いまこの記事を作成してんのは
AなのかBなのかCなのかと考えると
またややこしい話なんだけど

でもね、どっか
このAっていうのは現実の私の「母親」っぽく
Bは「姉」っぽいものがあると
うっすら感じるのよ・・・

もしかして私が実際の母親と姉を模したものを
無意識に心の中で作ってしまって
これまで、それに囚われてしまって
いたのかしら・・・?

やっぱり家族関係が人格形成にも
影響を与えてるのかもしれないとか
この3パターンが
私が「場面緘黙」だったことに
何か関係があるかもしれないとか
またちょっとそのへんについては
考えてみるところです。

・・・今回はあんまり同意を得られるような
話じゃないですね・・・
引かれたアナタにはごめんなさいを・・・
それでも、お読みくださりありがとう。
では、また。

それでも・・・ちょびっとはわかるわ・・・と
思われたアナタ
よろしければポッチリと・・・
↓↓

絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

あっ、タイトルもじりは
萩尾望都先生の「11人いる!」
タイトルはもう有名ですよね!
ストーリーは・・・
大昔に読んだんだけどなぁ~
どんな話だったっけ?SFだよね!?
10人いるはずが11人いたんだよね!?
(タイトルそのまんま・・・!)

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

怖いもんは怖いもん!

私があのレンタル屋さんのドアに向かうたび
心の中で思うことは

「大丈夫!大丈夫!
何も怖いことはないって!
ホラ、他の人達も
平気で取っ手に触っているじゃない!
アンタも他の人達と同じ人間なんだから
できないことはないのよ!
平気で触れるのよ!
もし、ピリッときたとしても
ちょっと痛いくらいで
大したことはないんだから
大丈夫!大丈夫だって!
さぁ!触ってごらん!!」

と。

自分自身を激励して、ドアの前まで来る!

・・・しかし、その頃にはいつも

身がすくみ
胸がザワザワドキドキしてるんですよ。

で、取っ手を触るのがやっぱりイヤで怖くて・・・
ちょ・・・っと、躊躇するんですよ。
けど「挙動不審な主婦」と思われるイヤさが
それよりちょっとだけ上回るから
ホントに必死で何気を装ってるんだけど
毎回毎回、その葛藤もストレスなのよ・・・

こんな思い・・・一生続くんだろうか・・・

そう思ってたところに
昨年の年の瀬ですわ。

スッ・・・と、全く自然に取っ手が触れたのね。

あれっ!?できた!?あれっ!??
できるじゃん!?何なん?何があった?

・・・思い返してみると触る前

いつもの左胸に感じるドキドキザワザワが
なかったですね。
さらーっ・・・と内面が
水を打ったように静かだったというか・・・?

これまで、どれだけ自分を励まし、大丈夫!と
唱え続けてきてもダメだったのが・・・

そうそう!その時、
自分を励ましたりしなかったかな、逆に。

「しょうがないよ・・・
怖いもんは怖いんだもん・・・
他の人達はできるんだろうけど、
自分は違う。人と同じじゃないんだもん。
人が怖がらないものを、
怖がってしまう人間なのよ私は・・・
怖がればいいや・・・
声が出ようが、変な動作しちゃおうが
しょうがない。
情けなかろうが、恥ずかしかろうが
それが自分なんだもん・・・」


はっきりそう思ってたわけではないんだけど
その時は、ぼやぁ~っと
そんなことを感じてたような・・・

そうしたら、逆に気持ちが落ち着いたのかも・・・。

無意識のところで

自分は自分であるしかしょうがない

って自分で認められた瞬間だったのかなぁ~?

・・・・・・

アラアラ!たかだか「静電気怖い」の話が
ちょっとなんか深い話になっちゃったかしら!?

まぁ、私の場合はそんなカンジで
現在の静電気ストレスが
軽減されておりますという話でした。
お読みくださりありがとう。
それでは、また。


絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

<近況>
まだまだ私のパソコン部屋は
ストーブ無しで過ごしております。
防寒グッズも増えましたよ!
ぬくぬくネックウォーマー
ぬくぬくルームシューズ
ぬくぬくアームカバ―
そして腹巻!
これらはいつも利用してる通販の福袋で買ったものの
一部なんだけど、福袋って大概いらんものも
結構入ってるもんだけど
私の場合は、すべて必要なものが
入っておりましたよ!
特に上記のものは、届いてソッコー袋からだして
装着しました。
そして、こんなカンジに・・・
↓↓
200114

初めて「福袋、買って得した!」って
気分になりましたよ。
デザインとか色とかはね・・・気にしないのよ
機能性重視なの

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

身も心もピリリ。

スミマセンだけど
もう少し、いかに自分が静電気が苦手だったと
いうことを語らせていただきます。
よろしければ、お付き合いを・・・
「え~?まだ語るの~?」とウンザリのアナタは
またのお越しを・・・
ゴメンなさいね、この年になると色々クドくてね・・・



私、スーパーだけじゃなく
実はいつも利用するレンタルDVDの
お店のドアもダメだったんですよ。

そのお店、入店するとき引きドアだもんで
どうしてもあの金属製の長い取っ手に
触らなきゃならなくて・・・
冬にはいつもドアに近づくたびに
結構なストレスを感じてたのよ。
人の出入りがあるから、
ドア前で立ち止まっているわけにもいかず
躊躇はあれど、傍目には、それほど違和感なく
わりとスッ・・・と入れていたとは思うけど
結構、内心はすごい決心をして
取っ手に触ってるんですよ!

200115


けど・・・そんな決死の思いを
何度も経験してるのに
何故なのか、慣れることが無い!
この
「イヤイヤ!怖い怖い!」
感情が薄れることがないんです!

正直、どうしてもダメな気分の日は
DVD借りたいんだけど
寄らずに帰ってきたりしてね。
借りたのを返すのも、
時々ダンナに頼んだりして・・・。
そんな自分に
「たかが静電気くらいで・・・
情けないんじゃ?」
とも、思ったりして・・・

そんなこんなで

・・・ホントに冬の外出は
身も心も(半分くらい)「静電気」に
支配されていたといっても過言ではない
・・・かも・・・?

それが今じゃあ・・・
というか、いまのところは

大丈夫!!

特に何があったわけでもなく平気になったんで
もしかしたら、また理由なく
ダメになっちゃうかもしれないけど・・・

でも、なるべくそうならないよう
「どうして大丈夫になったのかなぁ?」
ということを
自分なりに理屈をつけてみたいと思います。
また長くなるので次回に。
お読みくださりありがとう。
それでは、また。

このバナー、ポッチリすれば静電気除去できる
・・・わけはないけれどよろしければ・・・
↓↓

絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

ガソリンスタンドのセルフ給油で
静電気逃がすために
「はじめにタッチ」する
黒い丸いヤツあるじゃないですか。
アレ、スーパーの入り口に設置してくれんかな
・・・と、切に願っていたわ・・・




| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

ピリリが来るよ!

ようこそ、いらっしゃいませ。

前回の<近況>について
もう少し詳しく語らせてくださいませ。


「静電気」

冬になると、これが起こるって考えるだけで
毎年テンションが下がってたのよ。

スーパーで、冷凍食品が入ってる
あのでっかい冷凍庫のドアの取っ手とか
缶詰触る時とか
スナック菓子の袋とかでもピリッ!とくるよね?

アレがイヤで、そういうものに触るのは
極力避けて
でも、どうしてもほしい時には
しばらく商品のある通路をウロウロして
商品の前に来ても、まだしばらく躊躇して
傍に人がいないのを確認してから
ようやく、恐る恐る指先を出して
意を決して商品を触り、
触った後で商品を掴んでカゴに入れる・・・と。

・・・冬は、そんな時間のかかる
買い物の仕方をしてたんですよ・・・(~_~;)

”傍に人がいないのを確認してから”ってのは
「なんかおかしい行動をとる主婦」
と、見られたくないから。
なるべく、フツーにさっと商品を取りたいんだけど
どうしても
手を伸ばしても2・3回躊躇しちゃうのよ。

もし、ピリッ!ときたら?
想像以上にピリッ!ときたら?
あまりの痛さに、体がのけぞっちゃったら!?
意に反して
おっきな声が出ちゃったら!??

周りの人に不審者扱いされちゃうよぅー!!
あー!イヤイヤイヤ!!
あー!怖い怖い怖い!!


と、そんな妄想が膨らむばかり!

200112

実際、そんなに衝撃的な静電気を感じることは
滅多にないんですよ。
「来るぞ・・・来るぞ・・・」と
構えている時には、それほど・・・

ピッ!

・・・くらいなもんなんだけど・・・

逆に予期せぬ時に食らっちゃう時があるわね。
何気なく店員さんに、手渡しでおつりをもらった時
指と指が触れた瞬間に

ビチッ!

と!!

ビックリして、手が反射的に引っ込んじゃって
おつりを床にばらまいて・・・ってことが
昔あったわ~・・・
もう、痛いわ恥ずかしいわで
それから店員さんからの
おつりの手渡しも、内心構えているんです・・・

とまぁ・・・
これがいままでのワタクシだったんですが
さて、前回記しましたように
いまは「それほど気にならなく」なりました。
気持ちがだいぶ楽でございますよ。

何があったのか・・・!?
同様に静電気恐怖のアナタに
お教えしたいところです

・・・が!!

特に何かしたということはないんですー!!

・・・ということについて
次回に記したいと思います。

「読んで損したわ!」というアナタには
ごめんなさいを・・・
それでも、お読みくださりありがとう。
では、また。

よろしければ、どちらでもちょいとひと押し・・・
ピリッ!とはきませんよ?
↓↓

絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング



| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

母親たるもの。(3)

ようこそ、いらっしゃいませ。

昨年からの続きになります。

私は自分の母親に、
何故好意的な感情を持っていないのか?

という自問の答えに迫るにあたり
自分の母親はどのような人なのか?
ということについて考えていきたいと思います。

現在80半ばの母。

そのくらいの年代の人って
戦前に生まれ、戦中に幼児期を過ごし、
戦後の混乱期にティーンエイジャー・・・
って頃なのかな?

その頃の時代背景、家族のあり様も含めて
母はどのように育っていったのかと考えたのよ。

私、父方の両親・親戚関係はまぁまぁわかるけど
母方っていうと、ほとんど知らないのね。

父母もともと東北の人なんだけど
私が生まれてまもなくこっちに引っ越してきたから
東北にいる(いた)であろう
母の父母や兄弟のこと親戚のこと
・・・ほぼ知らないんですよ。
母も話することもなかったですしね。
別に母が実家と何かあったというわけではなく
ホントにただ話題にのぼることがなく
あったとしてもそれは
大人達の中(父・母・ばぁちゃん)で済まされる話で
子供の私たちは蚊帳の外だったのでしょう。

ただ、私が知っていることといえば
母は兄弟が多く、
下から2番目だったということ。
一番下の妹がいるということ。
この母の妹(叔母)とその子供達(従妹)には
小学生の頃、一度会ったことがあり
良くしてもらったことは覚えていますが
それ以外はわかりません。

だから、これから記してみることは
ほぼ私の想像になります。


場面緘黙症ランキング


<近況>
実は私・・・フフフ・・・
長年の恐怖を、最近ついに克服しましてね・・・

何の恐怖かっていうと

「静電気、
起こるんじゃないか恐怖症ーー!!」


いえね、私これまで何年も
ある特定の場所で起ったり起こらなかったりする
静電気が非常に恐怖だったんですよぅ
だから冬がくると、
そのこともかなりストレスだったんだけど
この度めでたく克服できた
・・・といってもいいんじゃないかくらい
気にならなくなりましたよ!

200110

詳しくは
長くなるんで次回、記事にしますねー!
でも、克服法とかではないから
全然役には立たないお話になると思います。


絵日記ランキング




| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

そして2020年。

あけましておめでとうございます。

アナタはよいお正月をお過ごし
でしたでしょうか?

私は、まずまず心穏やかな正月を
過ごすことができたかな・・・

さて、2020年。

昨年に引き続き、己を育てなおして
どこにいても、自然体で生きていける
人間になろうと思っております。


もう、人や場所にやたらと緊張したり
人と比べて自分を卑下したり
無理して頑張って背伸びして
でも、思ったようにできなくて
自信喪失したりするのって
無駄だものねぇ・・・この年で・・・

・・・って、いままでも何十年
「こんなんじゃダメだ」って
思っていてもどうにもならなかったんだけど
まぁ、昨年から色々と自分自身が根本から
変わり始めているのを感じておりますので

なんか、色々と良い事になりそうな
希望にみちた一年になると思います。
200105


ではでは、今年もまた
ふるまんカフェをよろしくお願いいたします。


絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »