« 父と娘と母親と。(6) | トップページ | 父と娘と母親と。(小休止・1) »

2019年11月20日 (水)

父と娘と母親と。(7)

その他にも、まだ不愉快に
感じるような父の言動がありました。
お風呂に入ろうとすると
「一緒に入るか」とか
「胸が大きくなったんじゃないか」
とか、そういうことを言われると
何とも言えないモヤモヤした気持ちになりました。

また、私がお風呂に入っている時に限って
何故か父が洗面所に入ってきて
髭を剃り始めるのです。
洗面所は脱衣所も兼ねているので
私は風呂からあがれば裸のまま
父と対面せねばならなくなります。
それは絶対にイヤなので
父が髭を剃り終って出て行くまで
ずっと風呂場に籠っているわけですが
あまりにも父が長い事、そこで髭を剃っているので
具合が悪くなりそうになった私は
本当にイヤでしたが仕方なく風呂を出て、
急いで父が鏡に向かっている後ろで
体をふき、着替えをして出て行く・・・
ということもありました。

そのような
「私が風呂に入っているときの父の髭剃り」
が何度と続くのですが
はじめは、私はただ疑問でした。
「いやだなぁ・・・どうして、いつも私の風呂と
父の髭剃りがかち合うのだろう?」
と。

それが父親の
「いやらしい下心」と
「単なるおふざけ」の
混ざった行為であるのではと思ったとき
私は不快感で胸がモヤモヤしましたが

けれども「いや、でも・・・」とも思う私がいます。
まさか、父がそんなことを・・・?と。
私が考えすぎなのだろうか?
子どものくせに
ませたことを考えすぎなのだろうか?
父は単にふざけて
私を困らせようとしているだけでは?
(あるいは、ホントに髭剃りをしたかっただけかも?)
私の中でヒーローだった父が
年ごろの娘の体に興味を持つ下卑たオヤジだなどと
信じたくない気持ちもあり
ひょっとして父の純粋に
「自分の子供」を思う気持ちを
疑う私の方がいやらしくて自意識過剰な子供なのか?
・・・とも思ったり・・・
色んな、幾通りの考えが沸き起こり
一体どれが正しいのか
自分はどの考えを選べばいいのか・・・
いつも混乱していたように思います。


場面緘黙症ランキング

<近況>
今期、割とお気に入りのドラマは
「俺の話は長い」
1話30分の2本立てというのが観やすいし
あったかさを感じるホームドラマで
精神的に楽に見れるのでいいんですよね。
登場人物が皆、愛くるしい。
生田斗真君演じる主人公の
「無職のニート。屁理屈の天才」満君が
もちろんダントツで良いんですが
この頃気になるのは満君のお姉さんの旦那・光司さん。
191121

なんだか、なんてことのない短いセリフに
「あら、いいわ♪」ってキュンとします
演じてる安田顕さんのお人柄が出るのかしら。

そんなこんなで、毎週楽しみなドラマです。


絵日記ランキング

|

« 父と娘と母親と。(6) | トップページ | 父と娘と母親と。(小休止・1) »

場面緘黙のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父と娘と母親と。(6) | トップページ | 父と娘と母親と。(小休止・1) »