« 父と娘と母親と。(8) | トップページ | 父と娘と母親と。(10) »

2019年11月26日 (火)

父と娘と母親と。(9)

私の眼からはそのように見えていた母ですが
その母が、
幼少期から思春期へと移った娘たちと
父の間の変化した関係を
どう思っていたのでしょう。
私としては、同性として
母に私の味方になってほしいと
思っていたと思うのです。
何かといやらしい感じに見える父のちょっかいを
「子供達がいやがっているから」と
諫めてくれればと・・・。
けれども、どうも母は・・・
年ごろの娘の気持ちに鈍感?なのか
それともそんなことは
父とあれほど仲良しだった娘たちなんだし
自分たちで解決すればいいことでしょうと
思っていたのでしょうか・・・。
そのような面倒なことは
自分とは関係のないことのような・・・

思えば母は
「家族の誰の気持ちにも寄り添わない人」
「共感性」というものが
薄い人であったような気がします。
特に子供達に対しては・・・

私が嬉しかったり、楽しかったりしたことを
母親に話して「あらそうなの、よかったねぇ」と
笑顔を向けられたことの覚えがありません。
逆に私が楽しいこと、好きな事をしていると
何かひとこと腐したり、
けちをつけたりされたかな。
例えば、好きなアニメを見ていたら
「こんなくだらないものの
何が面白いのかさっぱりわからない!」
と嫌な顔をして言い放ったり
好きな歌手のレコードを聴いていると
「あんた、こういうのが好きなの?
あんまりうまくないじゃない!」
とわざわざ言いに来たり・・・
人が気持ち良くなっていると
何かひとことその気持ちを落とすようなことを
言ってしまう癖のようなものがある人でした。
では、逆に人が落ち込んだり、
良くない気分を抱えているときにはどうかというと
「そんな暗い顔ばかりして!」
やら
「ため息ばかりつきなさんな!」
と、何があったのかと
心配して聞くようなことはせず
辛気臭い態度をとっている!と手厳しいのです。

と、まぁそんな母なので
「おとうさんに一言、注意してほしい」と
こちらから頼むことも
(そのような考えを思い浮かぶことすら)
できませんでした。


場面緘黙症ランキング

<近況>
洋画をね・・・レンタルしたんだけど
はじめは字幕で観てて途中で
「これ、吹き替えだとどんなカンジかしら?」
って切り替えたんだけど
・・・・・・ウソでしょう・・・?
ヒロインの声がなんかとても下手そぐわないっていうか・・・
後で調べたら、若手の女優さんなのね。
いや、テレビでよく見るよ。
かわいいわよね。将来有望な子なんだろうけど・・・

・・・なんかさぁ、ホントにこういうの多いよね。
ちゃんとした声優さん使えばいいのに
いま旬の若手俳優さんとかを起用するって・・・
いつも「これじゃない感」があって
字幕に変えることが多いわ。
そりゃ、仕事だと上から言われて
本人さん達は一生懸命やってんだろうけど
一体どんな大人の事情があるのか・・・
もう、いいかげんこういうシステム無くして
ちゃんとそれなりの人を選んでアテレコしてほしいと
切に切に思うのよ・・・。
191125

レンタルDVDだからまだいいとしても
映画館で「吹き替え」選んじゃったら
多分「金返せ」って怒っちゃうわ・・・。
どちらを選ぶか数秒の「サンプル視聴」があればいいわね。
ホント声って大事よ・・・


絵日記ランキング

|

« 父と娘と母親と。(8) | トップページ | 父と娘と母親と。(10) »

場面緘黙のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父と娘と母親と。(8) | トップページ | 父と娘と母親と。(10) »