« 愛してないと知ってくれ。 | トップページ | ついに、来た! »

2019年10月 9日 (水)

まだ、来る!

「えっ!?ウソッ!」

朝、目が覚めたと同時に
あの、ナニが大量に
流れ出る感覚で飛び起きましたよ!

・・・月よりの使者が大暴れ・・・

ウソでしょう・・・?
三日目なんだけど・・・

なので座布団は敷いていたので
大惨事は免れましたが
シーツはセーフでも
下着とパジャマがアウトで
朝っぱらから、
風呂場でジャブジャブ水洗いですわ・・・

そう、私の”月よりの使者”
これまで何度か「来るか!?来んのか!?」
とネタにしておりましたが
不定期ながら
いまだにお越しになりますよ・・・
不定期なうえ、滞在期間もまちまちで
3日ぐらいでさっとお帰りになる時もあれば
一週間、ダラダラ居続けることもあったり
今回のように、突如座布団の上で大暴れ!
・・・なんてぇこともあったりいたします

まぁべつに現在は仕事に行ってるわけじゃないから
急にお越しになろうが
大暴れされようが
構わないっちゃ構わないんだけど

いつも、座布団の補充に悩むのよ
「今回まだ来ないけど、前回で最後だったんじゃ?
でも、一応買っておこうか~?
軽い日用のでいいかしら
いや、でもナイト用も万一必要か~?
色々買って結局無駄になるのもヤだしなぁ~
消費税10%になっちゃったし~
(生理用品って軽減税率対象外なのね!)」

いまは経済面であれこれ考えちゃうのよねぇ

前にも言ったんだけど
やっぱり「今回でおしまいよ」っていう
閉経のサインみたいなものが
あればいいのにと思っちゃう。
最後の経血は、CMばりのああいう
「青い」のが出る・・・とかなら
わかりやすくっていいのにねぇ~

191008

・・・というお話なんだけど
これじゃ、単に
「55歳が生理の粗相で朝から洗濯したよ」
というだけの記事になってしまうので

今回は、タイトルもじりにもなっている
映画のご紹介を。

「来る」(2018 日本)
第22回日本ホラー小説大賞
「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智著)を
中島哲也監督が映画化
岡田准一・黒木華・妻夫木聡・小松菜奈・松たか子等
実力派俳優の皆さまが出演されてますよ。

レンタルで観ました。
邦画のホラーってあんまり観ないんだけど
確かアオリに
「怖くないけど、面白いからみて」みたいなのが
あったから借りたかな。

観てみたら、なるほど
ホラーっぽい怖さはそんなになかったです。
(多分小説はもっとおどろおどろしくて
怖いんでしょうね。読んでないですが)
こわいと言えば
妻夫木パパのくそイクメンっぷりですかね。
でも、どの登場人物もそれぞれ個性的で
そこは面白かったですね。
小松菜奈ちゃんなんて、
はじめ誰かと思うくらいでしたが
カッコ良かったですよ。
あと、「黒木ママ可哀そう~」・・・からの
「あらあら・・・」や
松さん霊媒師のすごさもなかなかでしたが

柴田理恵さん他、
おばちゃんおじちゃんの霊媒師軍団が
私は観ててなんか良かったです。

ストーリーは結局、
「何が」来るのか?
「何故」来るのか?
そういうのは、はっきりわかんないんですが
まぁ、なにやらがくるので
大がかりに退治しますよみたいな
お話だったなぁと思います。
ホラー耐性がない私でも大丈夫な映画でしたよ。
ちょっとヌレ場なシーンがあるので
ご家族で・・・とは言えないですが
一度ご覧になってみては・・・?


お読みくださりありがとう。
それでは、また。


絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング




|

« 愛してないと知ってくれ。 | トップページ | ついに、来た! »

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛してないと知ってくれ。 | トップページ | ついに、来た! »