« 番は回って来なかった。 | トップページ | 愛してないと知ってくれ。 »

2019年9月29日 (日)

ばちあたり。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は「私の中の無意識が。」(2019.9.11)
の続きになります。
風邪気味になる前に作成したものですが
よろしければ、お付き合いを・・・
↓↓


けれども

私が、無意識の中で
「親や先生の言うことをきく
いい子でいなきゃいけない」
とすることも
「素の自分を出したらまずい」
とすることも

結局のところ深い深い根っこの部分で

「自分は母親に愛されていない」

と、勘づいてしまっていることが
そもそもの原因なのかもしれません。



「母親に愛されていないと
勘づいている自分を押し込めながら
言うことをきかなきゃいけない
素の自分を出しちゃいけない
自分が母親に愛されてない子供だなんて
人にしられちゃいけない
愛されてないと思っていることも
知られちゃいけない
愛されているのだと思わなくちゃいけない」

ややこしい
「しなくちゃいけない」
「しちゃいけない」事項が自分の中に

たくさんあったからではないか・・・と。

190928


確かに私は
母に虐待などは受けたことはありません。
衣食住に不自由させられたこともありません。
お小遣いだってちゃんともらっていましたし
欲しいものを買ってもらったことも
やりたいと言ったことをさせてもらったことも
ありました。

頭の中で私が考えます

「それが子供を愛している証拠だよ」

私の心が思います。

・・・そうなの・・・?

「親が子供を愛していなければ、
おまえはいまここでこうして暮らせていないよ」

・・・そうなのかなぁ・・・?

「親が愛してくれることに感謝をしないといけない
愛されてないなんて思うのは ばちあたりだ」

・・・でも、おかぁさんはこわい。
おかぁさんは、近寄りがたいよ。
おかぁさんは、冷たくてぴりぴりしてる。
おかぁさんは、
私が毎日不安でいることに気付かない。

私がぐずぐずしてると不機嫌になるよ。
泣いていたって
「どうしたの?大丈夫?」と
顔をのぞいて心配されたことはない。
そばにいたっておかぁさんは私を見ない。
おかぁさんは
”私”自身には興味がないみたい・・・

どこのおかぁさんもそうなのかなぁ・・・?

「おまえは自分をかわいそうな子だと思いたいだけ
悲劇のヒロインになって自分に酔いたいだけ
こんなにしてもらっているのに
母親の愛情がわからない
未熟で恩知らずな ばちあたり」




私が他の子をこわいと思う理由が
なんとなくわかってきました。

ほかの子たちは
「自分は親に愛されている」ことを
感じられている子達
思い込めている子達で
だから、私にはない「自信」というものが
備わっているのです。
「自分が自分でいることを許されている」
「自分はここにいていい」と
知っている子達なのです。
だから、自分の入る箱が
あれこれと変わったとしても
自分というものがゆるぎないから
それほど不安や恐れがないのです。
存在を許されているという土台があるから
自分の思うままに振舞えるのです。

私には、その子たちがその土台の上に立ち
自由奔放にふるまうことがこわい。
それが無神経に・無遠慮に私に向かってきて
私を「変だ」「おかしい」「まちがってる」と
容赦なく判断されるのがこわいのだ。


と、

こんなところではないかと
いまは思っているのですが・・・

↑↑
ここまでが、風邪気味前に記したものですが
あれからまた
追加されて思うことも出てきました。
それについては、また次回に。
お読みくださりありがとう。
それでは、また。


場面緘黙症ランキング

絵日記ランキング

|

« 番は回って来なかった。 | トップページ | 愛してないと知ってくれ。 »

場面緘黙のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番は回って来なかった。 | トップページ | 愛してないと知ってくれ。 »