« 軽い言葉の重み(2) | トップページ | 軽い言葉の重み(4) »

2019年7月13日 (土)

軽い言葉の重み(3)

「なんでおばぁちゃんにあんなひどいことを言うの!!」

はじめ、なんのことだかわからなかったのですが
どうも、あの自動販売機のジュースのことらしく
ばぁちゃんは、仕事から帰ってきた母に
私にこんなことを言われたと話したようで・・・

えっ!?そんなに私、
悪いことを言ったっけ!?

そんなにひどいことを言ったっけ!?

と、戸惑っている私に

「おばぁちゃんに謝りなさい!!」やら
「全くアンタたちはもう・・・!!」やらと
キンキンした刺さるような声で母は一方的に私に怒鳴るのです。
(”アンタたち”とは、母は何かあると私たち3姉妹をこう一絡げに呼ぶのです)

190713

頭が混乱している私の横で
ばぁちゃんは背中を丸めてイスに座って
すすり泣きながら言うことには

「もう、いいよ・・・!
あたしゃ、この家から出て行くから
・・・あたしゃ、
どうせこの家の邪魔者だから・・・!」

???

何故そんな話になっているのか?
「出て行く」とまでを言い出しているばぁちゃんを
母は、げんなりした調子でなだめたり
そんなばかなことを言わないで頂戴!
と、怒ったりしています。

一体何が起こっているのか、わけがわかりません。
なんとなくわかったことといえば
私があの時言った何気ない一言で
こんな事態になっているのだ
ということ。

目の前で、まるで昼のドラマでやっているような
母と祖母の感情のぶつけ合い。
それを私が引き起こしてしまったのだと
恐ろしさと、驚きと、混乱と
色んな感情が湧きおこって
私は泣き出してしまいました。


ホントごめんなさいね。まだもう少し続くの
よろしければ・・・
↓↓

絵日記ランキング

場面緘黙症ランキング

|

« 軽い言葉の重み(2) | トップページ | 軽い言葉の重み(4) »

場面緘黙のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽い言葉の重み(2) | トップページ | 軽い言葉の重み(4) »