« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月30日 (土)

怒りスイッチどこにあるのだろう?

ようこそ、いらっしゃいませ。

前回、ダンナにキレた理由を記しましたが
このことは、
私自身の内面をちょっと考えるきっかけとなりましてね・・・

「私は、どういうことをされると怒りを感じるのか?」

これまでのことも色々遡って考えてみると
わかったことは

「自分がどういう扱いをされても
いい奴だと思われること」

「見下したような態度を取られること」

・・・これをされると、ブッツンとくるということですね。

以前も、「部屋の掃除を一緒にやろう」と
ダンナと約束を取り付けていたにもかかわらず
友人から茶の誘いを受けたら、
私との約束なんぞほっぽらかして
ホイホイそちらに行ってしまったことに腹が立ったと
記事にしましたが

友人から誘われれば行くものだってのが当たり前で
妻との約束なんぞ、別に破ったってかまわない
・・・どころか
「約束を破った」っていう意識すらないような
そのくらい妻を軽んじてるって思えて腹立たしい思いがしたのよ。


これまでも度々
自分がないがしろにされているような
同等の人としての扱いがされていないような
そんなのを感じることはあったけど

胸のなかに不満や疑問は抱えつつも
「そういうものだから仕方がない」
と、モヤモヤした気持ちに蓋をしながら
やりすごしてきたけれど

この頃、自分のこれまでを振り返るようになった時

「え?なんで?よく考えたらそんなんおかしいんじゃない?」

って気が付いてきたのよね・・・

いくら自分のような者でも
そんな扱われ方されていいわけがない!って

だから今回、自分の中にもちゃんと
自分の尊厳を守るための”怒りスイッチ”
は、あったのだなぁと発見できて

自分を少し誇らしく思ったり
でも、こんなに感情的にならずに
もう少し理性的に
自分の怒りと、相手にどうしてほしいのかということを
言葉にすることが成熟した人間のすることかもしれないなぁ・・・

と、思ったりしたのです。

190329

・・・なんだかつまらんマジメな話になっちゃって
ごめんなさいね。
それでもお読みくださりありがとう。
それでは、また。

よろしければ、1クリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング



| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

私がダンナにキレた理由(ワケ)。

ようこそ、いらっしゃいませ。
前回の記事から、一週間くらい経っちゃったのね。
今回の記事、下書きはできてたのですが
画が入れられなくて更新が延びちゃって
なんか、賞味期限切れのような内容になってますが
よろしければお付き合いを・・・
↓↓

えぇと、ごめんなさいね怒りの記事を長々と・・・

でもね、今はもう冷静にはなっているのよ。

で、今回は この冷えた頭でもって
何故私があの時キレたのか
その理由をまた長々と記したいと思います。

よろしければお付き合いを・・・


私はね、別に
「お前は間違っている」と言われたことに
腹を立てたのではないのですよ?
そりゃ、この一年記入モレがないよう
計算間違いがないよう自分なりにキッチリ
仕事をしたと思っているもんで
それが間違ってるというのであれば
まぁ、驚きはしますが・・・

でも、そういうなら
「どこが違っているのか」ってことを
教えてくれりゃいいじゃん!
そういうのもなくて、ただ突っぱねるように

「お前は間違っている。
もうお前はいい。俺がひとりでやる」


と、まるで「お前に頼んだ俺が馬鹿だった」
というようなニュアンスで一方的に切るような態度が
ムカついたんですよ!
そこには

「私のただ速やかな書類作成ができるようにという
思いとその労力」

に対する感謝も敬意もなく・・・
逆に、ちゃんとこなしたつもりの仕事を
否定されてプライドも傷つけられて・・・

しかも、ホントに私が間違ってたかどうかも
曖昧じゃんか!
ホントはダンナの計算が違ってたんじゃないのっ!?
後で、自分が出し忘れてた領収書が出てきたり
してたんじゃないのっ!?
それを私が間違ってたことにしてんじゃないのっ!?
金銭面がなぁなぁなのは
いつもダンナのほうじゃんか!
そんなアナタに言われたくないのよ!
キイイィィーーッ!!

・・・と
思い出すと荒ぶってしまうのですがね・・・

・・・そんなことで、いちいちキレなくっても・・・
とお読みくださるアナタは思うでしょうか・・・

でもね~私普段はこんな怒りはしませんし
今回、キレて物を叩きつけたりしましたけども
ちゃんと冷静な部分もあったんですよ?
「あ・電卓はたたきつけたら壊れちゃうからやめとこ」
とか
「領収書まき散らかすと後で集めるのが大変だから
まとめてたたきつけよう」とか
そんなことは考える余裕はありましたよ。

けどね・・・

今回のことは「自分」というものを
ちょっと深く考える機会になりましてね・・・

自分がどういうことをされると怒りがわくのか

これまで、どんなことで怒りを感じてきたのか

ちょっとわかったような気がします。

私の怒りポイントは・・・


長くなりましたので、また次回に・・・

190321

よろしければ、一旦クリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング


あ、今回のタイトルもじりは
「私がクマにキレた理由(ワケ)」(2007)
ベビーシッターの目から見た上流家庭の実態を
リアルに描いたアメリカ映画ですと。
スカーレット・ヨハンソン主演。
ベストセラー小説を映画化したものらしいですよ。
評価もまずまず。
う~ん、今度レンタルしてみようかなぁ・・・。

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

人をなんだと思っているのか!!

・・・怒りの記事に引き続きお付き合いくださるアナタ
ありがとうございます。
前回以上に怒りに任せた乱暴な記事に
なると思いますが、あの、ホントにご不快でありましたら
今回はお引き取りいただいた方が・・・
えっ!?お付き合いくださる・・・?
すみませんねぇ、どうも・・・


さて・・・
ダンナの確定申告。
私は彼の医療費控除の申請のスムーズな書類作成に向け
この一年、領収書の管理・費用の計算等をキッチリとこなし
準備万端整えて臨んだのに対し
ダンナの方は肝心な、自身の年金の源泉徴収票を
持ってこないというヌケ作ぶりを発揮し
また時間とガソリン代をかけて
確定申告会場に赴かねばならぬという
この無駄さ加減に私が内心イラついた・・・というのが
前回のお話。

ここから、次の日の朝のお話になります。

朝、のんびりワイドショーを見ているダンナ。
「(確定申告)さっさと行って、済ませてこればいいのに・・・」
と私は思っていますが、口には出しませんよ。

で、ワイドショーに区切りがついたとき
「さて・・・」とダンナ。
「行くのか?」と思いましたがそうではなく
何故か、私が綴っていた医療費の領収書とダンナ自身が
夜中に書いたであろう 何かを計算したような用紙を取り出し
医療費控除の申請用紙に記入し始めたのですよ

「え!?ちょっと、何書こうとしているの?ダンナ」

私、訝しげに聞くと

「明細の欄に全部記入するのだ」

って言うんですよ。
つまり、どこの病院にいくら、どの薬局にいくらって
記入する欄があるんだけど
それをこれから記入する・・・と。
でもさ、それ前日私が書き出していった紙があって
職員さんは、それを申請書に添付すればいいですよって
ホッチキスで止めてくださったのよ。
それで、医療費の書類の方はOKのはずなの。
けど、ダンナ・・・
どうせ書類を持ち帰ってきたのなら
紙きれにささっと書いたものを添付するのを出すよりか
しっかりと用紙に記入したものを出すほうが
いいと思ったのか・・・?
いや、私も「カレンダーの裏」のような紙だったから
「あら、添付すればいいんだったらもっとちゃんとした紙に
書いておけば良かった」・・・とは言いましたがね・・・。
いや、それにしてもさ・・・

去年は病院も何か所か かかって・・・
更に、薬局もいろんなとこで薬もらってたじゃない。
それを一つ一つこれから記入するの~・・・?
まさか、月別に・・・?
もしそうなら、一枚じゃ記入しきれないんじゃ・・・?
もー・・・紙の添付でOKっていうんなら、
それでいいじゃないの~・・・?
せっかく私が用意したモノなのにさぁ~・・・


・・・内心ウンザリしてましたが 
言ってもね・・・
どうせ聞かないんでしょうから・・・お好きに・・・



しかし!

次にダンナ!

私に聞き捨てならないことを言いやがりまして!

「お前の計算は間違っていた」

と!!

「(私の作った)ノートではなく、
領収書の方を計算してみたら違う
もう、お前はいい。俺が全部やる


と!!

えっ?ちょっとどういうこと!?
夜にアナタ、自分で領収書を計算してたの!?
それで、私のノートと金額が合わなかったってこと!?

「え!?・・・そんな!」

と私、
慌てて自分のノートと領収書の金額が記入間違いがないか
記入漏れがないかを確認しようとしますが途中

「ねぇ、どこらへんが間違えてた!?いくら違ってたの?
どの薬局の分とか、何月分がとかわかっているなら教えてよ」


と聞いても

「もうお前はいい。俺がやるから」

の一点張りなんですよ!
それを聞いて私もう、プッツンとしましてね!


「なんじゃオメーは何様じゃー!!
そんなんなら、
はじめっから一人でやりくされーーー!!」

(実際はもう少し言葉を選んでますー!)


と、領収書もノートも床にたたきつけて
居間の戸をピシャン!と出て行きましたよ!

190316

・・・えぇと・・・あの・・・
この爆発までが長々としましたが・・・
私が何故キレたか・・・この時の心情・・・
わかってもらえましょうかねぇ~・・・?

「えっ!?こんなことでキレるの?
もしかして、ふるまん加齢による情緒不安定?」

・・・と思われちゃうかしら・・・

次回は・・・スミマセン、もう少しこの時の私の心情について
記したいと思いますのでよろしければお付き合いを・・・

で、またスミマセンがよろしければ一旦クリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング

今回画を描いていたら
あら?なんか「超人ロック」を思い出しちゃった。
「超人ロック」聖悠紀先生ですね。
検索してみたら、2017年に
「超人ロック生誕50周年」だったんですって~
すごいわ~!
1974年の「コズミック・ゲーム」の
単行本は持ってましたよ。
いやぁ~・・・50年ですかぁ・・・
いいなぁ、超人は。
いつまでもあの緑色のカチカチの髪・・・。
白髪が混じることはないのでしょうねぇ・・・
老眼で透視能力がニブることも・・・
(´~`)。゜○・・・いいわねぇ~・・・

| | コメント (4)

2019年3月15日 (金)

腹立たしいことこの上なし!!

あーっ!くそぅ!!腹立たしくって仕方ねぇ!!

このまま黙っていては、頭が怒りでパンパンで
他の事が考えられなくなっちゃうので
ここで吐き出させてもらいますよ!!

お寄りくださるアナタに、不快な思いをさせる
文章になっちゃってるかも・・・。
それでももしよろしければ、私の怒りにお付き合いを。
(ちょっとカンベンというアナタは
また次回よろしくということで・・・)


私が怒っているのは
ダンナに対して!

そして、怒り事案は
確定申告!

・・・これですわ・・・もーー!!


まず、遡ること一年前

ダンナの確定申告に基本私はノータッチでした。
でもさ、確定申告の締め切り期日間際になって
ガサガサやってんのが、なんか見ていて不快だったのよ。
入院とかで病院にも結構かかったもんだから
医療費控除の申請も出すってんで
領収書探しにあっちこっちをガサガサ・ガサガサと・・・

なんかさぁ~・・・もう、この時期に確定申告って
わかってることじゃない・・・
なんで前もってキチンとしておかないのかなぁ~・・・
いつもダンナは間際になって慌てだすんだよね・・・


色々言いたくなりましたけど、
今更言ったところでお互いイヤな気分になるだけなので
黙ってましたよ。

結局、確定申告会場でも、一回でスッと書類が出せず
書き漏れがあったりなんかしたのかな
締切日の時間ギリギリになんとか出せたようでした。

そういうカンジだったものでね

「じゃあ次回の確定申告のために今年の医療費の領収書は
私が管理しようか?」


ってこちらから提案し、することになったのですよ。

・・・ここまでが去年の話ね。



で、さて、やってきました今年の確定申告!

前回はダンナひとりでしたが
今回は私も付き添いで行きます。

今回は医療費の方はバッチリですよ!
ずっとこの一年、領収書をダンナからもらっては
すぐにノートに!月別に!どこの病院で!どこの薬局で!
月に合計いくら支払ったか!と書き起こしてましたからね。
後でネットで書類の記入の仕方も調べ
病院ごとの合計・薬代の合計等
出して領収書も月別に分けて
ネットでもわからなかったことを直接職員さんに聞こうと思って
質問事項を2・3箇条書きにして
とにかくスムーズに事が運ぶよう、一発で書類が通るよう
準備万端整えて行きましたよ!

私はね!そして、医療費に関してはね!!

で、結構な順番待ちのあとやっとこちらの番が回ってきて
医療費の申請書の書き方について
傍にいた職員の方に尋ねながら、
わからないことも聞きながら
記入して、まぁまぁなんとかこちらの方は
出せそうなカンジだったのですが・・・

ダンナ・・・

年金の源泉徴収票を持ってきておらず・・・

「探したがなかったのだ」
とか言ってるんですが
「いやー・・・1月下旬か2月上旬ごろには
ハガキで届いているはずなのですが・・・」
職員さんもそう言うしかなく・・・

結局もう一度家で探してみることに。
(どうしてもなければ
再発行してもらいに行かなければならないとか・・・)
あとは、書類の記入項目を2・3教えてもらい
源泉徴収票とともに提出を、とのこと。


・・・やはり、一発ですんなりいくことはないのね・・・

しかし、源泉徴収票・・・

私は車中で考えます。

もう、確定申告で必要だってわかってるやつだから
届いた時点でダンナがすぐ保管しているだろうって
思いこんでたけど・・・
来てないなんて、そんなことはないよな・・・
私もちょっと覚えがない・・・
もしかして、私が他の郵便物と混ぜて置いているのか?
ううぅ~・・・とにかく、心当たりはあるぞ!
家についたらすぐ、そこを探して・・・



で、家に着き、すぐさま心当たり・・・居間のテーブルですが
そこに大事っぽい郵便物を束ねて置いてあるのですが
そこに

・・・ありましたよ・・・il||li _| ̄|○ il||li

捜索時間5分・・・

・・・まぁ・・・そのテーブルのその場所って
私のテリトリーみたいなとこでしたから
ダンナも探さなかったんでしょうが・・・

一言、「源泉徴収票が見つからない」と前日
言ってくれたら私はここを探したでしょうに・・・
まぁ・・・こんなとこに、ほかの郵便物と一緒に
源泉徴収票があると気づかず束ねていた自分も
悪いのでしょうが・・・それにしても・・・ダンナ・・・

なんで・・・?
なんで一言聞かないの・・・?私に・・・
ないまま、書類通ると思ってないよねぇ?
二度手間になること、分かってるじゃん・・・

また、車で30分以上かけて行って
あの混んでる会場に並んで
書類ださなきゃなんないのよ?


なんなのこの無駄な時間!無駄なガソリン代!


・・・まぁ、医療費の申請に関しては
問題なさそうなんで、私の役割は終わり
ダンナが今度は一人で行くのでいいのですが・・・

ホント、このチョイ無駄の積み重なりが
私はイラッとするのですよ・・・。


「もう、今日は行かん。明日行く」

と、ダンナ。
ああそうですか、どうぞお好きに。と
イラッとしたものはありますが、

別にね・・・

夫婦二人だけのこの家、(お義母様ショートだし)
相手の耳に障るようなことを言って
気まずくなりたくはないのでね・・・
いちいちこんなことでイラつくのもね・・・と思い
フツーな態度で、フツーに接しておりましたよ。


・・・しかし、翌日!!

とうとう私がブチ切れる事態が勃発!!



すみません!前フリが長くなりましたので
一旦ここまでで・・・

190314

次回がそもそも記したかった
腹立たしい出来事になります~・・・


すみませんが、よろしければ一旦クリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

何かはいつも突然にくるのね。

ようこそ、いらっしゃいませ。

前々回の続きになります。
機械に指を挟んで、
しばらく仕事をお休みさせてもらうことになった私。
その間、また色々考えなおして、再び出した結論は!?



・・・えぇと、結局

仕事を辞めました。

悩みましたけど、やっぱり・・・。


定年まで10年ほど・・・
いまの仕事をちゃんと続けていれば
とりあえずは収入があり
生活に困るってことまではないでしょう。

10年・・・何事もなければね・・・

今回の怪我で思い知ったのは

「人生って何が起こるかわからないんだ」

ってこと。

自分がちゃんとしてるつもりでも
気を引き締めてるつもりでも


昨日も今日も明日も同じような日になるとは
限らず
やっぱり、予期せぬ何かが突然起こるってことは
あるわけで・・・


怪我した当初

「絵が描けなくなっちゃうかもしれない・・・!!」

と泣き、泣きながらもうひとつ浮かんだこと。

「こんなことになるなんて・・・!
こんなことなら、
やっぱり仕事を辞めていればよかった!」


という後悔・・・。

結局怪我は数週間で治るものだったけど
もし、もし もっと大変な怪我だったら・・・
ホントに自分のしたいことが出来なくなるくらいの
ものだったとしたら・・・

そりゃ、会社の方は治療費とかそのほかの
お世話はしてくださったでしょうが
「やりたい事が出来なくなったことの責任をとってくれ」
なんて言えるわけもありません。
誰にも怒りをぶつけられずに
ひとり腐っていったかもしれません。

今回のことで

結局、どの道を選ぶにしろ
自分の人生の責任は自分でとらなきゃいけない。


ってことが50代になって今更にわかったことで・・・。


だったら、もう
「やらなきゃいけないこと」を選ぶより
「やりたいこと」を選んだほうが
失敗しても後悔は前者よりも少ないのではないかと。
自分の性格上、何を選ぶにしろなんらかの後悔は
するのでしょうけど。

前々回の記事に
「何か見えない物のチカラが私の背中を押したのでは」
と記しましたが

その「みえないもの」とは何なのか
神様か仏様か、私の守護霊か
はたまた亡くなったお義父さんか
親戚のおばさんか、ばぁちゃんか・・・
そんなのは自分のとらえ方次第でどうとでも
考えることができましょう。

また、それは「霊的な他者」ではなくて
「自分自身」なのかもしれない、とかともね。

もしかしたら、仕事を辞めない選択をした私を
「無意識の自分」が納得してなかったんじゃないかしら?
結局仕事も続けるという逃げの手を打ちながら、
「これでいいのよ・・・」と言い聞かせている自分に
無意識の自分が
「なんでやりたいことだけを選べないのか!
何故逃げ道を作るのか!」
と、まっしぐらに進もうとしない私に
喝を入れたのではないかとかね。
(かと言って、無意識に自分から機械に指を挟まれにいった
という恐ろしいことは絶対にありませんが!!
ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ)


rainさんのコメントにありましたが
「起きたことそれ自体には意味はない。
どう意味づけるかは自分次第」と。

あれこれと意味付けをしたいのが人間かもしれません。
自分自身に迷いがある時には特に。

でも良いカンジの意味付け、理屈付けをして
なんとかいまの自分の選択を肯定したいというか
納得したいというか、前向きに進む
モチベーションを保つ支えにしたいというかね・・・

なので私は
今回の一連の出来事に、
大いに自分の都合の良い意味付けをして
気持ちがグラつきそうになったときは
その意味付けを思い出して
自分を奮い立たせていこうと思いますよ。

190307

長々としちゃったわ~・・・でもなかなか文章が下手で
アナタにうまく伝えられないんだけど
それでも、お読みくださりありがとう。

それでは、また。


よろしければ、1クリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング

| | コメント (4)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »