« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

月よりの使者が来る前に。

ようこそ、いらっしゃいませ。

月末のやっつけ記事になります。
大急ぎで作成しております。
よろしければ、さくっとお付き合いを・・・!


さて、これまでも何度か記してきた
ワタクシの「月よりの使者」(生理のことね)
あれから、どうなっているか・・・
もうサヨナラしてしまったかというと・・・

そんなことはありませんで・・・!

「不規則」と「周期どおり」を繰り返しながら
まだ来訪がございます。

今回は、その「月よりの使者」来訪前後の
私の精神面の変化をお話したいと思います。短めに。

「月よりの使者」来訪の前日になると私は・・・

何故かとっても行動が機敏に、活動的になるのです!

仕事中も、いつもよりキビキビ動けますし
帰ってからも、すぐに夕飯の支度をやる気をもって
とりかかれます。
で、いつもは夕食後、すぐ眠くなっちゃって
ダラダラするんですが
そうならないんですよ!
機敏に行動し、皿洗いにとっかかれます!
その後内職をして、レンタルDVD一本を
寝落ちせずに観ることができて
その後ブログの作成もできますよ!
気持ちがはやるというか、
「なんかしなくちゃ!」っていう気になるんですよ。
実に内容の濃い一日を過ごせたなと
満足して布団に入ることができるのです・・・

が・・・!

そんな日は、一日のみ・・・。
次の日、使者がやって来ると一転
もうダメダメなのね。
いつものように・・・いや、生理痛がある分
いつもよりもダッラダラになっちゃいます。

不思議なことにいつも生理の前の日だけは
やたらとやる気になれるのです。


(※↓↓6月9日に画の更新しました)
80603

これって、どうなんでしょう?
割とあるあるなことなの?
アナタの月よりの使者来訪前後はどのような
変化がおありでしょうか?

あっ!なんか今日はネットのつながりが悪いのよ!
さっきから、何度も切れたりするの!
ちなみに、SAIの調子もイマイチで
せっかく描いた画が、何故か反転して保存されちゃうのよ!
文字も反転しちゃうので
そんな画をアップするわけにもいかず
またこれから描きなおしよ・・・(;´д`)トホホ…

とりあえず文章のみになりますが
今月もなんとか4記事作成できたということで
お読みくださりありがとう。それでは、また。

大急ぎでバナーを貼りますよ!
よろしければ、大急ぎで1クリックを!
↓↓

絵日記ランキング


ひー!更新しようとしたら、
お義母様がトイレだと言うしー!
月が変わっちゃう前に早く更新ボタンを・・・!
と思ったらまたネットが切れてるしー!
今回は、ホントにてんやわんやの作成でした。
ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
誤字が心配・・・

| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

「別冊花とゆめ」が休刊ですって!?

ようこそ、いらっしゃいませ。

ネットニュースで読んだんですが
「別冊花とゆめ」が5月26日をもって
休刊されるそうですね。

美内すずえ先生、魔夜峰央先生、日渡早紀先生
羅川真里茂先生、河惣益巳先生等・・・

昔、私がずっと買っていた隔週の方の「花とゆめ」に
描かれていた先生方って
現在は「別冊」の方に移ってらっしゃってたのですね。

これからは、系列の同じ雑誌に移られたり
電子書籍の方に移動されたりするそうですが
そんな中、美内すずえ先生の「ガラスの仮面」(現在休載中)
はどうなるのか!?
といった心配の声が多数寄せられたとか。
美内先生は、ご自身のツイッターでは
「必ず最終巻まで書き続けます」と宣言されたそうで・・・。

あぁ~!「花とゆめ」という懐かしいワードに惹かれて
ネットニュースを読みまくってたら
もう、隔週の方の花とゆめを愛読していた
小学校の頃からの思い出がよみがえってきましたよ・・・!


毎日毎日学校に行くのが辛くて仕方がなかったあの頃・・・
それでも、「花とゆめ」が発売される5日と20日を
指折り数えて待つことが支えだったのよ。
「ああ、あと〇日すれば花とゆめが読める!」
実際は発売日の一日前に書店に積まれてるので
学校から戻るとすぐに、買いに走って・・・
部屋に籠って、袋から本を出しページを開くときの
あのドキドキ感ったら・・・!
「ガラスの仮面」も「スケバン刑事」も、そのほかの
連載も全部楽しみだったのですが
あの頃の私にとっての一番は
三原順先生の
「はみだしっ子」シリーズだったんですよぉ!!

あれはもう、別格で特別な作品で!
語ると長くなるのでやめますが
とにかく毎日毎日、繰り返し読んでましたよ・・・
それで、日々乗り切っていたような気がします

あぁ!あと
読者のコーナーとか、漫画家さん達の近況報告が
描かれてあるコーナーとかインタビューとか・・・
漫画雑誌ならではのものがありましたよね。
漫画を描いてらっしゃる先生方が
ちょっと身近に感じられて、うれしいものでした。
漫画雑誌はもう何年も買ったことないけど
こういうコーナーっていまもあるんでしょうねぇ・・・?


現在の隔週の方の「花とゆめ」は、
もう私の知らない作家さんばかりで・・・
多分私の娘くらいの年齢の人たちが
描いていらっしゃるのでしょうね。
そして、その紙の中の世界は
私の子供の頃のように
多感な時期の少女たちの
支えとか拠り所とか夢・憧れにもなっていたりするのでしょう。

80530

※↑↑どうも、今年の話ではないようです!
2016年の話のようですね!スミマセン!(;´Д`A ```

(でも、まだホームページに載ってるって・・・)

なんか色々思い出しちゃったんですが
記してるとキリがないのでこのへんで・・・


お読みくださりありがとう。それでは、また。

あー!私も読んでたわ40数年前の花とゆめ!
という奥様。よろしければ、「懐かしい!」の1クリックを・・・
↓↓


絵日記ランキング


あ、あともうひとつ。
今になって、読みたいなと思うのは
こやのかずこ先生の漫画ですね。
親子の絆・・・をテーマに描かれてらしたのかな
花とゆめを読んでいた頃は私も子供で
「地味なお話・・・」くらいの印象だったんだけど
「シングルファーザーとその娘の話」とか
「厳しく躾をする母親とその息子の話」とか
この年で読むと、グッとくると思うの。
いま、「ああ、こういうシーンあったなぁ~・・・」って
懐かしく思い出せるって、
やはり素敵な漫画だったんだなぁと思います。

| | コメント (4)

2018年5月27日 (日)

モノに囚われた女。

ようこそ、いらっしゃいませ。

前回の続きになります。
「思い出のモノたち」を処理するために
一つ一つ確認作業をしている私に起こった
メンタルの変調とは!?

今回は、ちょっと心模様のグチャグチャな
暗めのお話になりますが
よろしければ、お付き合いを・・・


「開かずの押し入れ」に詰め込まれていた
子供関係のモノたち。
写真や図画工作・プリントや成績表
落書きや文集等々・・・
それらを一つ一つ確認しているうちに・・・

なぜかしら・・・

鬱々とした重苦しいような
胸にグッとくるような泣きたくなるような
妙な気分になってきましてね・・・


子供らの幼き頃の写真を眺めて
「あらあら、この頃は可愛かったわねぇ~」
と、目を細めて懐かしさにほっこりする・・・
確かにそういう感情も沸きますが

でもさぁ~・・・
思い出って、楽しいものばっかでもないじゃないですか

写真にはあどけなく笑っているようでも
その実、この頃・あの頃、いろんな感情があったのでは
ないかとかを・・・

うぅん・・・なんといいますか・・・
うまく言葉にできないんだけど・・・


幼き日の子供たちがその時期・その時期に多分
いろんなことで悩んだり、苦しんだり
してきたんだろうと
でも、私は彼らの親として、頼れる存在でも
寄り添えるような存在でもなかったんではないかとか
彼らが抱える本当の悩みを知らずに
見当違いな接し方をして
自己満足していたのではないかとか
あぁ、いまこの頃に戻れたら
もっとましな接し方ができたかもしれない
いや、やっぱり同じことを繰り返すかもしれない
ただ、子供の頃のいろんな時期のいろんなモノを通して
思い出すあんなことやこんなことに胸が締め付けられたり
いま考えてもどうしようもないことを
取り留めなく考えて、気分が落ちてしまうのです・・・

なので、この気持ちに耐えられなくなり
「もう、片付ける気力がねぇわ・・・」
となり、
GWが終わり、次の休日・また次の休日になっても
「片付けなければ・・・」とは思うのですが
なんか考えるだけで、げんなりとするのですよ・・・

この「思い出のモノ」を介して引き出された私のこの感情に
私自身がまだ囚われており
夜な夜な、鬱々としてしまいなかなか寝付けず
枕を涙で濡らしておりますよ・・・
(夕食後の座椅子で寝落ちは秒速なのに・・・)

こんな感情は更年期だからなのかしら?
もう少し年を取ると、昔の思い出は
懐かしいもの、胸が暖かくなるようなものだけに
なっていくものなのかしら?
とにかく、みていて辛くなるモノたちなら
もう、スパッと捨ててしまうのがよいのかしら?
でも、忘れることはいけないことなのかしら?
私の後悔を忘れないように、モノたちは
とっておくべきなのかしら?

あぁ~!!わからない!!
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


開かずの押し入れの状態のように
私の心も整理がつかずにグッチャグチャでございますよ。


・・・すみませんねぇ・・・わけのわからない話で・・・
でも、あの、なんか自分でも読んでみると
「一体ふるまんは若いころ子供たちに
どんな酷い事をしていたのだ!?」と思われそうですが
あの、
虐待とかそういうことでは絶対ありませんので、
それだけは思わないでくだされば・・・

80525

グチャグチャな話をお読みくださりありがとう。
それでは、また。

「そうね~片付けてるうちに、色々脱線するわ~」
という奥様。よろしければ、1クリックを・・・
↓↓


絵日記ランキング


今回のタイトルもじりは
「月に囚われた男」(2009年 イギリス)
地球に必要なエネルギー源を採掘するために、
ひとり月基地に滞在する男性。
けど、なんか奇妙なことが起こってくるよ・・・?
「えっ・・・?これ、どういうこと・・・?」
月基地に隠された秘密・・・男の悲しく恐ろしい運命を描く
SFスリラー。
この作品が初監督となるダンカン・ジョーンズは
デビッド・ボウイの息子さんらしいですよ!奥さん!
私もレンタルで数年前に観ました。
スリラーってなってるけど、ドキドキするような怖さは
それほどなかったような・・・?でも切ないのよ・・・。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

片付けを阻むものたち。

ようこそ、いらっしゃいませ。

GW終わってしまいましたが(とっくにね)
アナタは楽しくお過ごしでいらっしゃいましたか?
私はと言えば、なんともげんなりするような
お休みでございました。
そして、そのげんなりは現在も続いておりますよ・・・
というお話。
よろしければ、お付き合いを。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


部屋が・・・2階の部屋が・・・!あああ・・・!

片付かないんですよおぉ!!
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


息子の部屋と、階段上がったところの
ちょっと広めの空間が
私らの寝室を片付けた余波で
どえらいことになっているというのは
以前の記事でお話いたしましたが

結局、息子がGWに帰ってくるまでに
片付けることかなわず
息子には仏間に布団をひいて寝てもらってました。
息子は4日には帰って行ったので
その日の夕方から5・6日と掃除を決行。
もちろんダンナと二人の共同作業ですよ。

しかし・・・

片付かない!

というのも、実は片付けてた場所が
また、寝室なのですよ。
キレイにしたはずの寝室。何故またそこの片づけなのか!?

実はですね、寝室にはもう何年も手を付けてない
「開かずの押し入れ」があり
今回、そこのいらんもんも
徹底的に捨てて、スッキリさせた後に
寝室の外に溜まっている、捨てない物・必要な物を
入れこもうと計画したからなのです。

しかし、いざそこを開けて
詰め込まれていたものと対峙すると・・・
もう・・・あれもこれも、
簡単に処理できない難物ぞろいなんですよ・・・

一体何が入っているのか・・・

とても、とても重い荷物でございます。

そう・・・

「思い出」という名の・・・

子供らの赤ん坊の頃から学生時代の頃のあれこれ。
ダンナのマラソン関係の色々。
私がこちらに嫁いでくるとき、実家においておくのが
なんなので持ってきた物などなど・・・。

まぁ、ダンナ関係はダンナに処理させるのでいいんですが
やっぱ、子供関係と自分自身のものはなかなか・・・
昔の私は、いまよりもモノが捨てられない人間で
例えば、子供らが保育園・小学校の頃に配られた
プリント一枚でもなかなか捨てられない・・・
で、そういうものをちゃんと整理してとっておくかと言えば
そういうわけではなく、とにかく溜まれば紙袋につめこんで
押し入れにつっこんでおく・・・と、それを繰り返して
数年間・・・
そんな紙袋に入ったプリント類や
その他の思い出の品々等
それらを今回、一枚・一枚、一品・一品
確認して処理する・・・かどうかを判別するという
気の遠くなる作業をしていたのですよ・・・
そして、それらがいまだに終わらず
難儀をしております・・・。

80519

で、それらの作業をしていると
私のメンタルが変調をきたしてくるのですが
それはまた次回の記事で。

お読みくださりありがとう。それでは、また。

よろしければ、
「わかるわ~!思い出のモノってなかなか処理できないのよね~」
と、同意してくださるアナタ。よろしければ、覚悟を決めて「エイッ!」と
捨てるような1クリックを・・・
↓↓

絵日記ランキング


アナタはどうしてらっしゃいます?
思い出まみれの捨てられないモノたちを・・・

| | コメント (4)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »