« 介護劇場(前編) | トップページ | 「休日頭痛」!? »

2017年5月27日 (土)

介護劇場(後編)

ようこそ、いらっしゃいませ。


前回の続きで
ディに行きたがらないお義母様を
説得しようとするところです。


私は、車いすのお義母様の傍にしゃがむと
お義母様と視線を合わせ
真剣な面持ちで問いかけます。

「・・・お義母さん。ディサービスに行きたくないとなると
施設に行ってもらわにゃならなくなるけど
その方がいいかな?」


「何な?」

「今のように、朝から夕方までディサービスに行って
夕方家に戻ってくる生活と
〇〇さんや、△△さんのように
施設に行ったまま、そちらの介護士さんに
ずっとお世話してもらうのと、
お義母さんはどちらがいい?」


「・・・そんな、わっちゃ家から出たこたねぇで
そんなのはわからんが・・・」


「多分施設では、
お義母さんの好きに過ごさせてくれると思うよ。
ずっと寝ていたければ寝て、
ぼーっとしていたければしてても
お食事とかお風呂とかトイレのお世話はしてくれるでしょう。
ディのように、みんなとゲームしたりとか頭の体操したりとか
そういうことは、しないと思うよ。
けど、お義母さん。
ディだと、お義母さんは知らない人達といるのが気を遣うから
イヤなのかもしれんけど、夜はこの家に戻って
安気に過ごせるよ。
私もできるうちはお義母さんのお世話をするし。
とにかくね、お義母さん。
いまは、もうどっちかを選ばなきゃならんのよ。
お義母さんは、ただずっと家におりたいんでしょうけど
それはできんのよ。
お義母さんのような人を、ひとりで家においておく
わけにはいかんことになってるのよ。
どうしても、家にいたいとなると
私が仕事を辞めて、
昼もお義母さんのお世話をってことになるけど
ウチの生活のこともあるから
仕事はどうしても辞められんのよ。
ダンナさん(実際は名前で呼んでます)と私は
毎日仕事に行って
お義母さんも仕事だと思ってディに行って
夕方はみんなこの家に帰ってくるって
そういう風ではイカンかな?
お義母さんがディに行きたくないのはわかるよ。
だから、辛抱して行ってもらうのは
ホントに申し訳ないけど
どうかお願いだから、今日もディに行ってくれんかな」


・・・話を少し大袈裟にしてるとこもあるけど
まぁ大体こんなようなことを
声を荒げず、低姿勢で、訴えるように話をしましたよ。
長々とまるで橋田寿賀子のドラマのように・・・
喋っているとだんだん気持ちが入ってきて
声が心なしか震えて、
まるで泣くのをこらえているかのよう。
気分はもう、泉ピン子ですわ。

さぁ、言うべきことは言ったわ!
わかってちょうだい、お義母様!!


話し終え、お義母様の顔を見つめる私。


・・・と、お義母様はなんと・・・!


「わっちゃ、もう なんもわからん!
知らん!
わっちゃもう、死んでまいてぇ!
こんな 人に迷惑かけてまで、
生きていとぉもねぇ!!」


と、机に突っ伏して
オイオイ泣き出すじゃありませんか!!
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!


いやいやいや!ちょちょちょ お・お義母様!?
生きるだ死ぬだ迷惑だとか、そういうことじゃなく・・・

あぁもぉ!めんどくせぇお人じゃなっ!!

・・・そういう気持ちを抑えつつ
なんとかなだめようとしているとそこへ

ディサービスのお迎えが到着!

「お・お義母さん。ディさんのお迎えが来たよ。
行こう、ね」


車いすを引いて
お義母様を机からずるずると引きはがし
玄関まで連れて行くと

「おはようございまーす!・・・あら・・・」

入ってきたスタッフさんが
すすり泣くお義母様を見て、怪訝な顔を・・・

「あっ・あの、今日は気分がちょっと沈みがちで・・・」

言い訳する私。

ち・違うのよ!?
姑イジメじゃないですよ!?
老人虐待じゃないですよ!??
お願い!私を疑わないでくださいよ!
スタッフさん!!
わ・私は何も・・・ホントよ!ホントなのよ~~!!


心の中で訴えながら
スタッフさんがお義母様を優しくなだめながら
車いすに乗せ換える様子を見ている私。

お義母様は泣きながらも、いつも通り
おとなしく連れられて行きましたよ・・・。

70527

・・・くそぅ・・・
自分の泉ピン子ばりの演技に酔っていたら
この有様・・・。
結局、認知症の人に長々とした説得は
こちらの態度がどうであれ
混乱させるだけなのね・・・

「認知症のお年寄りに、長々とした説得は禁物」

また、新たな教訓を胸に刻みこんだ
ある朝の出来事でございました。


・・・お読みくださりありがとう。それでは、また。

図らずも、お姑さんを泣かせたことのある奥様
よろしければ、
「大丈夫。誰も老人イジメとは思っていないわよ」
と、私を慰めてくださるようなクリックを・・・
↓↓


絵日記 ブログランキングへ

タイトルもじりではないんだけど「劇場」つながりで。
ピースの又吉直樹君の2作目「劇場」を買ったのだけど
まだ、読めていないのですよ。(;´д`)トホホ…
読みたい小説って、
体調が万全の時に読みたいじゃないですか。
あと、家事の合間・合間に読むのもヤじゃないですか。
静かな部屋で数時間、通しで読みたいじゃないですか。
そう考えると、主婦ってなかなか本一冊も読むことも
難しいものなのね・・・
老眼で、文字を読むのがつらくなってきてる50代主婦の
言い訳じゃないのよ・・・多分・・・

|

« 介護劇場(前編) | トップページ | 「休日頭痛」!? »

介護カフェ」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい‼︎
ものすごく 感心しました(´⊙ω⊙`)
なるほど そうだよね そうだよね
‥‥でも 義母様には 伝わらないか〜〜(笑)
いや でも すごく 素晴らしい理論だ
うんうんと 感心しました

私は 眠る前に だけ‼︎本を読みます
眼鏡外して 裸眼で
眠くなったら 速攻寝るので 少しづつしか読めないけど(笑)

↑これね 結構 気に入ってる習慣なんですが 本屋でも眠くなるのが ガンです(笑)

投稿: 美香子 | 2017年5月29日 (月) 23時12分

>美香子さん
伝わりませんねぇ~~・・・まぁ、しゃあないですわ・・・
でも、ホント、私がイジワルして
泣かせたと思われてるのではと、
ドキドキしちゃいます(;´д`)トホホ…

好きな本を読みながら眠りにつく・・・
いいですね~!
私は続きが気になって、
逆に目が冴えてしまうかも・・・?
昼間は、夢中になると
家事そっちのけになりそうだし、
小説の世界に入り込み過ぎて、
現実に戻るとなんかげんなりしちゃったりして・・・
だから、読みたいのに
読むのを躊躇しちゃうのかなぁ~・・・?
いや、ホントに老眼だからとかそういうことでは・・・

投稿: ふるまん | 2017年5月31日 (水) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 介護劇場(前編) | トップページ | 「休日頭痛」!? »