« さよならテール。 | トップページ | 時の流れの切なさに。(前編) »

2017年4月23日 (日)

こんなキモチ知らなかったのに!

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、あの・・・しつこいようですが
また私の携帯電話についてのお話になります。
無理にとは言いませんが、お付き合い下されば・・・


ホントにしつこいんですが
私、まだ新ガラケーにするかスマホにするか迷っていて
現在も、ボロボロのガラケーを使い続けております。

ダンナからは

「オマエはまだ新しいのに替えんのか」

と、度々言われますが

「え・うん、だってホラ、
この時期たぶんお店も混んでるだろうし・・・」


とかなんとか、ゴニョゴニョ言い訳しております。

でもまぁ、新ガラケーにするだろうかなぁ~・・・と
決めかけていたある日のこと

実家へ行くことになりましてね。

盆も正月も行けてなかったので
ちょっと一日。5時間程度の滞在ですが
まぁ、その話はまた別でするとして

その実家までの道中の話ですわ。

電車に乗りましょう?
するとですね、車内の乗客の皆さま
構っているのは、ほぼスマホなんですよ!

若者たちならまだしも
私より年配と思われるご婦人も
席に座って、
手慣れた様子でスマホの画面をシャッシャとやってる!
あっちでも、こっちでも
多分やってることは、皆それぞれなんだろうけど
もってる携帯は、やっぱりスマホ!なんですよ!!

くうぅ・・・!スマホの普及率、恐るべし・・・!!

そんな中、私はガラケーを取り出し
姉にメールを送らねばなりません。
”今、〇〇駅から快速に乗りました”と。

・・・いままでそれほど、こんな気持ちになったことは
なかったんだけど・・・

なんか・・・恥ずい・・・((ノ)゚ω(ヾ))

二つ折りガラケーを、パカッと開けるのが!

皆が画面をシャッシャとする中、
私はピッピとボタンを押すのが!

ガラケーをパタン・・・と閉じるのが!

そして、

シャラララ~~ン♪
ユー・ガッタ・メール!ユー・ガッタ・メール!
シャラララ~~ン♪


と、音声で返信のお知らせが来ることが!!

!いや、ちょっと待ってよ!!Σ(゚д゚;)
ちゃんとマナーモードにしてたじゃんっ!
なんで音声が車内に響き渡っちゃうの!?
おかしいじゃんっ!!
えっ!?
いつの間にか普通モードに切り替わってるっ!?
誤作動起こしたの!?古いから!?
それとも、何かの陰謀!?
こうして恥をかかせることにより
スマホに移行させようとする何か
強大な力が働いているのか!?(ないだろ!)


70423

・・・まぁ、それは考えすぎでしょうが
でも、人がスマホに切り替える決断をするのは
「ガラケーでいることの恥ずかしさ」
という理由が、
ひょっとしたら結構上位になるのではないか・・・?

と、ふと思ったことでした。

むぅ・・・スマホにするかもしれん・・・
もうちょっと考えるけど・・・


そう!私もその理由でスマホに替えたのよ!という奥様も
いや!私は利便性を考えて替えたのよ!という奥様も
よろしければ、ガラケーのボタンを懐かしむようなクリックを・・・
↓↓


絵日記 ブログランキングへ

でも、実家じゃ皆ガラケーだからなぁ~・・・
母に至っては、携帯持ってもおらんから
いまだに公衆電話でテレホンカードを使うという・・・

|

« さよならテール。 | トップページ | 時の流れの切なさに。(前編) »

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

わはは〜〜(*≧∀≦*)
ほらほら〜‼︎巨大な力で導かれてるんですねー(笑)
そういえば パカッとするの最近 見てない
多分 その音が聞こえたら 我を忘れて ガン見しちゃう(笑)
それか 二度見する(笑)
私も かなりの抵抗感を感じながら 変えましたよ〜(^。^)
まだまだ 新しい事に尻込みする年齢に なりたくない ←これが最終的な動機です
↑これは 肉体的にではなく精神的にね

♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪ ファイト〜!

投稿: 美香子 | 2017年4月24日 (月) 00時18分

>美香子さん
ホントに周りは誰もかれもがスマホです・・・。
私は、ガラケーをパカッと開けながらも
”で・でも私はi-Padも持っているんですよ!?”と
心の中では周囲にアピールしてます。
なかなかそちらも、
使い方を覚えようとしないんですけどね~。
新しい事に、ことごとく尻込みする私・・・
私の場合は年齢的なものではなく、性格的なものと思われます。
石橋を叩いても叩いても渡れない~つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
スマホの道は遠い気がするわ~・・・。

投稿: ふるまん | 2017年4月26日 (水) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよならテール。 | トップページ | 時の流れの切なさに。(前編) »