« シランガナ。 | トップページ | 彼と私の感じる温度。 »

2016年3月15日 (火)

プリシラについては語りたい。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、映画のご紹介をひとつ。
よろしければ、お付き合いを。


この頃、気候のせいか、
ちょっと気持ちが疲れ気味になって
もう、仕事も家事も介護も
するのがなんだかしんどいわ~・・・
ってカンジになってましてね

「あ~・・・癒されてぇわ・・・
癒されるDVDを鑑賞してぇわ・・・」


という気分でレンタル屋さんに入り、手に取ったのはこれ

「プリシラ」(1994年 オーストラリア映画)
主人公のドラァグ・クイーンがショウの依頼を受け
2人の仲間と共に、都会シドニーから、目的地の
砂漠の真ん中にあるリゾート施設まで3000キロを
中古バス・プリシラ号で旅するというロードムービーもの。



借りるのは今回2回目なんだけど

あの、彼女らのステージが頭に浮かんで
もう一度観たいと思ったんですよ。
特に、冒頭で主人公ミッチが
シャーリーンの「愛はかげろうのように」に合わせて
(口パクで)歌うシーンがすごく良くってね。
あの歌のメロディーは、有名で私でも知ってたんだけど
歌詞は英語だから全然わかんなかったのね。
でも、字幕読んでたら
「まぁ・・・なんて深い意味が・・・」って
ジーンときちゃいます。

”♪パラダイスには行ったけど 
   本当の自分は見つからない”



あとはもう、3人のドラァグ・クイーンぶりが
圧巻でほれぼれしますよ。

この旅の目的は”リゾート地でのショウ”
・・・なんだけど、そこで待つのは実は・・・と
仲間に言い出せない秘密を持ってる
主人公ミッチ(=ヒューゴ・ウィーヴィング)。
若い恋人を亡くしたばかりの
傷心の年配ドラァグ・クイーン ベルナデットは
都会を離れ、運気を変えようとこの旅に参加。
(=テレンス・スタンプ)。
とにかくテンション高く、
明るいおふざけキャラのフェリシア(=ガイ・ピアーズ)。
キングズ・キャニオンの
てっぺんにドレスを着て立つ夢があり
それをかなえるため旅に加わる。

都会と違って、道中立ち寄る田舎町では
偏見や差別の目で見られる彼女たち。
傷ついたり、たくましく切り抜けたりする中で
理解を示す人との出会いもあったり
3人の絆も深まったり・・・と
楽しめて 切なくなって 後味スッキリの映画ですよ。


で、この作品のどこが、どれだけ素晴らしいのかと
いうことを詳しく語りたいのですが・・・

・・・やっぱ、私の拙い文章では語りきれないので
やめときます。

なので、
「今回3人の中で私が注目したドラァグ・クィーンは
フェリシアだったのよ」
というお話をさせていただきます。

ホントに彼女はおバカでかわいいキャラなんですよ。
なんたって
”命の次に大事な宝物”というのが
昔、ABBAのコンサートに行った時、楽屋に忍び込んで
手に入れたという・・・
↓↓
308
ABBAのウ〇コ・・・らしいです。

そんな子ではあるんですが
田舎町でプリシラ号にデカデカと悪口書かれても
ミッチ達がヘコんでいる中、ペンキを買いに行き
後に、一人でバスをラベンダー色に塗り替えたり
砂漠の真ん中でエンジントラブル起こして立ち往生したときも
救助信号替わりに、ダ〇チワイフ(?)にヒラヒラドレス着せて
凧にして揚げたりと、
なかなかタフなアイディア・ウーマンでもありますよ。
でも、またある町では悪ふざけが過ぎて、
男達を怒らせちゃって
痛い目にあいそうな場面も・・・
間一髪でベルナデッドらに助けられるんだけど
底抜けの明るいキャラに見えても、やはり
胸には色々抱えているものがあったのね・・・と
しょげてる彼女にもキュンとしちゃいます。


そして、特に私が萌え萌えしてしまった場面がこちら。
↓↓
312

なんか、小物の使い方でも
生き様が表されてるというか・・・?
いや~、カワイイ カワイイわ~・・・!

・・・と、フェリシアばかりをベタ褒めしちゃったのだけど
他の二人についても言いたいんですよ
ミッチのタバコ吸いながら、お裁縫する姿にもキュンときたり
ベルナデッドの女っぽさ・凛とした強さ・上品さにほれぼれしたり
(テレンス・スタンプってこの時 50代かな・・・すごい・・・)
けど、長々しちゃうのでね。このへんで・・・。

とにかく、1週間レンタルの間
繰り返し観ましたよ。ショウの場面を特に。
観終わって、癒されて
”さぁ 明日もまた仕事やら色々頑張るか”って
気になりますね。

欲を言えば日本語吹き替えもあったらよかったなぁ~
日本語字幕のみなのよ。
あと、ブルーレイの特典映像には
日本語字幕さえ ついてないのよ!これも残念!

でも、手元に置いておきたい映画なので
ブルーレイ・・・買っちゃうかも~

・・・というわけで、どれだけアナタに伝えられたのか
わかりませんが
「プリシラ面白かったよ」というお知らせの記事でした。

お読みくださりありがとう。それでは、また。


よろしければ ヒールで踏みつけるようなクリックを・・・
↓↓


絵日記 ブログランキングへ

・・・ミッチのメイク顔が時々 松島トモ子さんに見えるのよ・・・
砂漠にはライオンがいないからよかったね(何が!?)

|

« シランガナ。 | トップページ | 彼と私の感じる温度。 »

映画カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シランガナ。 | トップページ | 彼と私の感じる温度。 »