« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月19日 (金)

シランガナ。

ようこそ、いらっしゃいませ。


今回は、私 介護生活を続けるうちに
なんかひょっとして
特殊能力が開花しちゃったんじゃないの!?
いや、それとも・・・?
・・・という、お話を。


夜中のトイレ介助のことですよ。

・・・実は・・・この頃

お義母様の目覚めるタイミングと
同じに私も目覚めることができるのです!


いつも、お義母様はベッドで
私はその横で布団を敷いて寝ているのですが
この特殊能力のおかげか
お義母様がごそごそとベッドから降りようとする前に
同時に目覚めていた私は、速やかに起きて
お義母様のベッド傍まで車イスを運び
そのまま乗せて
トイレに直行する、という
流れるような作業が可能になったのですね。

以前は、
お義母様がベッドから降りてしまうまで気付かなかったり
ひどいときは、ベッドから降りて
そのままお尻でトイレまでいざって行ってしまうまで
寝てしまっていた・・・ってこともありましたからね
(廊下で私を呼ぶお義母様の声に気づいて
あわあわと目を覚ますという・・・)

それが今じゃどうだい!
完璧なトイレ介助!


いや~、すごいわ我ながら・・・

って、自分のこの発現した能力に感心していたのですが
ひとつ気になることは・・・

実は目を覚ますと・・・
私の膀胱の蓄尿率もけっこうな具合になっていて・・・
お義母様のトイレを済ませた後
自分もトイレで用を足す・・・という

以前は、夜中のトイレなんて行くことはなかったのに・・・
これは・・・どう考えたらよかろうか・・・

尿の溜まり具合まで、被介護者とシンクロしてしまう
介護人あるあるの特殊能力!?
それとも、同時に目覚めるというのは単に偶然で
50代主婦の、老化による頻尿のはじまり!?
えっ・ど・どうなんでしょうね、奥様!
ひょっとして私、これからお義母様よりも
夜中のトイレ回数が増えちゃったりするの!?
そ・そんなことないわよね!?
これって介護人の特殊能力よね!?
ねえっ!奥様、これって(以下略)

・・・今回のタイトルもじりは
現在放映中の堀北真希ちゃん主演のドラマ
「ヒガンバナ」より

216

お読みくださり、ありがとう。それでは、また。


特殊能力でも、老化の頻尿でも
どっちでもいいわのクリックを、よろしければ・・・
↓↓

絵日記 ブログランキングへ

| | コメント (2)

2016年2月12日 (金)

ぼろぼろな駄朝。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、高村光太郎の詩「ぼろぼろな駝鳥」もじりから。



「ぼろぼろな駄朝」

何が面白くて朝アニメを切るのだ

情報番組2時間10分の生放送の中では

1分尺アニメの扱いが ぞんざいすぎるぢゃないか

「本日休止」ならテロップ出さねば 

待ち時間があんまり無駄すぎるぢゃないか

朝のこぜわしい主婦に 

これでは予定が乱れるぢゃないか

衝撃ニュースが入れば 報道も延びるだろうが

50代主婦の目は 

左上の時報ばかりみているぢゃないか

身も世もない様に 焦れているぢゃないか

枡アナが今にも

「それでは、次は朝アニメです」というのを

待ち構えているぢゃないか

主婦の小さな白髪まじりの頭が 

いやな予感で逆まいているぢゃないか 

「moco’sキッチン」のコーナー予告が

流れだしたぢゃないか

”これじゃもう ドロンジョやんないぢゃないか!!”

ZIP!よ

もう止せ こんな事は



・・・・・・えぇと、これは
現在、連日報道されている
あの有名元野球選手のあの衝撃ニュース!
が、出たばかりのころの朝の情報番組「ZIP!」
その報道に押されて、私の朝のお楽しみ
1分アニメ「グッドモーニング!!!ドロンジョ」が
ばっさり切られてしまったという
やり場のない憤りがこめられております。

”やんないならやんないって言ってよ、もー!!
7時48分から、洗濯干し一旦切り上げて
テレビ前で待機してたのに!
主婦の朝は忙しいのよ!
無駄になった5分間返してよっ!”

212

それから結局、
分刻みの朝のスケジュールがぼろぼろになり
洗濯物が半分干せずに
出勤せねばならなかったという・・・
そんな朝でしたよ、というお話でした。

お読みくださりありがとう。それでは、また。


「ぼろぼろな駝鳥」学校で習ったわ!というアナタ。
よろしければ「懐かしい!」のクリックを・・・
↓↓


絵日記 ブログランキングへ

・・・もう少し早起きすればいいぢゃないか・・・と
我ながら思うんだけど・・・できねぇ・・・

| | コメント (6)

2016年2月 2日 (火)

ある意味脳トレアニメ。

ようこそ、いらっしゃいませ。

いまって、アニメ「おそ松さん」が好評らしいですね。
これは、あの赤塚不二夫先生の代表作「おそ松くん」の
六つ子たちを大人バージョンにしたもの。(20代だろうね)
これを娘がハマってまして
録画したものを夕食時に観るのが
火曜日の日課になっております。

私、昔の「おそ松くん」はアニメも漫画もそれほど
見てはいなかったんだけど
脇役のイヤミとかチビ太のほうが有名で
これは私でも知ってますよ。
6つ子たちは・・・なんか
おんなじ顔の子たちがガチャガチャ動いてるだけっていう
印象しかなかったなぁ~
あんまりそれぞれの個性とか、なかったんだよね?昔は。

それが、いまのこの「おそ松さん」。
ひとりひとりにちゃんと個性があってね。
内容もちょっと大人向けっぽくしてありますよ。
(深夜アニメだしね)

でもね、私はじめのうちは
誰が誰やらわからなかったんですよ。
わかろうとも思わなかったし。
ただ流れているから見てただけってカンジなんだけど
あんまり娘が

「トド松がどうのこうの」
だの
「カラ松やべぇ」
だの

区別がついてる風で話すもんだから
私、内心

”すげぇな・・・若者・・・”

と、娘の人物認識能力の高さに感心したのですよ・・・。

実は私、アニメだけでなく
映画でも、日常生活でも、人の顔と名前を覚えるのが
かなり苦手で・・・
だからDVD観てても

「え!?あの人とあの人、同一人物じゃないの?」
とか
「え!?その名前の人って誰だったっけ?」
って、よく混乱して話の流れがおかしくなることも度々・・・。

それで、娘と私の「おそ松」さんの観方の違いにハッとして

「自分はこのままボ~ッとみててはイカンな
積極的に人の顔と名前を覚えるように意識せんと!」


と気づきまして
おそ松六兄弟の顔と名前と性格を
まずネットで調べて覚えることにしましたよ!

「えっと・・・おそ松は一番上の子でイメージカラーは赤。
性格は・・・・・・で、二番目はカラ松でカラーは青で
性格が・・・・・・三番目は・・・」


ってな調子で、割と真剣に覚えましたよ。
普段、いかに

”だんだんと自然に覚えてくるものだろう・・・”

って受け身感覚でいたことか・・・
覚えるのが「苦手」ってより
覚えようとする「意識が低い」・・・だったのかもね・・・

さて、そして六つ子の区別がはっきりついたところで
実践・・・!
火曜日夕食時の録画視聴に挑戦するわけです。
オープニングから、食い入るように観て、心の中で

”あれはチョロ松!?あれは一松!・・・あれは十四松!”
と、確認し、
”よし、覚えているわ・・・”
と、ひとり満悦し

しかし、ストーリーに入ってから、また混乱しだすという・・・

201

これって50代にとってはなかなかの
「認知症予防アニメ」なのではないかと思っているよ。

でも、私は六つ子の性格・名前がどうこうより前に
彼らが全員フリーターであり
全員実家に両親とともに生活しており
経済的自立をしてないということが衝撃で
「母親の精神的疲労はハンパないんじゃないか」と
そっちのほうが気になってたのよね。
誰かひとりでも就職して
親に楽させたれよ・・・と、心ひそかに思うのよ・・・

そして、また火曜日・夕食時。
飯の味がわからなくなりそうな
頭を使うアニメ視聴がはじまるのである・・・。

・・・お読みくださりありがとう。それでは、また。



おそ松さんって、単純な顔立ちなとこも
人気なんじゃないかなぁ?
50代の私も、そらで描けるよ。ほら。
22
あれ?変・・・。

・・・似てるよ!と思ってくださったアナタも
ヘタクソ!と思われたアナタも
よろしければチャレンジしたことを
認めてくださるようなクリックを・・・
↓↓

絵日記 ブログランキングへ

ちなみにチョロ松ね。(わかるか!)

| | コメント (2)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »