« 母と息子と孫の手と。 | トップページ | 病院までの長い道のり ふたたび。 »

2015年5月31日 (日)

愚捻(ぐね)る!

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回も、まぁ些細なネタですが
よろしければおつきあいを・・・



夕食後、なんかすっごく眠くなったので
ダンナに

「ゴメン。あっちの部屋でちょっとだけ寝るから
お義母さんお願い」

と、断りをいれて私は居間を出、
パソコン部屋にある座イスに転がり寝る体勢をとりました。

”お義母様はさっきトイレに連れて行ったばかりだし
2時間くらいは大丈夫なはず。
ダンナと一緒に、
居間でこたつに入ってテレビを見てくれてるだろう。”

そう考えるか考えないうちに、眠りの中へ・・・


しばらくすると・・・

なにやら遠くの方で、お義母様の声が・・・聞こえる・・・?
ぼやけた私の耳に、ダンナを呼ぶお義母様の声が・・・

あっ・・・、お義母様は廊下にいるのだ。
トイレに行こうと、自分でズリズリと(オシリで)移動してったのだ。
そして、廊下のライトのスイッチに手が届かないので
ダンナを呼んでいるのだ。
ああ早く・・・ダンナ、早く気付いて行ってあげてよ・・・!


半分寝惚けた頭で、そう思いながらお義母様の声を
聞いているのだが
いつまでたってもダンナが行ってやる気配がない!

チイィッ!!奴め!!
また居間でダラ寝かいっ!!


私もうムカッ!ときまして、座イスからガバ!と起き上がると
お義母様のもとへ行こうと
足を一歩踏み出しましたよ!!

しかし!!二歩目が・・・!??

ぐにゃり・・・!!

妙な感覚。足の平が畳につかずに、足の甲がついたカンジ?
私一瞬のけぞって、そのまま前につんのめってバターン!!

529

・・・寝てた時にね・・・足を交差させてたのですね・・・
で、下になってた右の足がしびれてたようです。
頭も体も半分寝てたもんで
右足がマヒしてたのに気付かなかったのですね・・・

痛い痛い痛いいいいィィ・・・!!

しばらくつっぷしたまま痛さで動けない私。
しかし、それでもダンナを呼び続けるお義母様!
しかし、それでも起きないダンナ!!

仕方ないので、痛さと戦い
四つん這いでハイハイしながら
お義母様のもとへ向かう私・・・

「あぁふるまんちゃん。わっちゃ、トイレに行かしと思って
来たんじゃが、電気に手が届かんで呼ばったんじゃが・・・」


あの・・・お義母様・・・その前に何か言うことは・・・?
どうしたのか?とか、大丈夫か?とか
この私の様子を見て、そのような言葉は出てきませんの・・・?


・・・無理なようですね・・・


私は、手を伸ばしてライトのスイッチを入れましたよ。

そして
大人ふたりが、一人はオシリでずり移動
もう一人は四つん這いでハイハイ移動しながら
トイレを目指します。

トイレの前に来ると、さて、私はお義母様を抱え上げ
便座に座らせねばなりません。

・・・立てるのか・・・?私・・・

私、そろそろとグネった方の足を床に着け
グッと踏みしめてみると・・・

痛い・・・!痛いながらも・・・なんとか・・・立て・・・そう・・・
よし、このままお義母様の後ろ両脇から腕を差し入れ
一気に起立ーーー!!


うおおぉぉ!痛ぇ!痛えぇぇーーー!!

心の中で叫びながらも、
なんとかお義母様を便座に座らせることができましたよ・・・




とりあえず、折れてはいなかったし、
まぁ軽い捻挫というところでしょうね。
自分の高めの骨密度に感謝ですよ。


あぁけど、ホント折れてたらどうしようかと思った。
お義母様のお世話をどうしよう。
ダンナと娘でなんとかできるのか?
それともショートスティをお願いできるか?
とか、色々と考えましたよ。


でも、実は あの足をグネって倒れ込んだとき
真っ先に頭に思い浮かんだことは

俳優・大和田伸也さんのことですかね!

あのダウンタウンの「笑ってはいけない」で
何年か前に出演されたとき
バスから降りしな、見事に足をグネられて
痛さで顔をしかめながらも
ちゃんと二本足で去っていかれたあの場面を思い出しましたよ。
あんな足のグネり方をしてもなお倒れずに・・・
俳優さんってすごいなぁ~~・・・
あの時は、そんな彼の姿を腹抱えて笑ってしまったのだけど
数年経った今頃、大笑いしたバチが当たってしまったのかと
うっすら思いましたよ。
あの時、尿漏れするかと思うくらい笑っちゃって
ごめんなさい。大和田伸也さん!
あぁ、でもまた観ると多分笑ってしまうのだろうなぁ・・・


足は現在でもまだ少し痛みますが
介護に支障なく過ごせております・・・・・・

お読みくださりありがとう。それでは、また。


「グネる」って言い方、関西の方言なんですかね?
この番組で初めて聞いて
「捻る(ひねる)」とか」「挫く(くじく)」って言い方よりも
さらにひどい足の曲がり具合と
痛みのひどさが感じられる言葉だなぁと
なんか感心したのも思い出しました。
(大和田さんの あの姿をみるからにね・・・)
グネりの痛みを知るアナタ。よろしければ・・・
↓↓


絵日記 ブログランキングへ

|

« 母と息子と孫の手と。 | トップページ | 病院までの長い道のり ふたたび。 »

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

拝啓ふるまん様
物凄いぐねりの真っ最中に 大和田伸也を思い出すとは!笑いました
因みに北海道でも「ぐねる」と言います(笑)我が娘もぐねり易いのです(ペタンコ靴でもぐねる)「今日ぐねったさー!」など 我が家では よくある会話
それにしても 男の人と言うのは本当に 信じられない位 無防備に緊張感無しに 何故にあんなにも深い眠りに落ちられるのか本当に疑問です
やはり女は いついかなる時も 子供の泣き声一つで 平常時の精神を取り戻す事の出来る生き物なのだと ふるまん様の行動力に涙←笑いすぎ で 思ったワタクシです
おみ足お大事に ぐねりは癖になりやすいのです
我が娘も 思えば 厚底ブーツが流行った折りにぐねり それっきり ガラスの足首……昨年などは 雪道でぐねり 1週間も歩行困難だったのです
くれぐれも お大事に

投稿: 美香子 | 2015年6月 3日 (水) 23時43分

>美香子さん
えっ!?北海道でも「ぐねる」というのですか!
けっこう日本各所で使われているのですかね?
ウチの実家の父母は東北出身なのですが、「ぐねる」は使ってなかったなぁ~。
娘さん、お気をつけて~。北海道での厚底・高ヒールはもう危険な香りがプンプンですね。
お若いうちは軽傷で済むかもですが、私らの年代ですと痛みが長引いて長引いて・・・。
(まだ痛いんですよ~!)

男が無防備にダラダラ寝くさる姿はホントに腹が立つときがあります。
ダンナの腹を踏みつけてやろうかと思うことさえありますよ。
そこで足をぐねっても本望だとさえ・・・うぅむ・・・

投稿: ふるまん | 2015年6月 5日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母と息子と孫の手と。 | トップページ | 病院までの長い道のり ふたたび。 »