« 発泡剤 ルネッサーンス! | トップページ | 愚捻(ぐね)る! »

2015年5月11日 (月)

母と息子と孫の手と。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、全くなんてことのない話なのですが
私的にツボにはまった出来事を。

年寄り乾燥肌のお義母様。
いつも背中を痒がります。
あまりにも痒みがひどい時には
私、あるいはダンナが背中を掻いてやり
薬を塗りつけます。

しかし、
”やはりちょちょっとひとりでかきたい時もあろう”と
ダンナが数日前、100円ショップで「孫の手」を
買ってきておりました。



さて、昨日のこと。

食事も済み、皆でまったりテレビを観ているとき
お義母様が、後ろ襟元から孫の手を挿し入れ
背中を掻こうとしているもよう。

それを見たダンナが
「かあさん。俺が掻いてやるで」
と、立ち上がりお義母様の後ろにまわりましたよ。

”おお、孝行息子だね”

と、私 内心感心し

ちらとダンナとお義母様の姿に目をやりましたところ
ちょっと、吹きだしそうになりまして・・・

ダンナが一生懸命、お義母様の指示するところを
掻こうとしている
もうちょい右だ左だ、そこんとこをもっと強くとか
言われるところを 孫の手で!?

いや!いいんですよ!?別に、いいんですけど!

でもさ、でも、孫の手っていうのは
自分の手が届かないところを
届かすために使うものじゃない!?

アナタが掻いてあげるのだったら
孫の手必要ないじゃん!?
自分の手でいつものように掻いてあげたら
いいんじゃない!?



自分のデッカい手があるのに
ちっさい孫の手でチョコチョコお義母様の背中を
掻いてあげてるダンナの姿が
なんかツボに入ってしまった私。

平静を装い、テレビを見続けようとしたのですが
やっぱり耐えられず笑ってしまい
ダンナに指摘しましたよ。


「あのさ、孫の手意味ないよね。
アナタの手で掻いたほうがよくない?」


と。

すると、ダンナ。

「・・・・・・このほうが、力がはいるのだ

と、自分がマジボケをかましていたとは認めず
とっさに思いついたであろう言い訳をして
そのまま孫の手でお義母様の背中を掻き続けたのでした。

「あとは薬だ。ふるまん、薬を持て」

と、体裁の悪さを隠すように私に指示し
私が持って来た薬で
痒みも恥も塗りつぶすように
お義母様の背中に自分の掌で薬をのばしておりましたよ。
ほほほ・・・微笑ましい。


・・・とまぁ、
思いがけずダンナに笑わされた日常ひとコマでした。
お読みくださりありがとう。それでは、また。

511

なんかツボってしまって思わず記事にしましたが
伝わったかなぁ~・・・?
「何がオモロイの・・・?」と首をかしげられたアナタにはスミマセン。
なんとなくわかってくださったアナタ
よろしければ、ひと押しを・・・。
↓↓


絵日記 ブログランキングへ

|

« 発泡剤 ルネッサーンス! | トップページ | 愚捻(ぐね)る! »

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

プププ(>ω<)/と笑いました
突っ込まずに静観のふるまん様
おっかしー(笑)

して 私は今 東京下町のブラシ専門店 ブラシ状孫の手が気になってますよ!←関係ないけど 超気持ち良さそうなの!
↑下町散歩的番組で見た

投稿: 美香子 | 2015年5月25日 (月) 23時26分

>美香子さん
ブラシ状孫の手!えっ!?どんなの?
というわけで検索しましたよ!
すごいですね~!気持ちよさそう~。
でも、まぁダンナがせっかく100均で買ったのでしばらくは今ので・・・

投稿: ふるまん | 2015年5月28日 (木) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発泡剤 ルネッサーンス! | トップページ | 愚捻(ぐね)る! »