« 50代主婦が朝からアニメを観てしまうと・・・。 | トップページ | 介護の海を漕ぎ続け。 »

2014年12月16日 (火)

介護の海へ漕ぎ出すの。

ようこそ、いらっしゃいませ。

お義母様、在宅介護までのあれこれを綴っております。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


ついに迎えた退院の日の午後は快晴・・・。
こんな晴れやかなお天気なのに
私の心は、不安で曇っておりましたよ

介護度4の認定がおりたお義母様の生活はこれから
ディサービスを週6日で利用
入浴サービスも一日おきにさせてもらうことになっております

私は糖尿病の食事指導も受け
車いすと、ベッド横に置く手すりもレンタルし
ポータブルトイレも購入し・・・

準備万端、整ってはいるもののね・・・

この時の気持ちって・・・
初めての子供を出産し、退院する時の気持ちに
少し似ているなぁと思いましたよ。

二十数年前の冬、娘を抱えて退院する日のこと
「私にちゃんと子育てができるのだろうか・・・?」
と、不安でいっぱいだったあの日
入院中、色々とお世話になった看護師さん達
励ましてくださったり、相談にのってくださったり
あの頼りになる看護師さん達とはもうお別れ・・・
病院を一歩でたら、もう自分でなんとかしていくしかないのだ
その心細さといったら

荒波を、小さな船で、
赤ん坊を乗せてひとり漕ぎ出さねばならない・・・


なんかそんなイメージが浮かんでましたよ

その気持ちを、時を越えたいま、
また感じることになるとはね・・・


病室で、荷物をまとめる間に看護師さんが
家からお義母様に持って来た洋服を着替えさせてくださり

病院での最後のトイレに連れて行ってくださり

私が会計受付にいる間に
お義母様を車に乗せてくださり

看護師さんの手際は、とてもスムーズで・・・

・・・これらすべては、明日から
・・・いえ、今日・家に着いたその時から
おぼつかない手つきで私らが
やってあげねばならぬことなのね・・・

お世話になりました。お医者様・看護師の方々。
そうして、我々は病院を後にいたしました。



骨折にしては、長い長い入院生活を送ったお義母様。
何カ月ぶりかの外の空気
車の窓から流れる町の風景をぼんやりと眺めながら
何を思うのか・・・
私はお義母様にかける言葉もなく
ただ隣でこれからの生活に不安な思いを馳せるのみでしたわ。


そうして、車はついに家の前に。
玄関先ギリギリに車をとめ
先に車を降りた私は、家から車椅子を運びます。

「これからはずっと、お義母様のためにこの車椅子を
押し続けねばならぬのね・・・」


車のドアを開け、車椅子を座席ギリギリまで寄せ
お義母様に声をかける。

「お義母さん、家に着いたよ。この車椅子に乗りんせぇ」


これが私らの介護生活が
始まった瞬間でございます・・・!


1214



・・・介護生活までのあらましは以上でございます。
(やっと終わったよ・・・)


お読みくださり、ありがとう。それでは、また。

よろしければ・・・
↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 50代主婦が朝からアニメを観てしまうと・・・。 | トップページ | 介護の海を漕ぎ続け。 »

介護カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50代主婦が朝からアニメを観てしまうと・・・。 | トップページ | 介護の海を漕ぎ続け。 »