« 介護の海へ漕ぎ出すの。 | トップページ | そんなカンジのお正月。 »

2014年12月27日 (土)

介護の海を漕ぎ続け。

ようこそ、いらっしゃいませ。

さて、介護生活が始まり現在に至っているわけですが
当初はかなり、お義母様に対して
壊れ物を扱うような接し方をしておりましたね。

退院前に看護師さん達に言われたことは

「24時間目が離せないから、大変よ」

入院中、かなり認知症状が進み
色々と問題行動があったお義母様ですからね・・・

とにかく、

自分がもう歩けないということを自覚していないから厄介。

普通にスッと歩きだそうとすれば
たちまちガクッと転んでしまう。
そうなると、せっかく治してもらった足が脱臼してしまう。
畳に座らせても、足を変な風に曲げたり
強い力が腿にかかったりすれば
それも脱臼に繋がってしまうかも。

そうなればまた救急車を呼んで病院へ逆戻りですわ。

お医者さまから説明は受けてはいたものの
実際、どのくらいの恰好で、どのような衝撃がかかれば
脱臼してしまうのかわからないので
私はもうお義母様の足の曲げ伸ばしに対していちいち
ヒイイイィィ!だのハアアアァァ!だの
心の中で過敏に反応しておりました。

当初は正直言って・・・お義母様が恐ろしかったですね。
どういう行動を取られるか予測がつかなくて。

車いすに乗っていたら

「このままずっと大人しく乗ったままでいてほしい」

と願い

ベッドに寝かせれば

「このままずっと眠っていてほしい」

と願っておりました。

だだをこねられたり、暴れたりされたらどうしよう!?
・・・ホントに初めのうちはこんなビビリな心境でしたよ。

けれど、いま思い返すに
お義母様、ひどく暴れるとか わめいてだだこねるとか
そのようなことは・・・なかったかな・・・
やっぱり自宅だと気分が安定するのかな。
一番ひどかったので 以前記事にした
「敬老日バトル」
あのくらいのもんでした。

そしてその日以降、現在に至るまで
機嫌の良い・悪いはあるものの
精神的に割とおだやかに過ごせているのではないかと思います。

足の状態も、この間病院で

「もう、脱臼の心配はほとんどないでしょう」

と先生に言われましたので
ホッと胸をなでおろしているところでございます。

1227


・・・と、退院してから現在までをざっくり記すと
こんなカンジですが
その間あった、こまごまとしたあれやこれや・・・
また、記事にしていきたいと思っております・・・ぼちぼちと。

お読みくださりありがとう。それでは、また。


よろしければ・・・
↓↓
人気ブログランキングへ




|

« 介護の海へ漕ぎ出すの。 | トップページ | そんなカンジのお正月。 »

介護カフェ」カテゴリの記事

コメント

日々 頑張られてる事と思います
脱臼は怖いですね
限度が分からないですもんね

お義母さまも 自宅に帰られ
安心されて 気持ちが安定してるようで 何よりです

投稿: 美香子 | 2014年12月31日 (水) 15時13分

>美香子さん
現在、ディがお休みなので
年末・年始とびっちり”おかあさんといっしょ”状態です。

ホントに気持ちが安定していることが一番ですね。
変に機嫌が悪いと、介護がし辛いし、
やりたくない~って思っちゃいますもんね。

投稿: ふるまん | 2015年1月 1日 (木) 14時24分

新年ですね 今年もよろしくお願いします(〃∇〃)
今年は 大腸がんステージ4で肝臓転移の母が おそらくホスピスに移ります
抗がん剤のせいか味覚が無くて食欲不振になり ケアハウスが辛いと‥‥
とにかく 意地っ張りな人ですから 余程 辛いようです
スムーズにホスピスに移れると良いのですが‥‥ 何処も順番待ちみたい

投稿: 美香子 | 2015年1月 1日 (木) 17時09分

>美香子さん
そうですか・・・お母様がホスピスに・・・。
少しでも、穏やかに過ごせればそれが一番ですね・・・
でも、ホスピスまで順番待ちですか。お辛いですね・・・。
病気の方の介護は、心身ともにたいへんですね。
美香子さんも、どうぞお体に気をつけて下さいね。

投稿: ふるまん | 2015年1月 1日 (木) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 介護の海へ漕ぎ出すの。 | トップページ | そんなカンジのお正月。 »