« 男どアホウ在宅介護。 | トップページ | 敬老日バトル。 »

2014年8月31日 (日)

もいっちょ、こんなのが観たい!

ようこそ、いらっしゃいませ。
7月、更新再開のお知らせを致しましたのに
8月に、もう滞り気味になってしまうという・・・
作成時間がなかなかとれずに、はがゆい思いもあるのですが

お義母様が寝てる今だっ!

と思うも、

あっ・・・それじゃ、その間に私も・・・ちょっと寝て・・・

とかね・・・
そんな睡魔負けが多く、なかなか作成が進まない。

しかし、これ以上更新が滞るのは避けたい私。
そこで、恥ずかしながらこんな手段を取らせていただきます。
これは↓↓・・・2年前の今頃に作成していた記事なのですが
公開していなかったもので・・・
それを今回出させていただきます・・・

関連記事→「だったら、こんなのが観たい!(2012・8・20)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


今回は・・・スミマセン・・・
誰も期待しているはずもない
「こんなスピンオフ古アニメが観たい・2」でございます・・・
自己満足記事ですので
まぁ、よろしければ流すようにお読みください。

こんなのが観たい・・・それは

「デビルマン~牧村婦人の苦悩~」

で、ございます。

「デビルマン」は永井豪先生原作の漫画を
1972年にアニメ化したものですね。
これも、もう何度も再放送されたんで
御存じの方が多いでしょう。

あらすじは、
人間界を支配しようとするデーモン族。
その先発隊であるデビルマンが
不動明君の体を乗っ取っちゃって
ちゃっかり牧村家に居候しちゃうんだけど
牧村家の娘、ミキちゃんに一目ぼれしちゃったもんで
ミキちゃんと、ミキちゃんをとりまく人間たちを守ろうと
デーモン族の敵になって戦うことにしたわよというお話なんだけど
(間違ってますか!?大筋は合ってますよね?)

私が観たいのは

デーモン族と、デビルマンの戦いはちょっと横においといて
この不動明君(デビルマン)を居候させることとなった
牧村家のママさんの苦悩を描いたアニメをね。是非観たいと。

そもそも明君って牧村家とはどういう関係かっていうと
ウィキペディア調べなんだけど
明君のお父さんと牧村パパさんがお友達だそうなのね。
で、明君のお父さんが亡くなったので(デーモン族のせいでね)
牧村家で暮らす方向になったらしいんだけど・・・

牧村婦人にしてみればさ、
いきなり男子高校生を自分ちの家族の一員として迎え入れて、
母親がわりになるのも かなりの決断だったと思うのね。
ましてや、同い年の年頃の娘がいるんだから
さらに、二人ともなんかお互い憎からず思っているようだから
あらあら、なにかあったらどうしましょ。心配心配・・・ってなるよね。
だもんで、息子のタレちゃんに、小金握らせて
さりげなく、二人の間に居て頂戴。ってな裏工作も
あったかも、なかったかも。

そんな交際問題も気になりつつ
更に明君の妙な行動に婦人は頭を悩ますことに。

「何故いつも明君の黄色いシャツが
ビリビリに路上に散乱してるのかしら?」

毎回、デーモン族と戦うために変身する際
破けちゃうんだけど
そんなことは知らない牧村婦人

ひょっとして、ウチに何か不満があるのかしら
ウチで溜めこんだストレスを
こういう形で発散しているのかしら
私が保護者として、いたらないところがあるのかしら
ああっ!わからない!男の子って難しいわっ・・・!

しかし、明君に直接事情を聞くこともできず、
ひとり心をざわざわと乱しつつ
今日も牧村婦人は商店街の洋服屋に
明君の黄色いシャツを購入しに行くというね・・・

826
(※牧村夫人の画は参考資料がないので、想像で描いております)

「たまには別の色の服 買ったれや・・・」
と、観ているこちらは思うけど
なぜだか意地のように婦人は毎回
黄色いシャツを買い続けるのだ。

日常の生活の中で、ちょいちょい起こる
婦人にとって理解不能の出来事。
それにはいつも明君が絡んでいる・・・?
しかし、家族の者に話しても真面目にとりあってはもらえない。

「私はどこか、おかしいの・・・?」
次第に心を病んでいく牧村夫人。

とは対照的に
デーモン族と戦いながらも

気配り!
気遣い!
社交辞令!
おもてなし!
その場の雰囲気!

牧村家で人間世界を上手に生きて行く術を学び、
人間としての細かな心のヒダを育て上げていくデビルマン。

牧村夫人の精神が崩壊されるのが先か
デビルマンが人間社会に適応するのが先か!

そんなハラハラドキドキのサスペンスホームドラマが観たい、と
・・・あ、もういいですか?

お読みくださりありがとう。それでは、また。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


・・・記事・画供にほとんど作成できてたのですが
なんで公開してなかったかというと・・・
自分で作成しててなんか恥ずかしくなっちゃったのね・・・
でも、今回は”40代の恥はかきすて”ということで・・・

その昔”夏休み子供劇場”で、よく観たよ「デビルマン」。
ちょっぴり、懐かしさを感じてくださったアナタも
記事のくだらなさしか感じなかったアナタも
よろしければ・・・今回、本当によろしければで・・・
↓↓

人気ブログランキングへ

|

« 男どアホウ在宅介護。 | トップページ | 敬老日バトル。 »

古漫画カフェ」カテゴリの記事

コメント

その視点は 考えた事無かった〰!(笑)
自分も立場変わって 違った事が 気になり出した そんな感じ?

スリルとサスペンス 楽しそうな お話です( 〃▽〃)

投稿: 美香子 | 2014年9月 5日 (金) 00時31分

>美香子さん
そうなんですよね~。
子供の頃は主人公のカッコ良さばかりに目がいっちゃうんですが
大人になると、脇役のお父さん・お母さんとか、
年配の登場人物を見て「この人達にもドラマがあるのでは・・・」とか思っちゃう。
感動的なお話も、なんかひねた目線でみちゃったりして。
汚れた大人になっちまってるんですねぇ~・・・

投稿: ふるまん | 2014年9月 6日 (土) 02時02分

(笑)いやいや それで良いと思いますよ〰♪ヽ(´▽`)/
立場が変われば 見処も変わります 昔は気にもとめなかった人が気になり出したりしますよ(笑)
ハイジをオンジに託したデーテおばさんとか(笑)
皆 何かを抱えて 生きてるんだよね うーん 奥が深い(笑)

投稿: 美香子 | 2014年9月 6日 (土) 21時35分

>美香子さん
介護生活してるせいか
お年寄りの登場人物の行く末とかも考えてしまったりね・・・
「アルプスで介護ハイジ」
第218話「山の上のトイレ介助」
第342話「クララおばあさまの徘徊」
・・・自分で想像して、滅入ったりしてます。

投稿: ふるまん | 2014年9月10日 (水) 00時49分

ぁーそういえば
オムツの事‼
あれ 中に もう少し 少量用のパットをするのはどうですか?
ウチの母も 実は大腸の手術後 不安感から 大きめのパットの上に 少量用のパットを二重にして 少量用のパットのみ取り替える方法を とってました
急なフリですが ご参考までに(^o^;)

投稿: 美香子 | 2014年9月16日 (火) 19時40分

>美香子さん
あーなるほど!夜用ナプキンくらいのパットかなぁ?
ウチいま、リハビリ紙パンツの上に大きいパットしてますが、
しょっちゅうトイレに行くから
それほど吸収してないうちに捨ててるので
もったいないなぁ~と思ってるんですよ~。
少量パットにするのがいいかもですねぇ~。

投稿: ふるまん | 2014年9月17日 (水) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男どアホウ在宅介護。 | トップページ | 敬老日バトル。 »