« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月23日 (日)

進撃のアレ。

ようこそ、いらっしゃいませ。
今回は、毎年この時期の風物詩のようになっている
アレとの戦いの記事になります。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


出過ぎる!!アレが!!


・・・なんか、毎年言ってるような気がするんだけど
ホントにヤになるくらいに、出て来るんですよ。
アレが!

ムカデ野郎が!!
(しかも大型ばかり!!)


風呂に入ろうとしたら浴槽のヘリに!(娘談)
家の横壁にはりついて!(義母談)
台所で水切りカゴをどかしたその下に!(ふるまん談)
居間でテレビの前を悠々と横切って!(ふるまん談)
夜の廊下で鉢合わせ!(ふるまん談)
じゃまするぜとばかりに玄関から!(ふるまん談)等々・・・

なんか、
家族の中では私がもっともムカデ遭遇率が高いようなのだが
とにかく、見つけてしまったら、私はイヤでも
責任をもって駆除している。
他の家族の者らも、第一発見者となったなら
各々で対処してほしいものなのだが
娘が発見してもお義母様が発見しても
何故か呼び出しをうけるのは私だ。


これはまるで、巨人との戦いに駆り出される兵士のようだね・・・


ある時は
玄関をあけるなり

「ちょっ・・・来ちょくんせぇ!
外の壁におっきなケムシが!ケムシが!・・・」


何故だか、這う虫類を全て「ケムシ」扱いするお義母様の
叫び声を聞きつけて

またある時は
バスタオルを体に巻き付けた姿で、
あわくって風呂場から出てきて

「ムカデが出たで、なんとかして!」

と哀願する娘の為に

私は超硬質スチール・・・ではなく
熱い湯の入った片手鍋と割り箸を持ち
最前線へと赴くのだ!

一発でしとめなければ!
逃がせば、ヤツはどこからかまた現れるだろう
我らは体を這われ、ヤツに喰われて(噛まれて)
地獄の苦しみを味わうことになる!
それは断固阻止せねばならんッ!

620

私はじりじりと
体長10㎝以上の超大型ムカデの背後にまわり
割り箸でガッ!とヤツを掴むと
ザッ!と湯をかける!

・・・任務・・・完了・・・!


・・・ふ・・・昔は巨大ムカデを見ただけであわあわと
身がすくみ、立ち向かうことなど考えもしなかった私が
今では、立派な兵士になったものよね・・・

今年もヤツらとの戦いは、夏過ぎるころまで続くのだろう。



と、この記事作成してた翌朝
居間のテーブルに殺虫剤(ムカデ用)が置いてあった。
どうやら、真夜中に出たのを
ダンナがコレで退治したようである。
他に誰もその場にいなくてよかった・・・
以前にも記したがダンナは一匹の害虫を駆除するのに
殺虫剤を大盤振る舞いでまき散らかす輩なのである。
その所業は、そばに居る家族までも(あるいは自分自身をも)
駆逐する勢いなので
私は逆にダンナには、害虫駆除をしてほしくないのだ・・・。



お読みくださりありがとう。それでは、また。

よろしければ、害虫に湯を・殺虫剤を・かけるようなクリックを。
↓↓

人気ブログランキングへ


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


今回は「進撃の巨人」づいているところがちょろっと。
現在、娘のオススメでこのアニメを見ております。
真夜中にやっているのを録画して
翌日観るのですが・・・その時間が・・・

巨人が人間を喰らっている場面を
家族の者らと夜の食卓を囲みながら観る


・・・というのが・・・なんとも私的に心具合が悪い・・・
(娘は平気のようですね)
しかし、録画が見られるテレビが居間にしかない我が家。
この部屋で、私と娘同時に録画が見れるのは
この時間くらいなので、仕方ないのね・・・

”ダンナとお義母様はこれを見ながら何を思うのか・・・?”

面白いアニメだと思うけど、けっこうそんなことも考えてしまい
落ち着いて観れないのが残念なところでございます・・・。
やっぱ、こーゆーのは
趣味の合う者だけで集中して観たいよね・・・。

| | コメント (2)

2013年6月 9日 (日)

あたしのジョウ(情)・2。

ようこそ、いらっしゃいませ。

さて、今回のネタは、以前に記しました
「あたしのジョウ(情)」(4月7日)
の続きになります。(6月の今更・・・)
3月にはいり、お義母様のディ・サービス行きが
どうなっているか・・・というお話を、私の愚痴とともに。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



お義母様のディ行きの朝のゴタゴタを考えると
胸のあたりが重苦しく、憂鬱になる私。

頭が痛い・腰が痛い・肩が痛い、等々言いだして
ディ行きを逃れようとするお義母様。
そこをなんとか、自分の腹立たしい感情をグッと堪え
お義母様に聞こえるような声で
お義母様にわかりやすい言葉で
(多少の嫌味も交えつつ)
ゆっくりと・丁寧に説得しなければならない・・・というのが
実に頭も気も使う作業なのですよ。
もともと私、話し下手ですしね。

しかも、話してる最中

”そんなに一生懸命になって説得してても
お義母さん自身は、ディに行く必要性を全く感じていなくてよ・・・”


と、もうひとりの自分が自分に囁きかけて
余計に空しさを感じてしまうのよ・・・。
まぁ、もとは私が勝手に決めたディ・サービス・・・
行く日にちだって、
こちらで勝手に決めさせてもらってましたよ。

お義母様自身のことなのに、
お義母様自身の意向も聞かずに
コトを進めていってしまうこと


そこにお義母様は、憤りを感じているのか?
認知症とはいえ、
”まだまだ自分は人様の世話になるほどではない”
と、思っておられるグレーゾーン・・・
まぁ確かに、どうでも他人の手をかりねば
やっていけない・・・ってわけではなく
こちらとしては、
とにかく一週間に一度・二週間に一度でもいいから
風呂に入ってきてほしい、ということ。
あとは大勢の人と一緒に過ごすことで
認知症の進み具合も
多少は遅くなるのではないかと思ってのことだけど。
ぶっちゃけ、
行ってもらうとこちらも精神的に楽ってこともあるけれど。


色々考えると、

お義母様の意向を無視して
自分が精神的に楽したいということも含めて
ディに介護を頼むってことが悪いのか?

という後ろめたい気持ちも出てきてしまったり。
そういう気持ちを抑えつつ、

「お義母さん、
多少イヤでも、まぁお年寄りの学校へ行くんだって
いうつもりで、行ってきてくださいよ」


なんて、言ってみたりもするけれど

”・・・けど、実際自分も学校は嫌で嫌でしょうがなかったよな”

と、図らずも自分が言った言葉で
自分の過去に思いを馳せることになったり・・・。

”イヤイヤ!けど私は、学校がどれほど嫌で苦痛であっても
休んだことはなかったな!嫌だと言うことすらできなかったよ!
学校は行くものだ!というのが、
親の・自分にとっての当たり前なことであったもの!
あそこが痛い・ここが痛い、だから休みたいなんて
口に出せるなんて、羨ましいわ!それは、甘えよ!」

・・・と、考えたところで今度は
子供が不登校気味だった頃のことが思い出され・・・
あの時の我が子と、今のお義母様の姿がダブり

”・・・いや・・・甘えなどと、言ってはイカンか・・・”

とまぁ、物わかりの良いカンジのことを
思ってみたりもするけれど
やはりどうにも、お義母様自身が自分の気持ち優先で
こちらの気持ちなんざぁ何にも考えてくださらん気がして
ムカムカするのよね。


「義母をディ・サービスに行くよう説得する」

言って見ればただこれだけのことなのだけど
お義母様の面倒臭いダダこねに加え
自分の内面から勝手に湧き出てくる
とりとめのない感情にも振り回されて

あぁもぉ!わけがわからなくなってくる。
無理やり行かせようとする私は
正しいの!?間違っているの!?


いま思うと、この「ディに行く行かないの攻防戦」
私のメンタルのダメージがハンパなかった気がしますよ。
まぁ大半 
自分のパンチに自分がやられてる感があるのですがね・・・

416

まだ続くかなぁ・・・今回は長々としてしまってスミマセン。
それでもお読みくださったアナタにありがとうを。
それでは、また。

よろしければ、おひとつクリックを・・・
↓↓

人気ブログランキングへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


えぇと、実はこの記事作成してたのは4月・・・
なんで更新しなかったかと言うと、
なんか内容がグダグダしてるし、あと

↑今回の画・・・わかってもらえますかね・・・?

「あしたのジョー」のワンシーン
”砂浜を歩くジョーの足跡が、微妙に蛇行している”
パンチドランカーの症状を表してるってところをもとネタに
描いたものなのですが・・・
自分で描いてて なんかしっくりこないというか・・・
自分でちょっとどうかと思うものが
アナタに通じてもらえるかどうかわからなかったので
保留にしてたのですが
でも、やっぱせっかく描いたのだからと
2か月経った今回 出させていただきました。

うぅ~ん・・・まぁ軽く流すつもりで見てくださいませ・・・。

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

流血さわぎ。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は、数日前の朝に起こったハプニングを!とり急ぎ、短めに。


朝、出勤時刻がいつもよりちょっぴり遅くなっちゃって
気持ちが急いていたのね。
ダンボール2個分の荷物も、持っていかなくちゃならなくて
ワンボックスの後ろドアを開けて、それらを荷台に入れこみ
「急げ・急げ!」と自分をせかしてドアを勢いよくバタン!と、
閉め・・・

ガツン!!

・・・っ痛ーーーーッ!!!

・・・ドアのヘリに頭をぶっつけてしまいましたな!!

そして、なんと
またたく間にぼたぼたぼたーーーっ!と流血地獄!!

62


結局、仕事に遅れて行くことに(しかも、すっぴんで)
なってしまいましたよ・・・

しかし、「こんな血、何年ぶり?」
っていう出血だったにもかかわらず
キズはたいしたことなかったようで よかったのですが
今 思うとけっこう大騒ぎしてしまったので恥かしい・・・
しかも「頭を内側に入れたまま、ドアを閉める」などという
マンガのようなボケをかましてしまったのが原因だなどと・・・

いや、しかしこれは確かに危ないことであるので
アナタもくれぐれも
急ぐ時には車のドアの開閉にお気を付け下さい!

・・・という、注意喚起を含んだ記事を取り急ぎ作成いたしました。
それでは、またっ!


よろしければ、ドアを注意深く閉めるようなクリックを。
↓↓

人気ブログランキングへ

このハプニングの前夜、アメトーークの「プロレス芸人」(録画)を
観てたせいか、ちょっとレスラー気分になっちゃったのね・・・
(で、今回の画がこんなん・・・)

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »