« ディ・サービス・ディ。(3) | トップページ | よいお年を~! »

2012年12月 8日 (土)

加齢にてスルー。

ようこそ、いらっしゃいませ。

本日も 義母ネタになっちゃいますがよろしければ。


これまで何度か記してきたのですが
お義母様、
尿モレのため一日何度も下半身の衣類を替えられます。
(紙パッドも以前は使ったりもしてたのですが
諸々の事情により、現在は完全ノーパッド状態)

で、その濡れ衣類をどうするかというと
お義母様、自分の部屋の床のあちこちに直置きいたします。

基本、お義母様の部屋のことは極力かまいたくない私。
掃除や、衣類の整理、ゴミの片付け等
お義母様もまだ、「自分のことは自分でやれる」と思っているので
身の回りのことをかまわれると、プライドに障るようです。

で、私は

あーそうですか!
それならご自分で汚部屋の管理はなさってくださいな。
異臭がしようが、ゴキブリが出ようが
ウジが湧こうが、サルマタケが生えようが

知るけえッ!!

・・・というスタンスではおりますが

さすがに洗濯だけはね・・・

「自分でやる」といいつつ、
ほっとけばいつまでも直置きしたままだし
たまに洗濯機に入れてるかと思えば
下着をほんの2・3枚程度・・・
いやいや、まだ溜めこんでいるでしょうよ、お義母さんっ!
・・・って調子なのでね
夜、私が お義母様が部屋にいない間に
こっそり忍び込み回収して洗濯機に投入。


そんなことを繰り返しておりました。


けど、最近気になるのが

毎度毎度濡れモンを直置きする床が
ヤワくなってきたようです。

床抜けするんじゃないか不安・・・

そういうことも含め、不衛生でもあるし
せめて直置きはやめさせなくてはなぁ・・・と。


で、ついに先日洗濯カゴを買ってまいりましたよ。


さて、しかしそれを お義母様に使用していただくのが
難儀なのよね・・・こちらの根気と忍耐が必要だわ・・・

考えるとげんなりするけれど


・・・やらねば・・・ならぬのね・・・


「お義母さん。これ、このカゴを買ってきたで、
洗うモンが出たらこれに入れてね。
濡れたやつをそのまま床に置くと、床が腐って抜けてまうで。
お願いしますよ。」


と はじめにお義母様の目の前にカゴを置き、
ゆっくりと大きな声で説明いたします。
お義母様はいつものとおり、ふんふんと頷きます。
しかし、ただ聞き流していることはこちらもお見通しですよ。

で、またしばらくたってもう一度
今度は実際にお義母様のズボンやら下着やらを、
カゴの中に入れて説明致します。

「お義母さん。ほれ、こういう洗濯モノをね
このカゴの中に入れといてくんせぇ。
そうすりゃ後で私が持ってって洗濯するで。
濡れたモンをそのまま床に置かないでね。
床が腐って抜けてまうで。お願いしますよ。」


と。

お義母様

「あぁ、それに入れるんじゃろ。わかったて。」


ちょっとは頭に入れてくれたような雰囲気でしたが
私は疑ってますよ。
「きっと、またすぐ忘れてしまうのよね・・・」と。

で 更に私

大きめの厚紙に!大きめの文字で!
縦書きで!ひらがな多めで!
これ以上はねぇよ!というくらいわかりやすく

”おかぁさんへ
せんたくするものを、
このカゴの中にいれてください”


と書きまして
それをカゴにビシィ!!と貼りつけ
お義母様の部屋の、濡れモンをよく置く場所に
そのカゴを設置したのですよ。


いくらなんでも

いくらなんでもここまでやって

お義母様が
理解してくださらないことがあろうか
(いや、無い!!)と、信じ!



さて!その努力が功を奏したか!?翌日

・・・・・・

128

・・・・・・マジか・・・・・・!?

その光景に愕然といたしましたよ・・・
こうも華麗にスルーされるとは・・・

それからも何度かカゴに入れてくれと言ったのですがね
婆の耳に念仏ってぇかね・・・



で、現在は

・・・もういい・・・

と。

いくら言っても、わかっちゃもらえねぇんだろう・・・と。
諦めに肩を落として
カゴは、私が濡れモンを回収する時のみ使用しております・・・。


エェエェ!もうどうぞ 不衛生だろうがなんだろうが
お好きなようになさってくださいな
ついに床が抜けたその時は
お義母様の年金でもってリフォームさせてもらいますよ!!




・・・お読みくださりありがとう。それでは、また。


よろしければ、ヤワい床を踏みぬくようなクリックを・・・
↓↓
人気ブログランキングへ

|

« ディ・サービス・ディ。(3) | トップページ | よいお年を~! »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディ・サービス・ディ。(3) | トップページ | よいお年を~! »