« 嫁と義母 揉言控(よめとぎぼもめごとひかえ) | トップページ | 加齢にてスルー。 »

2012年11月25日 (日)

ディ・サービス・ディ。(3)

ようこそ、いらっしゃいませ。

お義母様ディサービス編の続きでございます。

さて、初回の日 4時頃帰ってきたお義母様。
ドキドキで

「どうだった?お義母さん」

と聞く私に

「あぁ・・・・・・良かったよ・・・」

と、それだけ言うとあとは

「えれぇ、えれぇ。(疲れた、疲れた)」

を連発して、そのまま夜まで居間で寝っ転がっておりましたよ。
まぁ、慣れないところに行って、気を張っていたのでしょうね。
これも最初のうちだけだろう。
数回行けば、慣れてくださるだろう。
と、思ったのですが・・・

2回目以降、お義母様

「今日はディサービスだよ」

と伝えると
足が痛ぇやら、腰が痛ぇやらと体の不調を訴えまして

「だから、今日は行けん。行きとぉもねぇ」と。
「まっと(もっと)体が動けりゃ、行かしとも思うけど・・・」

とか、ぬかされる。

おいおいおいおいーーー!!
以前は
体が動けなくなりゃ、行かしとも思うけど・・・」
とか、言ってたんと違うんかいーーー!!

「だからさ!
お義母さんみたいな人がディサービスに行くんだって!
ああいうところで、風呂に入らせてもらって、食事してさ
皆でおしゃべりしたり、体操したりしてると
生活に張りが出ていいじゃない。
いつもボ~ッとしてテレビ見て、
ゴロゴロ寝っころがってばっかだと
お義母さん、ますますボケてってまうな!」


と、説得を試みるも

「おまはんは若いで、年寄りの気持ちはわからんのじゃて!
とにかく、行かんと言ったら行かんのじゃっ!」

と、キレ気味に言い捨てて向こうへ行ってしまわれる・・・。

・・・・・・ムカムカ ムカムカ・・・・・・

とにかく、こう言われりゃもうお手上げで
施設に キャンセルの電話をしなけりゃならない・・・

なんだよ、もうーーー!!

ってカンジで、現在ディに行くのはなんとか月に1~2回・・・
ってところですかね。

もうこっちの方がディに行く日には憂鬱になっちゃったりしてね。

「あぁもう、またあれこれと、なだめたりすかしたり
声を荒げたり、キツいことを言ったりしながら
ディに行くよう お義母様を説得するとこから
やらなくちゃならんのか・・・いったいいつになったら
すんなり行ってくれるようになるんだい・・・!」

と・・・。

あぁ・・・私がもう少し、スタッフさん方のように
うまい言葉かけや、優しい態度が出来ればいいの・・・!?
ほほ笑みを忘れず、
お義母様の何もかもを包みこんであげられるような
女神のような嫁になれば、お義母様もわかってくださるの・・・?

・・・・・・

・・・・・・

だが、出来んわ!!

・・・まぁ、ディ関係は そのような近況でございます。


さて、前回ご紹介した古漫画
「佐武と市 捕物控(さぶといちとりものひかえ)」について
も少し、思いだしたことを。
いま読むと、この漫画ならではの
特徴的な演出方法がたくさんあるのに気づくのですが
その一つに、
”ひとつのコマに描かれた人物同士のやりとり・
ひとりの人間が言ってる長々したセリフが
フキダシではなくて、台本みたいな形式で入れられてる”
っていうのがありまして・・・

このような↓↓
1123

フキダシじゃないから、いっぱいセリフがいれられて
ひとつのコマに情報がたくさん入れられますね。

佐武と市が聞き込みした内容を話し合っていたりしたときや
捕まった下手人が動機とか心情を吐露したときなどに
使われておりましたが
・・・正直若い頃の私は、文字が多くて読むのがかったるく
そういうコマは、すっとばしていたなぁ~・・・と。

昔は、好みの絵と、フキダシの中の短めなセリフを読めば、
なんとなく内容を掴めてしまう・・・
割とそうやってさくさく読めるのを選んでたけど
今は地味な内容で、文字の多いものでも
人物の心情なんかがすごく細やかに描かれていたりするものが
読みたいと思いますよ。
これまで、めんどくさいと敬遠してきた漫画の中にも
今読めば「すごいっ!こんな名作を知らなかったなんて!」
ってのがいっぱいあるのだろうなぁ~・・・。

・・・しかし、読みたい時に暇はなし・・・


今回もお読みくださり、ありがとう。それでは、また。



この連休で、2記事更新できたことを自己満足してる私に
よろしければ、クリックを・・・。
↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 嫁と義母 揉言控(よめとぎぼもめごとひかえ) | トップページ | 加齢にてスルー。 »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫁と義母 揉言控(よめとぎぼもめごとひかえ) | トップページ | 加齢にてスルー。 »