« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

だったら、こんなのが観たい!

ようこそ、いらっしゃいませ。

さて、前回の続き

「こんなスピンオフ古アニメが観たい」

ってやつですが

私なら、これですね。

「アルプスの少女ハイジ~アルムおんじという爺様~」

名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」は
もう何度も再放送されてるんで
誰でも一度はご覧になったことはあるでしょう。

その中の、アルムおんじを主人公にしてほしいのよ。
何故、あんなへんぴな山のてっぺんで
あのように孤高を貫く生き方を
されるようになったのか、気にはなっていたので
この際、
そのアルムおんじの一生をアニメにしていただきたいと!


ウィキペディア調べなんだけど
ハイジって赤ん坊の頃に両親が死んでしまって
その後ハイジを引き取ったのが
ハイジの母方の叔母 デーテ(未婚)。
アルムおんじは、ハイジの父親のお父さんで
おんじにとってデーテは息子の嫁の方の親戚ってことになるのね。


アニメの最初あたりで
デーテがハイジを引き取ってもらおうと
アルムおんじを訪ねてきたシーンで
なんか昔のことを蒸し返したデーテに
おんじが「だっ・黙れっ!!帰れっ!!」
と、血相変えて怒鳴るシーンがあったよね
なんかそこで

「あそこんちの家族、なにやらゴタゴタがあったんかしら」

って、におわせてたけど
結局、アニメではその後おんじの過去を見せるような
シーンは物語中、全然出てこなかったのよね 確か。

いま、この年になってみると
そっちの、”おんじの過去のゴタゴタ”のほうが
よっぽど気になってくるのよ。
おんじと、その息子夫婦・親類縁者・村の人々・・・
さまざまに絡む、人間模様と愛憎劇・・・が
あったのやらなかったのやらを
昼ドラなみのドロドロにしてアニメでみせていただきたいと!
そして何故、あの山のてっぺんで暮らすことになったのかを!

あ、もちろん順を追って
ハイジが山にやってくるシーンから
町へ連れていかれるシーンまでもありですが
そこはあっさりと、あくまでおんじストーリーの中の
一部分として描いていただき
ハイジが山からいなくなってしまってから
おんじがどんな生活をしていたか
村人たちと余計に険悪なムードになってしまった
エピソードなんかを「事細かに」つくっていただき

ハイジがまた山に戻ってきたりの
クララまで訪ねてきたり 歩いたりの回は
実際の物語では、感動的なシーンですが
おんじストーリーでは
そういうこともあった、ぐらいにとどめて

その後、さらに歳を重ねたおんじが
どのように老後を送るのか、というところを
じっくりと描いてほしいと思うのですよ・・・。
40代・50代は共感をもって観ると思うけど、どうでしょ。

819




もひとつ 「~ゼーゼマンという紳士~」とかね。

クララのお父さん、ゼーゼマンさん。
どうやって、あそこまでお金持ちになっていったのか、とか
お仕事で忙しくていっつも外国に行っちゃうそうだけど
ひょっとして、お仕事関係だけでないことも
あったりなかったりするんじゃないのか、とか
女性の影はちらついたりするんじゃないのか、とか
お屋敷に戻ると”人当たりの良いダンナ様”の顔だけど
お仕事では、ちょっとあくどいこともやっちゃうような、
危険な男の顔もあったりするんじゃないのかとか
そんなゼーゼマンさんの日常をアニメに・・・(ならんか)



えぇ、とにかく

「大人から子供まで楽しめる健全なアニメ」

は、もういいので

「大人だからこそ共感できる人間ドラマアニメ」

を、観てみたいと思う今日この頃です。


あっ、「~ロッテンマイヤーという女史~」もいいかな!?
彼女はいかにして、ゼーゼマン家の娘の教育係として
選ばれたのか。
他の候補者たちとの間で、
壮絶なバトルが繰り広げられたのではないかとか
そのへんのところをじっくりとアニメで・・・あ、もういいですか?

それでは、今回はこのへんで。
ちょいとくだらない妄想話にお付き合いくださりありがとう。
では、また。


「~アルムおんじという爺様~」ちょっと観たいわと
思ってくださったアナタ。よろしければ、クリックを。
↓↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

昔のアニメが、今・・・!

ようこそ、いらっしゃいませ。

どうですかね、アナタのお住まいは。
やはり、まだお暑いでしょうね。

こちらも暑い日が続いておりますが
天気予報で最高気温が32℃とか33℃とか言ってると
「あっ・・・割りとすごしやすいんじゃない?」と
思えてしまいます。
34℃・35℃になると「死ねってか!!」
と、テレビに向かってキレたくなりますが。
現在、夜はエアコンつけなくても、扇風機で快適に寝られる
仏間で寝ております。ぐっすりでございますよ。(※)

さて、今回も夏休みということで
古漫画というか古アニメ系のお話を。


ウチの地方、現在「ルパン三世~峰不二子という女~」が
深夜に放送されております。
(都会のほうでは、もうとっくの昔に放送されていたのですよね)
こっちではいま、6~7話くらいやってんのかな?
私はテレビ欄で目についたときに録画して
ちゃんと観たのが・・・
その6~7話中・・・2話くらいですかね・・・

「40代なのにアニメなんて観るの?」

と思われる方もお見えでしょうが
やっぱ、子供の頃に観てたアニメが
現在どのように姿を変えているんだろうか。
って、気になっちゃうんですよね。

1971年に初めて放送された「ルパン三世」
これを観た時

「おとなだ!おとなのまんがだ!」

と、何か子供の私にはまだわからない、
わからないけれども魅かれる、
キケンな香りを漂わす、カッコイイ登場人物たちの
爽快で華麗で、
洒落た会話やアクションに釘付けになったものです。

またそんなワクワク感にひたれないだろうかと
ちょっと期待したりするのですが・・・

子供の頃に、大人の人たちがつくったアニメをみるのと
かなりの大人になって、いまの自分より若い方々がつくった
アニメをみるのではやはり見方が違いますよね・・・
当たり前ですが・・・。

さてそういうわけで、その「~峰不二子という女~」
私が観たその2話がたまたま肌露出の多い回だったのか
わかりませんが、オープニング・エンディングも込みで
いまのところ私の中では
「峰不二子がハダカでプラプラしとるアニメ」
という認識でございます。
なんだか「いまどきの若い娘は・・・」的な
年配目線で観ているような気が、自分でもいたしますよ・・・。

815

でもね、おもしろいと思ったのは
主人公を峰不二子にしたところですね。
これまで登場人物のひとりだった女性にスポットをあてるのね。
ルパンも次元も脇役で、出る回もあったりなかったり。
スピンオフ?っていうの?こういうの。
ドラマとか映画とかでもやるやつ。

私、こういうの他のアニメでも
どんどんやればいいんじゃないかと思うんですよ。
特に昔のアニメでやれば。
私のように、昔懐かしさで40代・50代の方々も
観たいって気になるんじゃないかしら。

私ならこれが観たい!・・・というスピンオフ・アニメ
それは・・・

長くなっちゃうので次回に!

(※)実はこの記事、とっかかったのが盆前なんですよ・・・
お盆中は、雨ばっかでしたが
アナタはよいお盆をお過ごしでしたでしょうか?

実家に帰省して、のんびりしたわ~!というアナタも
ダンナの家で、気疲れしたわ!というアナタも
私同様、家で客を迎える立場だったわ!というアナタも
よろしければ、おつかれさまのクリックを。
↓↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

40代主婦 夏休みのおもいで。

ようこそ、いらっしゃいませ。

引き続き お暑うございます。
さて、今回は
8月ということで、夏休みの思い出をテーマに
思いつくままにダラダラと綴らせてもらいます。



私の子供時代の夏休みのお楽しみと言えば

「夏休み子供劇場」

でしょうか。

これはね、午前中10時くらいから
立て続けに3本くらいやるテレビのアニメなんですよ。
アニメはその年によって違うんだけど
わりとよくあったのが

「海のトリトン」とか
「ふしぎなメルモ」とか
「ワンサくん」
「サスケ」
「妖怪人間ベム」
「デビルマン」
「黄金バット」等々

午前中の涼しい時間帯からですよ。
夏休みの宿題やりゃいいのに
ずっと姉妹3人、テレビに釘付けで。

いまみたいにテレビの録画機能や
レンタルビデオなんてない時代。
いま、この時間を逃したら
いつやるかわからない次の再放送まで見れないってんで
スイカやアイスかじりながら
その時間を満喫してました。

「テレビばっかりみてないで、勉強しなさい!」

と、時々母親が居間の我らにきびしい声をかけますよ。

「やるってー」
「わかってるってー」


と、こしゃくな態度で返答しますが
まぁ、テレビから離れることはありませんでね。

アニメが終わると11時半ごろ。
なんやかんやで昼食になります。
昼食終わると、勉強・・・すればいいのに
暑い時間帯だもんで、やっぱダラダラしちゃいます。

夕方涼しくなったらなったで
また、そんな時間にアニメの再放送ですわ。
「ハイジ」とか
「ルパン三世」(初期のやつ)とか。
なんのかんので観ちゃうんですよねぇ。

そうこうしてると、夕日が沈んで夕食の時間になるという。

・・・ってな生活を繰り返していると

とうとう母親が我慢の限界を超えたようで
目はつりあがり、眉間にしわがより
妖怪人間ベラのような恐ろしい雰囲気をまとって
居間に入ってきたかと思うと


「あんたら、
いい加減にしときなさいよーーー!!」

85


怒声が雷鳴のように轟き
テレビのスイッチをビシャン!と切られ
居間から強制退去させられる我ら。

そんなのがお約束の私の夏休み・・・。

でも、これってけっこう40代の方々には
あるあるの夏休みの思い出なんではないかと・・・え?違います?


まぁこんなダラダラでも、
いつも夏休みの宿題は、休みの終わる一週間くらい前には
済ませてましたよ。
読書感想文だけには、いつも悩まされてたけど・・・
アニメの感想書くわけにはイカンしねぇ~・・・


いつにもまして、なんてぇことのない話ですが
アナタはちょっぴり懐かしさを感じてくださったかな?

それでは、また。


そーそー!アタシの夏休みも、こんなだったわ!という奥さまも
アタシの夏休みは塾通いで、テレビなんざぁ・・・!という奥さまも
よろしければ、ラジオ体操のハンコを押すようなクリックを。
↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年8月 1日 (水)

バテキ。

ようこそ、いらっしゃいませ・・・。

せっかくお越しくださったアナタに
この、二週間ぶりの更新記事は
単なる、管理人の夏バテ具合をお知らせすることしか
できぬことを前もっておわびいたします。

予定では今回は、前回の続きで
お義母様に対するこれまでの私の胸のうちを
溜まり溜まったモヤモヤを
吐き出す記事にしようとしていたのですが

なんなんですかね、この暑さ・・・!!

胸の中のモヤモヤを吐き出す前に
リアルに胃の中の内容物をゲロってしまいそうでございます。
水分を摂りすぎるのか
腹具合も悪く、すぐにゴロゴロピッシャン!してしまいます。


そんなある日のひとコマを。

朝、玄関を出ると
まだこんな時間から、カッ!と照りつける強い日差し!
まじで

「今日こそ、口から魂が出るやもしれん・・・!」

そういう危機感をもっての出社でございます。

職場では、製品を成形する大型機械と機械の間で
扇風機一台をあてがわれての立ち仕事もまわってまいりますが
機械の熱気で、昼間は気温40℃近くになることもございます。
持参した水筒のポカリで、体内から出まくる水分を補給し
ダラダラ流れ続ける汗を首からかけたタオルで拭きまくり
化粧なんぞもう、くずれまくりの様相でございますよ。
ただただ、暑い・・・熱い・・・!!


しかしそんな中でも、夕方近くなると
窓から入る風が、
ふっと気持ち涼しいものに変わるのがわかります。

「あぁ・・・!あと少し。もう少ししたら仕事が終わる・・・
終わったら・・・家に戻れば・・・アレが待っている・・・!
頑張れ!頑張れ自分!」

「アレ」とは、私が冷凍庫に入れておいた
”凍らせて食べるゼリー「フルじぇら」”(※)
最近のお気に入り。

(※)”フルじぇら”とは
ブルボンさんから出ている、新感覚”凍らせて食べるゼリー”
オレンジ・グレープ・パイン・グレープフルーツの4種類の味がある。
価格は一個78円
フツーのゼリーを凍らせるのと違うのは
長時間冷凍庫に入れても
カッチカチにならず、そのままスプーンでシャクッ!とすくえて
すぐに食べられる。
食感は、シャーベットよりなめらかな舌触りで うまし!!
これはこの夏のヒット商品なのでは!・・・と私は思っている。


涼しくなった風と、
帰宅後にそれを食べるというお楽しみを支えに
頑張って、頑張って仕事して、そして・・・

帰宅!!

どろどろに溶けかけた体をひきずるようにして
台所へ。
そして、冷凍庫の引き出しから、夢見たアレを取り出し
いのちのカケラとなるそれをスプーンですくうと
喉元から私は息を吹き返すように、活気を取り戻し・・・

となるはずが・・・


・・・あれっ!?無いいィ!?Σ(lll゚Д゚)


取っておいた最後の「フルじぇら」が!!?

私は居間でパソコンかまってる娘に、あわあわと尋ねます。

「ねぇっ!あのさ、お母さんのフルじぇらが無いんだけど!」

娘、パソコンから目を離さず

「・・・・・・お茶飲めばいいじゃん」

えっ!?

「いやいや、お母さんがとっておいたやつがさ!
無いんだけど!帰ったら食べようと思って
楽しみにしてたんだけどさ!」


「だから、お茶飲めばいいじゃん」

・・・・・・ハッ!

私と目を合わさぬようにしている娘の口の端が
微妙に上がっているわ!
その顔には・・・書いてある!

「私が喰っちゃったわよ!」

と!!


娘エェェッ!!貴様・・・ッ!!

アンタには先に一個あげてたじゃないっ!
やめてよ!おばぁちゃんみたいなマネすんのはっ!

ホントにお義母様が食べちゃったとしたら
再度ブチギレするところだったかもですが
娘ならまぁ・・・勘弁してやらぁ・・・くそぅ・・・・・・


けどもうそれで、口から魂 半分出たもんで
夕飯作る気力もなく
冷ややっことか、きゅうりのめんつゆ和えのような
火を使わないおかずでこちらも勘弁していただきましたよ。


そんなバテバテのある日のことでございましたと。
そして、このような日々も・・・
↓↓
81


なんてぇことのない、
暑苦しいだけの記事をお読みくださったアナタにありがとうを。
暑いのはいずこも同じですよね。
アナタも夏バテにはお気をつけて。ではまた。




・・・なんだか毎日腹がピリピリしてるんだよなぁ~
水っ腹なのかなぁ~
そうそう、私もそうなのよ!と私同様「トイレは友達さ!」の奥さまも
私は夏だって体調ビンビンよ!の強くたくましい奥さまも
よろしければ私の夏バテを吹き飛ばしてくださるようなクリックを。
↓↓
人気ブログランキングへ


あぁ・・・誕生月間が終わっちゃった・・・

あっ!そうそう、今回のタイトルもじりは
久保ミツロウ先生の「モテキ」で。
久保先生、数日前「いいとも」のテレフォンに出演されてましたね。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »