« むかしばなしを思い出す。 | トップページ | 義母への怒りに身をまかせ。 »

2011年12月25日 (日)

フリじゃないのよお義母様!

ようこそ、いらっしゃいませ。

またまた今回も義母ネタで。すいませんねぇどうも。
あ・でも汚ネタではないので、お食事されながらのアナタ
問題ないと思いますのでどうぞそのままで。


私がある朝、仕事に行く前にね
郵便受けに、
知人に渡す「ある封筒」
入れておかねばならなかったのですよ。
その知人がその日、隣町からその「封筒」を取りにくるのでね。
知人の仕事上必要なもので、その日に渡さねばならないもの。
お義母様に頼んだところで、多分耳が遠いので
玄関先で呼ばれたとしても聞こえないだろうし

「封筒を取りに来たら渡しておいて」

なんて頼んだとしても、そんなこと忘れちゃうだろうしね。
なので、
この「郵便受けで引き渡し」にしようということになったのです。

知人には、出がけに電話し

「封筒を郵便受けに入れておくから、よろしく」

と連絡しておいて


さて、お義母様。

やはり、これはちゃんと言っておかねば!と。
ウチに来た手紙だと思って、郵便受けから出してしまったら
なんにもなりません。

(ちなみに”封筒”といっても、封筒大の紙袋で
普通の手紙ではないということは一目瞭然のもの。
郵便受けにすっぽり入る大きさで
フタを開けなければ、入っていると気づかない大きさ)

私はお義母様に、その封筒を目の前で見せ

「お義母さん。この封筒、郵便受けに入れておくんだけど
人が取りに来るものだから、
かまわないで入れたままにしておいてね」


と、はっきりわかるように大きな声で言ったわけですよ。
しかしまぁ、一度だけでは「はぁ?」ってカンジで
わかんないようだったので、
2回・3回繰り返し説明いたします。
そして、

「とにかく、郵便受けにこれを入れておくから
触らないでね。なんにもしなくてもいいから
とにかく・絶対に・触らないで!
家に持って入らないでね!絶対に!!
いいかね!?」



と、念押し。
するとお義母様、”あぁ、あぁ、ふんふん”というカンジで頷きます。
それを確認し、郵便受けにそれを入れ、
私は仕事に出かけたわけです。

一抹の不安が胸をよぎったのですが


・・・まさかな・・・


と、それを打ち消して・・・




しかし、午前の仕事中


・・・携帯電話が鳴り・・・


受けたその内容は、お義母様が

その「まさかな」のことを
やらかしたのだと知らされるものでした・・・。



知人「今、お家に着いて郵便受けを見たんだけど
   何も入っていなくて・・・
   多分、おばあさんが家に入れちゃったと思うんだけど
   お出かけされたみたいでお家にいらっしゃらなくて・・・」



お・・・


お義母様ーーー!!!



ううぅーーー!もう!もうーーーッ!!


「これをやってちょうだい」と頼んだことを
忘れてしまって やらないというのはまだわかるけど


「これをやらないでね!
絶対にやらないでね!!」


と、言ってるのに
やっちゃうって・・・どういうこと!??


お義母様!別にこれ、フリでもなんでもないですよッ!!

私ゃ、ダチョウの竜ちゃんじゃねぇー!!

1225


・・・続きます。

クリスマスでございますねぇ。
楽しく過ごされてるアナタも、私同様フツーの日常を
過ごされてるアナタも
よろしければ、ケーキをつつくようなクリックを。
↓↓
人気ブログランキングへ

・・・実は今回の記事、文章のほうは何日も前にとっくにできていたのですが
画の方が問題で・・・
”浴槽のヘリに必死でつかまる人間のポーズ”をリアルに描くのが難しくて。
マール社さんから出てる「動くポーズ集」の
「基本動作編」にも「アクション編」にも
”浴槽のへりに四つん這いになる”ってのがありませんで(そりゃあね・・・)
この上は、自分がモデルになりその写真を参考に、とも思いましたが
さすがに40代主婦が、そんなカッコウを写メに撮ってくれと誰に頼めましょう・・・
そんなこんなで、描けぬままに日が経って
結局、このような手抜きの画になってしまったことをおわびいたします・・・。

|

« むかしばなしを思い出す。 | トップページ | 義母への怒りに身をまかせ。 »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« むかしばなしを思い出す。 | トップページ | 義母への怒りに身をまかせ。 »