« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月26日 (月)

義母への怒りに身をまかせ。

ようこそ、いらっしゃいませ。
前回の続きでございます。
ちょっと、いつになくシリアスめいておりますよ・・・。



さて、それからどうなったかと言えば

知人は義母の帰りを少し待ってみるとのこと。
私は仕事中で、
家に戻ることができず、やきもきしていたのですが
しばらくしてまた携帯で

”お義母様が戻ってきた”
”戻ってきても、封筒のことは覚えがなかったが
たまたま事情を知った隣の奥様の助けもあり
無事封筒が見つかった”

との連絡が入り安堵した次第。

しかし、安堵すると今度は義母への腹立たしさで
頭はいっぱいになってしまった私。

仕事から戻ると、家に入る前に まずお世話になった
隣の奥さまのところへお詫びをしに行きました。
そのお隣のご夫婦には、昔から色々お世話になっており
ウチに行ったり来たりの間柄で
奥さまも 義母との付き合いは私よりも長いので
義母の性格もよく知っており、扱いも私より慣れたものです。

奥さまは

「なんか、あの人(知人)も急いでるらしくて困ってるし
おばさんは郵便受けから何か出したことも覚えがないしで
ふるまんちゃんには悪かったけど、家に入らせてもらって
おばさんと一緒に その渡し物を探したのよ。
テレビ台の上に置いてあったのがそれみたいで、
その人に渡しておいたから。」

と、明るく笑っておっしゃってくださったけど
ホントに、このようなお隣さんがいてくれるので
ウチはいつも助けられているのだけれど

ありがたいと思うと同時に
なんだか

・・・情けなくなってきちゃいましてね・・・


・・・家の者だけならまだしも
他の人達まで迷惑かけて・・・


ウチに戻るとお義母様
相変わらずボケ~ッとしたカンジで
冷蔵庫を開けて、なにやら出そうとしております。
自分から「今日こんなことがあって・・・」という話も
する気配すらありません。

も・全部忘れちゃってるってコト!?
自分の行いで周りがあたふたしてたのに
ほんの少しも”自分が悪かったようだ”ってコトも
思ってないってコト!??


もう・・・

もうーーー!!


その様子を見て また、私テッペンに来ちゃいましてな!!

お義母様を叱ったわけですよ!!

「お義母さん!!
朝あんだけ言ったのに、
なんで
郵便受けの中のモン かまったの!!
隣の奥さんまで、まきこんで 
みんなに迷惑かけて!!
こんなのホントに私、もう 
イヤになってまうよお義母さん!!」



すると、お義母様

「・・・何な?」

とポカンとした調子。

「おまはん、何言っちょるんじゃな?
わっち、ちょっともわからんのじゃて」


・・・くわわわわ~~~!!!


火に油を注がれた感、満々なのに
また、コトの事情を
一から・ゆっくりと・2.3回
説明せねばならぬもどかしさよ!!



これは・・・あれか!?

志村けんのバァさんコントか!?
コントなのか!??


1226

・・・更に続くという・・・。


こちらはホワイトクリスマスになりましたね。
かといって、ステキな雰囲気などなることもなく
滑る路面におっかなびっくりになりながらも
町に買い出しに行きましたよ・・・。

そうよね~!雪なんて、不便なことばっかよね!
というアナタも、いや・雪は好きだよ、というアナタも
よろしければ雪道をしっかり捉えるスタッドレスタイヤのような
キュッとしたクリックを。(なんかわかりにくい・・・?)
↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

フリじゃないのよお義母様!

ようこそ、いらっしゃいませ。

またまた今回も義母ネタで。すいませんねぇどうも。
あ・でも汚ネタではないので、お食事されながらのアナタ
問題ないと思いますのでどうぞそのままで。


私がある朝、仕事に行く前にね
郵便受けに、
知人に渡す「ある封筒」
入れておかねばならなかったのですよ。
その知人がその日、隣町からその「封筒」を取りにくるのでね。
知人の仕事上必要なもので、その日に渡さねばならないもの。
お義母様に頼んだところで、多分耳が遠いので
玄関先で呼ばれたとしても聞こえないだろうし

「封筒を取りに来たら渡しておいて」

なんて頼んだとしても、そんなこと忘れちゃうだろうしね。
なので、
この「郵便受けで引き渡し」にしようということになったのです。

知人には、出がけに電話し

「封筒を郵便受けに入れておくから、よろしく」

と連絡しておいて


さて、お義母様。

やはり、これはちゃんと言っておかねば!と。
ウチに来た手紙だと思って、郵便受けから出してしまったら
なんにもなりません。

(ちなみに”封筒”といっても、封筒大の紙袋で
普通の手紙ではないということは一目瞭然のもの。
郵便受けにすっぽり入る大きさで
フタを開けなければ、入っていると気づかない大きさ)

私はお義母様に、その封筒を目の前で見せ

「お義母さん。この封筒、郵便受けに入れておくんだけど
人が取りに来るものだから、
かまわないで入れたままにしておいてね」


と、はっきりわかるように大きな声で言ったわけですよ。
しかしまぁ、一度だけでは「はぁ?」ってカンジで
わかんないようだったので、
2回・3回繰り返し説明いたします。
そして、

「とにかく、郵便受けにこれを入れておくから
触らないでね。なんにもしなくてもいいから
とにかく・絶対に・触らないで!
家に持って入らないでね!絶対に!!
いいかね!?」



と、念押し。
するとお義母様、”あぁ、あぁ、ふんふん”というカンジで頷きます。
それを確認し、郵便受けにそれを入れ、
私は仕事に出かけたわけです。

一抹の不安が胸をよぎったのですが


・・・まさかな・・・


と、それを打ち消して・・・




しかし、午前の仕事中


・・・携帯電話が鳴り・・・


受けたその内容は、お義母様が

その「まさかな」のことを
やらかしたのだと知らされるものでした・・・。



知人「今、お家に着いて郵便受けを見たんだけど
   何も入っていなくて・・・
   多分、おばあさんが家に入れちゃったと思うんだけど
   お出かけされたみたいでお家にいらっしゃらなくて・・・」



お・・・


お義母様ーーー!!!



ううぅーーー!もう!もうーーーッ!!


「これをやってちょうだい」と頼んだことを
忘れてしまって やらないというのはまだわかるけど


「これをやらないでね!
絶対にやらないでね!!」


と、言ってるのに
やっちゃうって・・・どういうこと!??


お義母様!別にこれ、フリでもなんでもないですよッ!!

私ゃ、ダチョウの竜ちゃんじゃねぇー!!

1225


・・・続きます。

クリスマスでございますねぇ。
楽しく過ごされてるアナタも、私同様フツーの日常を
過ごされてるアナタも
よろしければ、ケーキをつつくようなクリックを。
↓↓
人気ブログランキングへ

・・・実は今回の記事、文章のほうは何日も前にとっくにできていたのですが
画の方が問題で・・・
”浴槽のヘリに必死でつかまる人間のポーズ”をリアルに描くのが難しくて。
マール社さんから出てる「動くポーズ集」の
「基本動作編」にも「アクション編」にも
”浴槽のへりに四つん這いになる”ってのがありませんで(そりゃあね・・・)
この上は、自分がモデルになりその写真を参考に、とも思いましたが
さすがに40代主婦が、そんなカッコウを写メに撮ってくれと誰に頼めましょう・・・
そんなこんなで、描けぬままに日が経って
結局、このような手抜きの画になってしまったことをおわびいたします・・・。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

むかしばなしを思い出す。

ようこそ、いらっしゃいませ。

前回の記事を作成してましたらば
ふと、”全身鳥肌が立つような”昔話を思い出しちゃったので
今回はそのお話を。
あ・ひょっとして、
お食事されながらお読みになろうとされてるアナタ。
食後にいらしてくださることを、おススメいたしますよ・・・。




前回、「お義母様の入った後の浴槽が垢まみれ」てなことを
記している最中
なんだか、垢に関連したものすごい昔話があったような・・・
と思いだし、検索してみましたらば

・・・ありましたな・・・

「力太郎(ちからたろう)」というお話でした。

ストーリーが全然覚えがないのですが、
まぁ「力太郎」が、
鬼のようなもんを退治するようなお話らしいです。
そうすると桃太郎や一寸法師のほうが馴染みがあるよね。

が、この昔話の驚愕する点というのが

主人公「力太郎」の出生にあり!

というのも

貧乏でなかなか風呂にも入れない老夫婦。
この老夫婦が久々に入った風呂から

出た垢を!集めて!!
ばあさまがそれで人形を作ったと!!
(ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ)


その人形をかわいがっていたら
それに命が吹き込まれて
人間(力太郎)になったというのである!

誰が考えた物語か知らないけど

”垢を集めて人形を作る”て・・・

昔の人って発想がすごいよね・・・

この話・・・
多分娘が保育園の時に本を借りてきたんだったか。

読み聞かせようとして
「えぇっ!?」と目を見張った自分がいたことでしょう。
あまりにも衝撃的で、その部分だけ
頭のどっかに残っていたのね・・・


・・・でも、垢って実際 粘着の度合いはどうなの?
消しゴムのカスみたいに指でこねてると
ひとつのカタマリみたいになってくるの?
ホントに人型に成形できるほど
使い勝手の良い原料になり得るの?
色は!?色はどうなの!?
臭いとかは!?
やっぱり”練りモンが腐ったような臭い”がするの!?
ねぇ!教えて、教えてよ!おばあさま!!
うぅッ・・・げえぇっ・・・!!


・・・なんか、気持ち悪くて考えたくない!って思う心と裏腹に
何故か考えちゃう自分っているよね。
具合悪くなりながらね・・・

1211

まぁ、そんな昔話を思い出しましたよという他愛無い話で・・・
こんな記事ばっかでスミマセン。ホントに・・・
それでは、また。


こんな内容でお願いするのも気がひけますが
よろしければ、垢人形に触れるようなクリックを・・・(ひいぃ・・・!)
↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

40代主婦は2度風呂を沸かす。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回も、義母ネタになっちゃいますが
よろしければ・・・



「お義母様が風呂にお入りにならねぇ・・・」

このことがいつも気にかかっていた私。

まぁ、寒くなってきたしね。
脱衣所で、震えながら服を脱ぐのもヤだろうし
風呂に入る行為自体、面倒くさいんだろうってのも
わからないわけではないんだけど

けど、
一週間や二週間じゃないじゃんかッ!!


も・いい加減にしてくださいよ、お義母様ッ!!
こっちがうるさく言ったとすりゃ、またへそを曲げられると思って
ガマンしてましたけど、もう限界でございますよ!

風呂に入って下さいな、お義母様ッ!!

・・・・・・

というわけで入っていただきました。

(いや、実は すんなり入っていただけたわけではなく
その日、風呂の件も含めて
お義母様の生活についての色々を話し合おうとしたのですが
私のモノの言い方が気に入らなかったのか
お義母様に逆ギレされるという一幕もありつつ・・・
まぁその件については、今回はおいといて)



しかし、入ったはいいが

今度は出てこねぇし!!

私が入浴介助を申し出ても
「まだ、それぐれぇのことは自分でできるわ」
と、お断りになったのでね。

あーそーですか!と。
それなら勝手におやりなさるとよい!と。


一切余計な真似はいたしませんが
それでも、あんまり長く出て来ないと心配になります。

「中でヤバいことになっとりゃせんか・・・?」

と、風呂場まで行き、こっそり耳をそばだてたりいたします。

湯を流す音は聞こえますね・・・
大丈夫なようです。

そして、入浴時間たっぷり1時間15分をかけ
ようやくあがって参りましたお義母様。
やっとこちらも、ずっと気にかかっていたモヤモヤが晴れ
ほっといたします。



・・・さてと・・・

実は、入っていただいたのは

一番風呂!

ホントは一番最後に入っていただきたかったのですが
そうなると遅くなってしまって

「わっちゃ、今日はもう遅いで入らん」

てことになるのでね・・・仕方ありません・・・。

何週間ぶりの風呂・・・

湯船がどんな状態になるか、覚悟はしてましたものの・・・
やはり、垢まみれ・・・水面に浮遊状態はいうに及ばず、
浴槽側面には付着してザラッザラしとりますな・・・
たとえ私とダンナと息子 3人が同じ風呂の湯に3日続けて
入ったとしても、あそこまで汚水にはなるまい
と、思われるほど。

もう、いままでの垢を浴槽の中で 
こすりきりましたよね・・・お義母様・・・
いえ、いいんですよ。お義母様が、スッキリなさればそれで・・・。

さて、では続いて私もこの風呂に・・・


風呂・・・に・・・


・・・・・・


・・・うぅッ!・・・やっぱ無理ーーーッ!!


もったいないとは思いつつ、意を決して風呂の栓をガッと抜くと
湯を流し、もう一度洗剤で浴槽をゴシゴシゴシーーッ!
と洗い直して、湯を入れなおした私なのでした・・・。

1210

以前はガマンして入っていたのですがね
→「二番目の主婦は揺れる」(2010年11月)

さすがに今回はね・・・

なんだかどうも綺麗ではない話ばっかですみませんが
それでも、お読みくださったアナタにありがとうを。
それでは、また。



さて、アナタはどの程度の汚水風呂なら入れますでしょうか?
後でシャワーで流すんだから全然平気よ~♪というアナタも
無理!ゼッタイ!というアナタも
湯沸かしボタンを押すようなクリックを、よろしければ・・・
↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

そして、ひしめきあう者たち。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回の記事は超短めに。


ファンヒーター解禁後の居間の様子を・・・。

↓↓
127

ぎぅぎぅでございます・・・


そうそう、ウチもこんな具合よ~!
という奥様も そうでない奥様も
ぎゅう!と、こう 何かをねじこむようなクリックをよろしければ。
↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

救世主登場。

ようこそ、いらっしゃいませ。

前回の続き(11月下旬の話)になります。


「ファンヒーターをつけよう!」

とうとう口火を切ったのは誰か。

それは


オ~レだ俺だ俺だ俺だ俺だ~~~!!
(↑あの・・・これ、タカトシのタカちゃんのやつね)

・・・そう、ワタクシでございます・・・。

いえ、私はまだ我慢できたのですよ!?
けどね、ほら、週末は 現在一人暮らし中の

娘が帰ってくるというのでね

やっぱ、せっかく帰ってくるというのであれば
あったけぇ部屋で迎えてやりてぇじゃありませんか。

で、私がダンナに

「ねぇ、明日(娘が)帰って来るし、ファンヒーターつけよう」

と、申しましたらば もうダンナは何の躊躇もなく

「わかった。それじゃ、俺が明日灯油を買ってくる」

と即答。

家族の者ら、口には出さなかったですが
安堵したことでしょう・・・


で、当日・・・

実はファンヒーターのフィルター掃除とかが間に合わず
暖かい部屋で娘を迎える・・・ということはかないませんでしたが

娘が帰ってきて数十分後には、居間に今期初めての
温風が、部屋を満たすこととなったのでした。

計らずも、寒さに凍えるウチの者らの
救世主となったよな、娘よ・・・

さぁ・・・これから、電気代・灯油代3倍時期に突入よ・・・


前回の記事から、10日ぶりのノロノロ更新ですが
お読みくださり、ありがとう。それでは、また。


ちなみに
久々に戻ってきた娘の、家に入った時の様子・・・
↓↓

122

「寒いし!なんか ケモノ臭いし!何なん、このウチ!」

とか言うてましたな。

多分、玄関横廊下に干してある、お義母様の洗濯物から
臭うんだろうが・・・”ケモノ臭い”て・・・
しかし、確かにもうアンモニア臭というよりは
私の嗅覚では”練り製品が腐ったような臭い”がいたしますよ・・・
お客様がいらしたときに、体裁悪くてもう・・・


わかる!その臭いわかるよ!・・・というアナタもそうでないアナタも
よろしければファンヒーターのスイッチを入れるようなクリックを・・・
↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »