« 君はその印を見たか!? | トップページ | あなたの表の顔を私は知らない。 »

2011年9月16日 (金)

世間様は見てる?(2)

ようこそ、いらっしゃいませ。
前々回の続きでございます。


「美容院へ行きなさい」

周囲の人々の忠告を無視し、ヤマンバ状態の頭をものともせず
日常生活を送り続ける義母。
そして、それをため息まじりに見守る嫁。

そんなある日

義母がなにやら、花きりバサミを手に裏口から出ようとしてますよ。
何をするつもりか?訝しげに様子を見ている私に義母

「わっちゃ、裏のあの草木がぞろぞろとしとるのが
気になってしゃあないんじゃな。いまからちょっと切って
うつくしゅうせしと思って」


とおっしゃる。

ウチの裏側と、隣のお家の境目に両者の草木が伸びており
それが義母にしてみれば汚くみえてしょうがないので
自分で切ってきれいにするつもりなのだと。
しかし私の目からは、
草木が伸びているといっても気になるほどではなく・・・

とにかく慌てて止めますよ。

「いやいや、お義母さん。お隣の草木もあるんだから
勝手に切ったらダメだから。
あとでお隣さんのとこは、言って切ってもらうから。
ウチの側は、ダンナにやってもらうから
お義母さんはやらなくてもいいよ!」


と。

「かまやせんな。わっちはいつも、勝手に切っちょるな」

いや、確かにそこは、お隣さんにとっても裏にあたる場所なので
そこに生えている草木は自然に生えているもののようでもあるが
やはり、ひとこと断ってから・・・
というか、
とにかくお義母さんが下手にやり慣れないことをしてまた
腰が痛ぇやら足が痛ぇやらと
言われるのがこちらはかなわんのですよ。
なので、私は更に止めます。

「お義母さん!いいから!
そんなことして体の調子が悪くなったらいかんで
ウチに入っとって!あとで、ダンナにしてもらうからいいって!」


と。

するとまぁ、お義母様の言うこと・・・

「おまはん、わっちゃこれでもいつも気にしとるんじゃな。
わっちはいつ倒れるかわからんしじゃで、
ひょっとわっちが死んだあと
人が集まったときにこの裏を見て、
むっさらけぇ(汚らしい)と思われるといかんで、
いまできるときに しとかし(しておこう)と思っとるんじゃな」



・・・何をまたコシャクなことをこのババ・・・いや、お義母さんは・・・!


と、私イラッとしましてな
とうとう今まで言わずにいたことを口に出しましたな!

「お義母さん!自分がいつ倒れるかわからんと思っておるならな
人が見るか見んかわからん裏口の心配するよっか
自分自身の身なりの心配をしちょんせぇ!
そんなぞろぞろとした頭で倒れたらお義母さん、
恥かしい思いするのは自分やな!
そんな元気なら、いまから美容院に行ってきんせぇ!


と!

しかしお義母様、「おまはん、そんな言い方せでも・・・」やら
それはあとで行くとかなんとか、もごもご言うと
とにかく自分の今したいと思ったことはしないと
気が済まないのか、そのまま裏口から出て行きましたな。

チイッ!もう、勝手にするがよいわ!



・・・しかし・・・


自分で言って気がついたのだけれど

お義母さんが倒れたときに、恥かしい思いをするのは

”お義母さん自身”

ではなく

”嫁の私が恥かしい思いをするのか?
世間様に妙な目で見られるのか?”


たとえば倒れて病院に搬送されたりした時

”まぁ、なんてみすぼらしい身なりのおばあさん。
同居なのに、ここのお嫁さんは、何も世話をしてあげて
いないのかしら”
とか、思われてしまうのか?
最悪、老人をネグレクトしていたのかと思われてしまうのか!?

お義母さんにも私にもストレスがあまりないようにと
自分なりにできる関わり方を考え
世間様の目など、それほど考えたことはなかったのだけど
”もう介護か・まだ自立できるか”の
グレーゾーンの年寄りを抱える嫁に対する
世間の見かたって、ひょっとしてそういうカンジ?

義母の身なりから行動まで、
そろそろ責任をもたねばならぬのは
義母本人ではなく、家の者!?特に嫁!?

ひとりで悶々と考え出して、ブルーになってしまった
同居嫁、ふるまんだったのでした・・・。


今回は、お義母様の衣類洗濯後やるせなさを感じるひとコマを。
↓↓
916



そぉよね~!色々考えちゃうとこよね~!
と、同じような境遇のアナタ。
よろしければクリックを・・・
↓↓

人気ブログランキングへ

|

« 君はその印を見たか!? | トップページ | あなたの表の顔を私は知らない。 »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

お義母さん、なんで面倒なんでしょうね。
美容院って気持ちイイ様な気がするのですが…
でも、こんな状態であれば何て声を掛けようが、
頑として行かないでしょうし…
そうだ!
お義母さんの女性心理を逆手にとっては如何でしょう。
たしかお義母さんはお花の件で美意識があったと思います。
それが対抗心によるものとも…
家族みんなで同時に美容院に行って、
夕飯時などに美容院ネタを話題にして、
お義母さんの対抗心に火をつけ促がす作戦はどうですか?
って、そんな上手くいくわけないか…

投稿: hide | 2011年9月18日 (日) 09時48分

>hideさん
以前は”身なりはきちんとしなけりゃ、周りに笑われる”と、
面倒くさいけど行かなけりゃって気持ちがあったのでしょうが
いまはもう周囲の目もそれほど気にならなくなったのか
”とにかく面倒なことはしたくない”という一点なんでしょうね。
もう、家族が皆こぎれいにしてるなら自分も・・・って感覚もなくなっちゃってるっていうか
hideさん、せっかくアイデアを出してくださったのに
無理やり家族で美容院ネタするのが・・・私が恥かしくて無理・・・
だって、ダンナも私もお互い髪切りに行っても
褒めたり批評しあったりってことないんですも~ん!
hideさんは、奥様の髪型褒めたりされます?

投稿: ふるまん | 2011年9月19日 (月) 21時06分

しないな…

何かしらのコメントを求められても…
しないな…

投稿: hide | 2011年9月19日 (月) 21時30分

>hideさん
・・・ですよね・・・

褒めるのも、褒められるのもなんか気恥かしい・・・
いや、かといってダメ出しされるのも・・・
うぅん・・・

投稿: ふるまん | 2011年9月23日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君はその印を見たか!? | トップページ | あなたの表の顔を私は知らない。 »