« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月24日 (日)

まいにち きゅうり。

ようこそ、いらっしゃいませ。

まぁ時の流れは早いもので、
あれよあれよと前回の記事から10日以上経ってしまって!

せせこましいネタは、あるっちゃあるのですが
どうも義母がらみのイラつきネタが多く
そればっか続くのもなぁ・・・などと考えているうちに
日が経っちゃうのですよね・・・。

なので今日は主婦らしく、料理のレシピなどを・・・

いまの時期、キュウリをよくもらうんですよね。
毎度けっこうな本数をもらうのですが
今年私は美味い料理法をおぼえたもんで
毎日、3~4本消費することができております。

それは「きゅうりのめんつゆ和え」

作り方は

①きゅうりの皮をところどころ剥いたあと乱切りにしまして
②そこへおろしショウガを混ぜまして
③めんつゆをガーッとかけまして
④かつおの削りぶしも加えて混ぜて、出来上がり。

724

冷蔵庫で冷やしておいて、
食べる直前に出すとよりおいしゅうございます。

もう、私いくらでも食べれちゃいますよ。うふ。

・・・ってなカンジで今日はシメさせていただきましょうか。




と、思ったのですがついでに今日あった出来事を短めに。
前回のお花ネタの続きになりますが


花を買うのをしばらく止めておったのですが
以降、お義母様も庭の花を飾ったりすることもなく
玄関が殺風景でございましたよ。

・・・うぅん・・・さびしいね・・・明るさが無い・・・

なので、もうこちらは辛抱たまらず
今日は買い物ついでに花屋さんに寄って、
いいカンジのお花を買ってまいりました。
ルンルンでバケツに水をはって入れておき
後で飾ろうと思っていたのですが・・・

・・・お義母様に先を越されて
それを飾られてしまったという・・・


ちょいとーーッ!!
お義母さんッ!
私が自分の癒しのために買ってきた花ですよッ!
自分が飾るのを楽しみにしてたんですよッ!
なんでこういうときの行動は素早いかな!
そんなにちゃっちゃと動けるなら
ご自分の濡らした下着をいつまでも部屋に留め置かずに
速やかに洗濯カゴに入れといてくださいよッ!くうぅッ!!


・・・とまぁ、やはり休日もイラッとしている私でございました。


イラつくネタばかりでも、お読みくださるアナタにありがとうを。
でも、きゅうりレシピは参考になったですかね。
そんなアナタ、よろしければ ちょいときゅうりをつまむようなクリックを。
↓↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年7月10日 (日)

花で小競り合う!

ようこそ、いらっしゃませ。
今日は、前回の心和む記事とは一転。
花をめぐり湧き起こる、どろどろの心模様を記しますよ。


日曜日、心の潤いを求め
キチキチの生活費から花代を捻出し、お花屋さんへ。
ワクワクしながら、玄関に飾るお花を選びます。

家へ戻って早速、花瓶に生け
玄関に飾って、眺めて、悦に入る・・・そんな日々。

・・・

・・・

なのですが!!


なんなんですかね・・・お義母様・・・!!

私が花を飾った翌日に、かなりの確率で
自分も玄関に花を飾りだすのですよ・・・!

庭に咲いている花を、普通の花瓶に差し、下駄箱の上の
私の生けた花の隣にどうだとばかりに飾るのはまだ
ガマンしますが

ある時は、クローバーやらシロツメクサやらヒメジョオンやら・・・
センスのある方なら、何かうまいやり方でもって
小洒落たカンジに飾れるかとも思いますが
シロウトにとってはただの野草・・・
広い原っぱに、集団で咲いている方が似合う草を
お義母さんは一握りくらい取ってきて、飾ったりします。
それも・・・花瓶ではなく、

「ホールコーンの缶詰の空き缶」やら
「焼き肉のタレの空き瓶(ラベル付き)」
「返却用の牛乳瓶」
などに・・・

710

それを玄関に・・・
私の飾った花より先に、お客様の目につく場所に・・・

うぅぅ~~~・・・なんとなくみすぼらしい感が漂うぅ~~~!
これを私のセンスだと、お客に思われるのが口惜しい~~!


すぐにでも、とっぱらいたい気持ちはあるのだけれど
やはり・・・お義母さんなりに、玄関を美しくせねばという気持ちが
表われたものであるとすれば、ムゲにもできず・・・
イラッとする気持ちをこらえながら、
さすがに空き缶や空き瓶を、普通の花瓶に変えはしますが
野草はしばらくそのまま、玄関に飾っておきます・・・。

またある時のお義母さんは、
私が生けて置いていた花達をそこから抜き取り
自分の飾った方の花瓶に入れていたり・・・!

極めつけは、つい先日のこと・・・

前回描いたひまわりの画像。
あれは日曜に3本いくらで買ってきたものだったのですが・・・

火曜の朝、私が洗濯物を干している間に
飾っていた3本のうち2本が義母により捨てられ
残り一本は、庭にある花や葉とともに
義母の好みの飾り付けがされていたという・・・!

「ちょ・・・!?お義母さん!ここに私が飾ってたひまわりは!?
まだ、買ったばっかで綺麗だったのに、捨てちゃったのっ!?」


驚いて私が問うと

「あれ、あの花、おまはん生けちょったのかね・・・!?

!!?


・・・・・・・・怒怒怒怒怒・・・・・・!!

おーっほっほっほぅ!!
えーえ!お義母様!!
生けておりましたとも!!
なにかしら、
そのようにはとても見えなかったとでも
おっしゃりたいのかしら!?
ただ、
粗雑に瓶にブッ差してあっただけとでも
思っておられたのかしらッ!?
エェ!そりゃそりゃ、
ラベル付きの空き瓶や缶カラを
堂々と玄関に飾っちゃう
お義母様のセンスには
足元にもおよびませんがね!
しかし、枯れた花かそうでないかの
判別もできんくらいの耄碌ぶりですかい!
エェ?お義母様!!


・・・などと、心の中に煮えたぎるものはありましたが、
それを口に出したところで何になりましょう・・・。

「わっちゃ、耳が塩梅よぉ聞こえんでおまはんが何を言っちょるか、
さっぱりわからんのじゃて」

「おまはんそんな ”おこりおと”せでも(怒鳴らなくても)・・・
わっちも自分で花ぐらい飾りてぇと思ってしたんじゃのに・・・」


等々


予測できる義母の返答に、更に胸を煮えたぎらすこと必至なので、
ムッと黙って私は捨てられたであろうひまわりを、
拾って別の場所に飾ろうとしたのですが・・・


不思議なことに、見つからず・・・


ゴミ箱を探しても、庭や畑を探してもないのですよ・・・

洗濯物を干していた、10分もたっていない間に起こった
セロ並みの義母イリュージョン・・・!わけがわからない・・・!!

そんなイライラ・モヤモヤが胸中渦巻く一日の始まりでありましたよ。



・・・という日常ですので、私が純粋に花を愛でて心をなごます時は
実はほんの一時なのです・・・。
花に罪はないとわかっているのですが
自分が気持ち良く飾ったものが、
無遠慮に義母仕様にされてしまうと、こう、
ムカッときてしまいましてね・・・
義母仕様に飾られたものは、見ても心動かされなくなっちゃう
了見の狭い私・・・。
いや、義母にも悪意が無いとわかってはいますよ。

こういう場合、私の正解は

「まぁ、お義母さん!お花をキレイに飾ってくれて
ありがとう!私が飾ったのより断然いいわ~!
玄関がパッと明るくなったわね~!ステキ!」


と、とにかく感謝しホメることなのでしょう。

・・・

・・・

できるかっ!ちゅう話ですがね!!

私にできることは、せめて義母に不快な思いをさせぬよう
私が更に不愉快な思いにならぬよう
黙って、するままにさせておくのみですよ・・・。

買ったばっかを捨てられるのもなんなので
花の購入はちょっとしばらく止めておこうと思っております・・・。

こんなグチっぽい記事でもお読み下さるアナタにありがとうを。
それでは、また。


アナタのクリックはまるで一輪の花のよう・・・(うまいねどうも)
よろしければで。
↓↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年7月 5日 (火)

花に癒される。

ようこそ、いらっしゃいませ。

今日はちょっぴり、心が和むようなお話ですよ。うふふ。


「花」っていいですよねぇ・・・

私、数か月前から、「家に花を飾る」っていうことが
すごく、自分自身の癒しになるということに
気が付きましてね。

いや、今までも飾っていたことはあったのですが
こうも癒されていることに気づくまでではなかったかなと。

きっかけは
「あっ、これいいな!」って思う一輪ざしを
手に入れまして
「それじゃあ、これに合う花を」と思い、
滅多に行かない花屋に行って
よさそうな花を買って、その花瓶に生けてみたら

・・・まぁ、ステキ・・・

玄関に飾ってみたら、やはりこう・・・ウチの古暗い玄関が
ぱっと明るくなるようで
ホントに、なんか和むんですよ。
ずーっと見ていたくなるくらい。

なんか、こんなことぐらいで癒されてしまうなんて
もしかして自分、かなり心が荒んでいたんだろうか・・・
とも思っちゃいますが
とにかく、花を飾るという行為がこれほども
心に潤いを与えるものだということを知った私は
それから、毎週花を買って玄関に飾るということをしております。
それは、はじめ自分だけのためでしたが
ウチを訪れるお客さんにも、「あら、いいね」と
思われるように
玄関から入ってきたときに見える
花の角度とかも考えて飾るようになったり・・・
花の上手い生け方なぞ、知りませんが
自分がバランス良く飾れたと思った時には
より一層、心晴れやかになり
朝家を出るときにも眺め、玄関入ってからも眺め
玄関前の廊下を通るたびに、眺めては悦に入っておりました。

週末頃、枯れてしまった花達には
「和ませてもらったよ。ありがとう」と思いながら
お別れするのです。

うふふふ・・・今回の記事はちょいとよろしいでございましょ?

75

・・・しかし・・・



そんな花に癒される日々の中でも・・・
ちょいちょい、義母がらみで
花にまつわるイラッとすることが・・・

という話は次回に。

お読みくださったアナタにありがとうのお花を。
それでは、また。

よろしければ、花びらをちょいとさわるようなクリックを。
↓↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »