« 今だ!出すんだ! | トップページ | うわっ!?ああああーーーっ!! »

2011年6月27日 (月)

「男おいどん」を思い出す。

ようこそ、いらっしゃいませ。
今日は日常生活に絡めまして、古漫画のお話も。

この頃、義母の「尿漏れ衣類」の自発的な洗濯機投入を
待っていられない私。

夜、義母が居間で寝っ転がっているのを確認し
くのいちの如く、息をひそめ義母の部屋に忍びこみ
濡れていようがおかまいなく床に直置きされている
山盛り衣類を両手で ぐわし!とひっつかむと
足音たてずに部屋を出、廊下を小走り
そして、脱衣所の洗濯機に一気投入いたします。

そんなある時、ふと思ったのですが・・・

こんな濡れモン、直置きしてりゃ床もジメついてるわな・・・
梅雨で湿気も多いし
適度にあったかいし・・・
これってほっとけばひょっとして・・・


サルマタケでも生えるんちゃうか!?

「キノコ」ではなく「サルマタケ」と思い浮かんで
「あらっ?懐かしい~!」と自分で思ってしまいましたよ。

アナタはご存じでしょうか?サルマタケ。
これはですね、
1971~73年に「少年マガジン」で連載されていた
松本零士先生の「男おいどん」という作品の
中に出てくるモノなのですよ。
主人公の九州男児、大山昇太君が上京して住んでいた
ボロアパートでの住人との生活とかを描いているのですが
このおニイちゃん、
ビンボなのにサルマタ(トランクスみたいなやつね)
だけ異常に所有しており、けど、洗濯しないで押入れに突っ込んで
おくもんだから、そっからキノコがわらわら生えて
それを自分で「サルマタケ」と名付けて
・・・調理して・・・食すという・・・(おおおぇ・・・!)
いや、そればっかの話ではないんだけど。
けど、けっこう肉厚で食べ応えのありそうなキノコに
描かれていた記憶があります・・・。

この漫画、昔 私が幼い頃、
叔父さんがたまたまウチに数冊持ってきた
「少年マガジン」に載っていたのを読んで覚えてるんですが
幼い女児がそこで更に
「イ○キン」という単語まで覚えたのでした・・・。

それまで、少女漫画「りぼん」くらいしか読んだことなかったのに・・・
キラキラでフワフワな世界しか知らなかったのに・・・
そのとき初めて読んだ少年漫画の、なんていうか全体的に、
野性的で土臭いカンジが衝撃的でした。

しかしこの主人公、大山君の、さえない風貌とは対照的に
彼の周囲の女性がえらいべっぴんさんであるのが
また幼心に驚きました。
(女性が何人も登場するらしいですが、どの人も
美人らしいです)
まつげパサパサ長くて、手足細くてスマートで
上品なカンジの女性。

「これ、ほんとに同じ人が絵を描いているの?」

ぐらいの驚き。

「銀河鉄道999」のメーテルとか、
「宇宙戦艦ヤマト」のスターシャとか
ああいうカンジの女性を、松本先生はずっと以前から
お描きになっていたのですね。

あぁいう女神のような女性は、カレシの部屋が不潔すぎて
菌糸類が生えてきちゃっても
黙ってにっこりと受け入れちゃうのかなぁ?
「こうすれば、おいしくいただけるわよ」
とか言って、
味噌汁の具にして、一緒に食したりできるのだろうか?


うおぉ・・・
・・・私にはできねぇよ・・・


認知症の義母にとって、嫁がこのような女神であれば
余生も極楽であろうと思われますが
残念ながら、そうはなれないワタクシ・・・。
もし、義母の部屋に、痩せたサルマタケ一本でも
生えたのを見つけた日には
鳥肌たてて、絶叫しながら
義母が嫌がろうが、泣き叫ぼうが
部屋に消毒薬をまく所存でございますよ!


あぁ・・・思い出したらなんか読みたくなっちゃったわ
「男おいどん」
多分、昔懐かしの昭和の香りがプンプンすることでしょう。

622

子供の頃は、別に”自分の部屋に生えたキノコを食べる”って
特になんとも思わず読んでたけど
今読むとどうだろう・・・?
当時の少年マガジン、確か「あしたのジョー」とか
「タイガーマスク」とか「天才バカボン」とかもありましたね。
あと、確か「釘師サブやん」というパチンコ漫画とか。
パチンコ台が今と違って、こう・・・指でビンビン弾くやつ。
うぅん・・・懐かしい・・・

・・・なんだか、大昔のような話で
わかんねぇよ!というアナタにはごめんなさいを。
でも、わかっちゃった!というアナタはよろしければ、ポッチリと。
↓↓

人気ブログランキングへ

|

« 今だ!出すんだ! | トップページ | うわっ!?ああああーーーっ!! »

古漫画カフェ」カテゴリの記事

コメント

私、学生の頃、野球部でした。
その時代、日々練習に明け暮れ、
真っ白な練習着が泥まみれになるまで、
毎日、汗を流し青春を謳歌しておりました。
そんな練習着は毎日部室に置きっぱなし…
いつしか泥で汚れ茶色の練習着が、
ナゼか緑色に変色していたことを思い出します。
カビちゃんですね。
でも、そんなのお構いナシで茶緑の練習着で、
さらに練習に明け暮れていたことを…
もう少しでキノコでしたね。

ただ、そうやって私の体に抗体ができ免疫がついたのかな
人間は強い子ですね。

投稿: hide | 2011年6月27日 (月) 23時26分

>hideさん
おぉぅ・・・茶緑の練習着!
スポーツに明けくれる男子学生もなかなかに壮絶ですね。
野球部って、ほらあの「もしドラ」?みたく
女神のようなマネージャーがいて
お洗濯もにっこり笑ってやってくれると思ってました。

いや~、しかしほっておくとどんなキノコが生えるのか・・・?
恐ろしいですが、ちょっと見たい気も・・・

投稿: ふるまん | 2011年6月28日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今だ!出すんだ! | トップページ | うわっ!?ああああーーーっ!! »