« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

ムゴイほど意味なし!

今日は、もいっちょ義母ネタで。短めですが。

私は「チャック付き」というのが好きです。
保存にあれはとても便利ですものね。
食品ならたとえば海苔とか、ゴマとか、小麦粉・お塩とかね。
いっぺんに使いきれないものは、
チャック付きかそうでないものかがあれば
たいていチャック付きの方を選んで買ってきます。

で、この間「お砂糖」で「チャック付き」のやつを見つけまして
「これはいい♪」って買ってきたのです。


が・・・


お義母様に先を越されて開封されてしまいました・・・

このように・・・

↓↓

1128

以前は小麦粉のチャックを

”チャックごと全切り開封”

したお義母様ですが
今回はこのような・・・

”チャックの持ち腐れ開封”

をしてくださいましたよ・・・

あまりのムゴさに・・・ふるまんいっぱい泣いちゃう。


・・・お読みくださりありがとう。ではまた。

| | コメント (2)

2010年11月25日 (木)

二番目の主婦は揺れる。

1124

・・・どうしたの・・・?アナタ・・・
今夜は、いつもと違うわ・・・

アナタのあたたかさは変わらない・・・
私をいつものように、包みこんでくれるわ

なのに・・・

なにかしら・・・不安なの・・・
アナタの肌ざわりに何か・・・胸のざわつきを感じるの
このまま身を委ねていたいのに
振りほどいて逃げ出したくもなるのよ

どうしてなの・・・!?


「・・・君は遅かったんだよ・・・僕は、汚れてしまったんだ・・・
 君を芯から癒してあげることはもうできない・・・
 さぁ、僕の触れた跡は洗い流して出て行くといい・・・」


そんな・・・!汚れてしまったなんて・・・
どうしてなの・・・誰のせいなの・・・!
答えて、フロ夫!



・・・また三文芝居のような始まり方で、すいませんねぇ

何のことかといいますと

・・・えーとですね・・・

ウチのお義母様ですが、
気分次第で風呂に入ったり入らなかったりいたします。
もちろん毎日入るときもありますが、
めんどくさい気分が重なり、数日入らなかったりするときがあるのです。

問題はその・・・

数日間風呂に入らなかった、
にもかかわらずのお義母様の一番風呂で!


お義母様が上がった後には、もう・・・

「これがホントに、
人ひとり入っただけの風呂の湯か!?」


と、驚くほどの垢が風呂の湯に浮いているのです。

数日ぶりということに加え
お義母様、湯船に浸かりながらそのまま
タオルを湯にジャバッと入れて
体を念入りにこすっていると思われ・・・
数日分の垢が、
・・・余すところなく湯船にこすりだされているものと思われます。

フツーなら、何日かぶりに入るとしたなら
後のほうに入るとか
まずは体を洗ってから湯船に浸かるとか・・・
家族でもそういう配慮があってもいいかと思うのですが、

・・・お義母様にそれをわかってもらうのも無理でしょう。

”さぁ、風呂に入ろうか”と、着替えを持って風呂場に行こうとして
お義母様に先を越されたとわかったときの衝撃とガッカリ感たるや・・・

”あぁ、私は今日は「例の湯船」に浸からねばならぬのね・・・”

二番目に浴槽のフタをあけると、
はたしてその湯は前述したような状態でありまして・・・

湯は温かい・・・ちょうどいい温かさなのですが・・・
ちょうど湯と浴槽の境目あたりに垢が適度に漂流したり漂着してたりで
うっかり壁面に背中が触れたりしようもんなら

こう・・・

・・・ズぬらっ・・・!

とした感触にあたるのでございます。

もう、風呂に入ってても気持ちいいんだか悪いんだか・・・
念入りにシャワーで体を洗い流してから出てくるのです。
一番最後に入るなら、こんな湯でもまぁ仕方ないとも思えるけど
一番風呂ですでにこのような状態にされるのは・・・キツイ・・・
でも、湯を入れ替えるのももったいないし・・・

11242

けど、こんなこと気にしてるのは私だけなのか
ダンナとか子供らとかが文句を言うのを聞いたことはありません。

別に気付いてないのかなぁ~?

・・・じゃ、黙っておこうっと。

なんか、前回・前々回のスガスガしい記事とは一転、今回は・・・
それでもお読みくださったアナタありがとう。ではまた。

| | コメント (2)

2010年11月23日 (火)

けっかほうこく。

さて、私ふるまん。
11月14日に、とある大きなマラソン大会に参加いたしました。
その結果報告をさせていただきます。(遅・・・)
ハーフ部門にエントリーしていたわけですが
どうなったかといいますと・・・


時間内に完走することができましたーーー!!

11232

いやぁもう

”こんな練習不足で、どうなっちゃうの!?アタシ・・・”

と、不安をかかえたままで

”いっそ・・・バックれてしまおうか・・・”

などとも思っていたわけですが


実際走ってみると・・・

走れたですー♪

はじめからおわりまで、途中急な昇り坂でちょこっと歩いたことをのぞけば
ほぼペースが変わることなく、走り切ることができました。
もちろん早くはないです。ていうか、遅いほうでございまして
でも、途中でへばることもなく、最後の方ではスピードを上げれるくらいの
体力が残っていたので自分としては、まぁ満足で、
”アラ、思ったより自分ってできるんじゃん!?”
と、ちょっぴり自信もつきました。

実はこの大会・・・いまよりもっと自分のマラソン熱があり、
練習もけっこうやっていた去年は
血迷ってフル部門に参加したのですが、結果は・・・
第3関門だったか、時間オーバーになり収容車で会場に戻るという
残念なものになっていたのです。
関門をもし通過していたとしても、その頃はもう足腰ガクガクで
あと、10㎞ほどをとてもとても走り切れる状態ではなかったので
まぁ収容されてよかったのですが
”やはり、フルを甘くみていたのね、アタシ・・・”
ってなカンジでした。


そんな苦い経験をした大会でしたのに、
今年の申し込み受け付け期間が始まった時
フルで参加希望のダンナに、オマエはどうするかと聞かれた時
”またこの大会に・・・ハーフ部門でも出たいかも・・・”って気になったのは
やっぱり、ここの大会自体がとても素晴らしいものであって
もっぺんあそこで走りたいなぁという思いが湧いたからなのですね。

この大会はもう、まちの人たち総出で盛り上げてくださる大会で
園児さん達から学生さん達から一般の方々皆様沿道に出て
ランナーを応援してくださる。ここでもうありがたく、ウルッときてしまいます。
ボランティアの方々も大勢いらっしゃいます。
あと、景色の素晴らしさですね。
紅葉の山々と川を眺めて走りながら癒されておりました。
エイドステーションも何か所もあって
特にワタシはあったかい”みそスープ”で元気が出ました。
ゴール間近では、もうすごい大声援に押されながら走れまして
しかもなんと、ゴール直前で
「おかえりなさい、○○さん!」なんて、名前をひとりひとり呼んでもらえるのです!
ゼッケンでわかるのかなぁ~?ワタシも呼んでもらえたのですが
そりゃもうびっくりですわ!感激です!
ゴール後は大判タオルを「おつかれさまです」って
若い男の子にかけてもらえたしね。

そういうわけで、そのような素晴らしい大会に参加できたし
完走できたしで、今回は大満足で家に戻って参りました。
皆様お世話になりました。ありがとうございました。

この大会は、ランナーさん達の間でたいへんに評判がよろしく
全国のマラソン大会の中でも上位に入るようですが
まさにだなぁと思います。

あとひとつ、特筆すべきは・・・

高橋尚子さんとハイタッチできたことですね!

テレビのままのお方が目の前に・・・!すご!

・・・てことで、結果報告でございました。

アナタにはどの大会かわかっちゃったかな?
お読みくださりありがとう。ではまた。

| | コメント (4)

2010年11月13日 (土)

星はいつもそこにあるのね。

夜のランニングは、現在一日おきに続けております。
気力は少しずつ上向きになっておりますが・・・

あぁ・・・もう少し早くからトレーニングをしておれば・・・

などと、まるで夏休みの終わり間近になって
あわてて宿題を片付けようとする小学生のような
心持ちであります。

さて、数日前の話を。

ダンナの帰りが遅かったため、彼が夕食を取っている時間は
もうそろそろ私が夜ランを始めたい時間に。
しかし、
「夕飯を食べたら、さぁ!すぐに私のランニングについてきて!」
などと、鬼のようなことは言えません。
かといって、間近にせまったマラソン大会・・・
ダンナが行けないからといって
練習をこれ以上サボるわけにはまいりません。

ひとりで・・・行くしかないのね・・・

というわけで、行ってまいりました。


ランニングの最中って、”ケダモノに襲われるのでは!?”
ビビってる以外に何を考えてるかっていうと
どうということもない、とりとめのないことなのですが
見上げれば、暗くっても”あぁ曇り空だなぁ”ってカンジの空で
しかし、そんな空でも
雲と雲の間からは星がちらちらと光ってたりして
”あぁ明日は晴れるんかなぁ”なんて思ってました。
星って雲に隠れて見えないときがあるけど
それはこちらから見えないだけで、いつもちゃんとそこにあるのだなぁと
まぁ当たり前のことを思ったのですが。

1111

でもそこから、

当たり前にフツーに日常が過ごせるってありがたいことなのかも

と思えてきて。
こうやって夜になんのかんの言っても走れる時間があるってこともね。
走り終えれば、台所には夕食時に出た洗い物が待っているのだけれど
そうやって家族のために夕飯を作り、洗い物ができるってのも
幸せなことなのかも。
毎日夕飯がテーブルに並ぶこと
毎日、洗ってある服を着て学校や職場に行くってこと
毎日あったかい風呂に入れるってこと・・・
それって当り前のことのようだけど
これは「主婦である私が!」この家をまわしているからってのもあるよなぁ?
あまり物事を極められるところまでやることができない私だけれども
この当たり前と思われる主婦業でも、毎日続けてやれているって
ひょっとして褒められるべきものなのでは?
まぁ家の者誰も褒めてはくれないだろうが、せめて自分が自分を褒めて
やろうじゃないか。

”すごいぞ!自分!お前はちゃんとやっているよ。”
と。

そして、このようにパソコンに向かい、ブログを作成できるってことも
そして、こんな不定期・のらくらブログにもアナタが来てくださり
一服していってくださるってことも

ありがたいことなのだなぁと、
走りながらとりとめなく考えておりました、という話で。

・・・いやぁ、なんだかブログはじめてそろそろ5年になりますが
その中でこの記事は一番イイこと言ってるんじゃないかしら?
こんなことを、言ってしまうだなんてひょっとしてアタシ・・・

今度のマラソン大会、
何かやらかしてしまうんじゃないだろうか!?


と、なんだか不気味なことも考えてしまったりします。

とにかくあの・・・まぁがんばって(キャンセルしないと思うけど)
走ってきたいと思います・・・。

次回は大会の結果報告ができればいいと思っております。
アナタも運動は無理せずに適度にね。
お読みくださりありがとう。それでは、また。

| | コメント (2)

2010年11月 7日 (日)

ふるまんの夜ラン。

ようこそ、いらっしゃいませ。
まぁだんだんと寒さが増してまいりますね。
ウチはこの間電気カーペットをついに出しましたが
ファンヒーターもそろそろか・・・と思っております。

さて、今日は妄想記事ではなく近況をば。

涼しくなってきたころから、ぼつ・・・ぼつ、と夜のランニングをまた
やりはじめているのですが
どうもいけません。
以前のような、こう、やる気が湧きあがってまいりません。
なんかテンションがあがらないのに加え
今年は熊がよく出るってニュースでもやってますよね。
ウチの近くの地区でも出たとかで
「熊注意!」の回覧が回ってきたりするので余計ビビってしまって
夜、一人で出たくなくなっちゃって
でも、このままサボり続けるのもマズイので
ダンナについてきてもらってなんとか30分くらい走っているという状況。

しかし、熊でなくても・・・イノシシとかに後ろから追突されたら・・・?
サルに、上からいきなり飛びかかられたら・・・?

人気の少ない田舎道。
なんかモヤモヤと想像してるとこに、草むらがガサガサッ!と
音立てたりしたら、もう飛びあがらんばかりに驚いたりしております。

117

そんなビクつきながらの、テンション下がりっぱなしのままの夜ラン。

「そんなんなら、止めてしまえ!」

と、アナタもお思いになるでしょうが・・・
実は・・・

今月とあるマラソン大会の
ハーフ部門にエントリーしており!


ちゃんと練習しておかないと、マズいことになるのは明らかなので
遅ればせながらですが、ちゃんとしようと思ってやっております。
当日までにモチベーションが上がっているといいなぁ~。

あと、ダンナについて走るのは多少安心感があるのでよいのですが
時々指導が入るのが、ちょっと・・・。

「さぁ!ここからあの電信柱まで思っきり全速力で走れ!」

とか言われるのですが

「ダメ!リキむと尿漏れしちゃう!!」

・・・などと、言えるわけもなく・・・
80%の速力で走ったりしております。


ところで今回のタイトル。
”夜のマラソン”を略して”ふるまんの夜マラ”
にしようとしたところ、・・・なんか下ネタっぽい感じがしたので
”夜ランニング”の略に変更いたしました。
(また、どうでもいい話を・・・)

さて、アナタも気分の乗らないときはありましょうが
お互いくじけず、ぼちぼちでも続けていきましょうかね。
人間どんなときもありまさぁ・・・それではまた!

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »