« 40代主婦戦士・5 | トップページ | ふるまんの夜ラン。 »

2010年10月24日 (日)

40代主婦戦士・6

えっ?今日もおつきあいくださるんで・・・?
あ、ありがてぇ、ありがてぇよぅ・・・
というわけで、引き続き妄想記事で。

↓↓

B3

主婦戦士B。40代後半の戦士の中では最年長のA型。
学生時代はスケ番だったが、ひとりの男性との出会いで更生。
その男性と結婚し、息子三人をもうけるも、ダンナとは
病気のため死別。以後、女手ひとつで息子三人を育て上げ
義父と義母もみとった苦労人。だが、息子らが自立し家を出ると
空の巣症候群から、飲む・吸う・打つに走る。
しかし、そんな生活からも脱却せねばと主婦戦士になってみるが・・・。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

・・・突然!

佐藤は、ぶわあっと大ぶりで片腕を上げ扉を指差すと

地の底から響くような大音量で命じたことには

佐藤「行くがいい!!ババァ共!!!」

律「・・・バッ・・・!!」

律の全身が一瞬にして凍りついた。
初対面の男が、
いきなり40代主婦戦士達にとっての禁句を大音量で発したのだ!

それを耳にした主婦戦士達は雷に打たれたように反応した。
さきほどとはうってかわり、
電光石火のごとくのすばやい動きで佐藤にとびかかる!

「ババァたぁどういうこったい!
 アンタ年上相手に敬語も使えないのかい!?
 ウチの息子達だったら半殺しの目に合わせてるよ!」

「いえ、敬語以前の問題よ!
 アナタいったい親にどういう教育されてるの!?」

「40代はまだババァじゃないでしょっ!
 アタシ娘と歩いてると、姉妹に間違われるのよっ!?」

「アタシなんて彼に
 ”肌はまだ10代でいけるよ”って言われるのよ~ん!?」

・・・いや、それはないだろう・・・と、皆頭の中で思いはしたが、
ともかくそれは置いておき、
それぞれが殴るわ蹴るわで、佐藤を袋叩きにしている。

律「ちょちょちょ・・・や・やめてくださいよ、皆さん!」

慌てて止めに入る律。

B「・・・あーっ、まだ殴りたりないけど新入りだ、今日はこのくらいに
 しといてやるよ。あとは敵に向けてこのムカつきを発散してやる。
 あたしゃ行くよ!名古屋だね!」

A「あたしも行くー!Bさん、乗っけてってー!」

C「あたしも行きまーす!後でひつまぶしでも食べないー!?」

D「・・・皆が行くのなら・・・くっ・・・私も・・・」

E「あ~ん、今日はデートの約束もないし退屈しのぎに行くわ~」

ばたばたと主婦戦士達は会議室を出る。
バタンと閉じられた扉の向こうから、階段を駆け降りる音
車に乗り込み、
すごい勢いで発進するエンジン音が聞こえたと思ったら
すぐに音は遠くなり、聞こえなくなった・・・。

主婦戦士達に殴られ蹴られしている間、
岩のように身をこごめていた佐藤は
ゆっくりと・・・まるでロボットが車型からヒト型にトランスフォーム
するかのように、手を出し、足を立て、腰を伸ばし・・・
そして完全に何事もなかったかのように、さきほど
主婦戦士達の前にそそり立っていたと同じ恰好に戻った。
口の端が少し切れ、
コートも汚れていたが、全く気にする風もないようだ。

そんな、佐藤の様子をじっと見ていた律だったが
やがてその姿に・・・自分の半信半疑な思いを口に出してみた。

律「佐藤さん・・・あの・・・まさか、佐藤館長・・・ですか・・・!?」

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

”まぁ・・・律と佐藤は知り合いなの・・・?”
などと、アナタはドキドキもしないでしょうが
お読みくださっただけで感謝でございます。

ところで、最近寒くなったせいかびっくりするほどトイレが近くなりました。
この暑すぎる夏のうちは半日行かなくても余裕だったのになぁ・・・。
仕事で機械についているときは、その場を離れることができないので
休憩時間までもつかどうか、戦々恐々としております。

実はこの記事を作成しながらも、オシッコしたいなう。
更新したらソッコーで行ってきます。
・・・どうでもいい近況でした。ではまた!

|

« 40代主婦戦士・5 | トップページ | ふるまんの夜ラン。 »

主婦戦士カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 40代主婦戦士・5 | トップページ | ふるまんの夜ラン。 »