« 日本人なら、オノマトペ!? | トップページ | ”必死剣 鳥刺し”のほうですが。 »

2010年7月24日 (土)

隠し剣シリーズを、観る。

この間、ひとりで夜に映画を観に行ってまいりました。
公開されているということは知っていたのですが、
”こっちの田舎じゃやらないんだろう・・・”と思っていて、
後にレンタルで観よう。と思ってたのですが、何気に新聞の映画欄をみたら、

「あれっ!?こっちでもやってんじゃん!
 しかも、夜なら1000円ポッキリで観れるの!?
 これは行かなければ・・・!」


とその日急遽思い立ち、観に行ったその映画とは・・・!!?

「必死剣 鳥刺し(ひっしけん とりさし)」

藤沢周平著の短編時代小説・隠し剣シリーズ。
「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」に続く
映画化第三弾ですよ、奥さん!小説は読んだことないけど!

今回はこの映画についての感想を述べる・・・前に
以前、金曜ロードショーでやってた”隠し剣シリーズ”「隠し剣 鬼の爪」について
記そうと思うのです。
というのは、これをテレビで観た日のことをその当日このブログに記そうとしたのに
なんやかやで延び延びにしちゃってるうちに鮮度が落ちちゃったもんで
お蔵入りなったのですね。
しかし、今回同シリーズを観に行ったことでありますし
まぁ昔の話もひっぱりだしてもよかろ、という気になりまして。
よろしければお付き合いくださいませ。

普段時代劇なんて「水戸黄門」すら今となっては観ない私・・・。
それが何気につけていたテレビの時代劇映画に惹きつけられてしまいましたよ。

「隠し剣 鬼の爪」

なんといっても主演の永瀬正敏さんが、自分の中では衝撃的で!
この方、あまりテレビドラマではお見かけしない方ですよね?
だからあんまりよく知らなかったんだけど、だから余計に新鮮に見えたのかもだけど、
永瀬さん演じる主人公の普通の武士(名前忘れたけど)ホントにフツーっぽくって
朴訥(ぼくとつ)だけど優しくて、ホントは剣の達人で、っていうのがもうツボで
方言でしゃべるのもまたいい感じで。
ホレてまうやろー!ってくらいステキなんですよ~。

あと、普通の生活がとっても細かくあらわされていて、
ひとつひとつのシーンが・・・なんてことない普通のシーンなんだけどみてて新鮮で
はぁ~・・・へえぇ~~・・・って、感心して観ちゃうんですよね。

で、やっぱりタイトルの、あの”隠し剣”はいつ出てくるのだろうかと、
とにかく目が離せません。

なんかもうホントに良くってテレビに釘付けで観ちゃってました。
久々に「いや~映画ってホントにいいもんですね~」っていう映画を観ましたよ。
また、テレビ放映されたら絶対観るだろうってくらいの映画です。

映画終了後、そんな満足感と恍惚感に胸は満たされていたのですが、
40代主婦、いつまでも余韻に浸っておれず、現実に目を向けなければなりません。
義母の薬を翌日病院からもらって来なければならなかった私は

「土曜日だから午前中にいかなけりゃ。
朝ばたばたするのはヤだから、いまのうちに準備をしておこうっと」

と、保険証やら診察券やらお金やらを夜のうちに用意しておこうとしたのですよ!
そこで、義母の「病院おでかけパック」という普通より少し大きめの封筒大の
クリアファイルに入っているであろう必要物品を確認しようと
そのファイルに

”ガッ!”と、手を突っ込んだところ指先に衝撃が走り!!

「いっ・痛ったーーー!!」

・・・そのファイルの中身は”お薬手帳”やら、”領収書”やら、”病院お休みカレンダー”
なども雑然と入り乱れており、
その中からまず診察券を探すために入れた手の指の爪と肉の間に
ちょうどその雑然と入った紙切れ等の
影に隠れて見えなかった診察券の角っこがヒットいたしましてな!!

Yomenotume

その血の滲む指の先をもう片方の手で握り締め、痛さで顔をゆがませる私。
そんな状況で思いついたことは

”くッ・・・これぞ「隠し券」・・・!!
 嫁の爪が・・・!!”




・・・と・・・



なんかその時にピッタリとはまってしまって、痛いながらも
”うまいっ!よし!ブログのネタに・・・!!”
などと、思ったのに結局記さずじまいだったのですが
今回同シリーズを観たことで、話が絡められ、思いがけず蔵出しができて
なんだか、胸のつかえがおりたような気分です。

と、ひとり満足したので今日はここまでということで・・・。

あ、”必死剣 鳥刺し”の方の感想はまた次回に記しますが(多分)
時代モノ好きのアナタでしたら、ぜひ観に行かれるとよいと思います。

お読みくださり、ありがとう。ではまた。

|

« 日本人なら、オノマトペ!? | トップページ | ”必死剣 鳥刺し”のほうですが。 »

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人なら、オノマトペ!? | トップページ | ”必死剣 鳥刺し”のほうですが。 »