« 2009年12月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

いつか・観にゆきます。

正月にもらった映画のタダ券の有効期限が6月末までで、
これまで自分が”これぞ!”って思う映画が来るのを待ってたのですが、
やっと「これは観たいな」という映画が。

「書道ガールズ」

Syodou
以前から朝の情報番組で書道甲子園とか観てて、
”いいなぁ書道。かっこいいなぁ。”って思ってたのでね。
小学校高学年から中学校2年くらいまで、
近所の書道教室に通ってたけど、
その頃は半分イヤイヤで
書道の良さなんて全然わからなかった私。
しかし、もし高校生からやり直せるとしたら書道部に入りてぇわ・・・。


そういうわけでついにタダ券を使う時が来た、と
新聞で「映画案内」の欄を見る。


・・・と・・・?


うおおーーー!??
こっちの田舎じゃ、やらんのかい!!


・・・私の持っているタダ券の使えない、都会のほうでしかやらないようです。

残念ーーー!!

あと、一か月で有効期限が切れちゃうので、
その間に観たい映画が来るのを待ってます。


今回記事が短めだったので余談ですが、”新聞の「映画案内」あるある”を。

1 いっぺんでは見つけられない。

   めったに見ることがない映画案内欄。
   私は毎回新聞を2,3回ターンしなければ見つけられない。あるよね?

2 成人向けの映画のタイトルにやけに目がいってしまう。

   自分の観たい映画の上映時間だけ知ればいいのに、
   ついついそういうとこも見ちゃって
   「なんかこっちの方が、観賞意欲そそられるタイトルついてるじゃん・・・」
   ってのがあったりして、
   なんか突飛なタイトルだったりすると
   自分で内容をあれこれ想像して、
   気付いたらびっくりするほど時間が経ってたりしますな。・・・あるよね。

3 タイトルが変なトコで切られてる。

   あれって小さなコマにタイトルと上映時間をいれなきゃいけないから
   タイトルが略されるのはわかるけど、
   他より大きめな活字で「アリスイ」って入れられてたのが
       自分マジでわからなくて!
   もしかして”アイリス”!?あれテレビドラマだよなぁ・・・
   それとも”アリクイ”の間違い!?何その映画!
   ってしばらく頭抱えてたのが突如閃いて
   
   あ・・・!「アリス・イン・ワンダーランド」かい!!
  だったら「アリス」で切らんかい!!


   
と案内欄にツッコミを入れるという・・・。あるよね。

・・・余談の方が長くなっちゃいましたね。

| | コメント (4)

2010年5月21日 (金)

ダラ寝の報い。

夕食後、睡魔に襲われましてな。

「こりゃ、このままでは何をしようにも頭が働かない。
いっそ一時間半ほど仮眠をとって、
頭をクリアにしてから行動しよう」


と、思い立ち家族の者らに

「今から少し仮眠をとるので」

と、ことわりを入れた。

「よくこんな時間に寝て、また起きれるな。俺ぜってぇ無理」

と、ついつい横になってしまえば
そのままダラダラ寝倒してしまう息子にそう言われ、
少し自慢げに私は

「それは気力の問題だね。ちゃんと起きようと思えば、
決めた時間にちゃんと起きられるものだよ」


・・・などと、余裕の発言をかますと別部屋に行き、
リクライニング・チェアーを
自分の寝るときのベスト角度に調節し、
ケータイのアラームを念のため2度鳴るように設定すると、
そのままもう瞬時に夢の世界に旅立った・・・。



目が覚めると・・・


10時に起きるはずが・・・


11時!?あれっ!??マジで!!?


ケータイは?アラームは?

・・・鳴っても身を起こさなければ止められぬように、
自分から離して置いてあったのに・・・
しっかり手に持っていますな・・・。

止めた覚えが全然ないし・・・!

あぁ息子にえらそうなことをぶっこいておいてこのザマか・・・。

仮眠を通り越し、ダラ寝をしてしまった自分を呪いながら、
まだ少々寝ぼけが残る頭でよろよろと立ち上がる私。

・・・と・・・?

なにやら、風呂場の方で微かに水の流れるような音・・・が・・・?


はっ!もしや!?

私は急いで風呂場に行くとそこには・・・

蛇口から湯が出っぱなしで!!

浴槽から湯がじゃんじゃん溢れかえっており!!


うわあぁぁーーーーッ!!
お義母さあぁーーーんッ!!



ウチは数年前から蛇口から湯を出さなくても、
ボタンひとつでお湯張りをしてくれるタイプに変えているのだが、
それを義母は何べん言っても言っても覚えてくださらぬ!!

なので普段は義母が湯を入れようとしてないかどうか気をつけたり、
前もって自分らが湯を張ったりしていたのだが今日は
・・・あぁっ!!義母が思いついて入れてしまったのか!!

一時間以上も出っぱなしの湯!!
あああ!水道代が!灯油代がッッ!!


憤りを感じ、居間で呑気に新聞をめくっている義母に抗議するも

「そうかね?わっちゃ、そんなん知らんで・・・。
入れたことも覚えがねえんじゃし・・・」


などと悪びれもせずそう言うとまた新聞を読みだすのだった。

くわわわ~~~!!予想どおりのリアクョンとはいえ
はらわた煮えたぎること!
おかげさまで怒りですっかり頭はクリアになったものの

・・・あぁ、時間どおりに起きていればこれほどのことにはならなんだのか・・・

・・・主婦がダラ寝をすると、
これほどの出費と精神的ダメージをうけることなのかと
・・・身にしみた今日の出来事でした。

※ちなみに私は時間を決めて一時間半以内に起きるのを「仮眠」。
時間を決めずに目覚めるまで寝ることを「ダラ寝」と言っております。

| | コメント (4)

2010年5月 6日 (木)

腐ったモノを見る目で彼女は。

たいへんごぶさたしておりました。
アナタは良いゴールデンウィークをお過ごしでしたでしょうか?
私はまずまずでしたな。
ブログはさぼっておりましたが、パソコンいじりは毎日ぼちぼちとやっておりました。
しかし、なかなか新しいことを覚えられない私は
”これじゃあイカン!”と。
”もっとパソコンを使いこなせるようにならねば!”と。
この休みの間、ひとりぐらししている娘が帰ってきてる間に
色々おせぇてもらわねばならん!と、
何度か目の一念発起をし、
恥をしのんで娘に教えを乞うていたわけなのですが、
わが娘・・・教え方が荒れぇの冷てぇの・・・!

「わしゃ、小学生のおめぇに さんすう教えてやるときに、
そんな無体な教え方をしたかい!?エェ??」


・・・なんて、泣きながら訴えたくなるような
教え方されるもんでたまらず・・・

「金にモノをいわせて」

教えてもらうことにいたしました。
すると、多少は教え方がゆるくはなったのですが、
娘に言わせれば

「もう、こんくらいのことは当然知っていると思っていた」
「こんなことは常識であるのに


ということを私が臆面もなく聞くことに
イラッとするものを感じるようで。

6年ほど前、初めてパソコンを購入し、
同じスタートラインに立っていたというのに、
現在のこの差は・・・?
なんてことまで言い出すもんで、
いや・だって!
パソコンをかまう時間が圧倒的に違うじゃんっ!
ガッコでも、家帰ってからでも好きに出来てたアンタと違ってあたしゃ
・・・夜の数時間しかできなかったんだもんっ!ダラ寝もしてたし!
に、加えて・・・ビビリなんだからしょうがないじゃんかっ!
変なトコかまって壊れちゃったらって
・・・怖くて仕方なかったんだもんっ!
などとゴネてみたりして・・・。

ちなみに・・・
どのようなことを教えてもらっていたかというと・・・

まず「ケータイで撮った画像をパソコンに入れる」。

・・・多分これびっくりするほど初心者向け・・・なのでしょうね・・・
私はケータイで写真をほぼ撮らない人間だったので
まずそこから教えてもらいーの、
パソコンに送信する仕方を教えてもらいーの、
してたわけなのですが・・・
教えるために自分のケータイから目の前の自分のパソコンに
送信していた娘に向かって私が

「これってさー、パソコンとケータイがどんだけ離れてても
ちゃんと送信できるんだよねぇ?」


って何気なく聞いたらば娘に

「はあぁ~!??」

ってカンジで
なんか腐ったモンでも見るような目つきで見られてしまった・・・。
Gomiwomirume_2
自分の腹を痛めて産んだ子供に!?
そんな視線をぶつけられる!?
いやぁパソコンができないということは
こんな屈辱を味わうことなのかい、
それほどのことなのかい!

「とにかくもう少しパソコンの基本を覚えなよ!右クリックとかっ!」

と娘に声を荒げられるのですが、

「右クリック」!?

それは私には「禁断のボタン」・・・
今までめったに自分から押したことがなかったモノであったのに・・・
娘はいとも簡単にカチカチ押しちゃいますよ!?
あれってフツーに押してもいいものだったのか・・・。

とにかくまず「パソコン」そのものに対する目が、
私と娘で大きく違っているのだと認識させられました。

「キャプテン翼」君がムチャクチャ蹴ったくるボールを
「友達だ」と言うがごとく、
私もパソコンをかまい倒して「愛人よ」くらい言えるまでに
ならなくちゃきっとダメなのね・・・。
日々精進ですね・・・。

あ!でも娘もう帰っちゃうじゃん!
私の操作する手元をちゃんと見てる人が
いなくなっちゃうじゃん!怖い!怖いよぉっ!!

・・・みたいな連休を過ごしておりましたよ。

| | コメント (2)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年6月 »