« ジョジョの奇妙な40代主婦。 | トップページ | 病院までの長い道のり。 »

2009年12月 2日 (水)

忘却の瘴気 フルマン・ギボの巻。

「なッ・なんだこれはッ!?
このビーズのようなキラキラした丸い小さな物体はッッ!!
衣類にこびりついたこの不思議な物体は、一体ッッッ!!!」



・・・今日は最近起こった出来事を、「ジョジョの奇妙な冒険」風にまとめてみますよ。


朝、ふるまんは義母の衣類を洗い終えた洗濯機の蓋をあけ驚愕した。

どの洗濯物にもこびりついている白い・・・・・・紙切れ・・・・・・。

「しまったあァァ!!
お義母さん!またテイッシュをズボンのポケットに入れたままだったのかアッ!?
くゥッ・・・確認するべきだったぜっ!!」


己のツメの甘さを呪いつつ、洗濯物を一枚一枚つまみあげる。
そのたび粉々なった白い紙切れがはらはらと舞い落ちる。

・・・と、ふるまんは不思議なモノに気がつく。
それが前述した「ビーズのような小さな丸い物体」である。
紙切れとともに衣類に付着しているそれ・・・。

「???」

さらに洗濯機の中を探ってみると
なにやら小さめのビニール袋が破れたようなものが現れた。
よくよくみるとそのビニール袋もどきの端にはなにやら「ギャザー」のようなものが・・・

「はッ・・・こ・これは・・・!!」
ふるまんはそれを見て直感した!


こ・・・このビニールから感じる感覚は!
ああ・・・なんてこった・・・くそッ!
「ぬけがら」
尿漏れパッドのぬけがら」

ちくしょう・・・・・・
なんてこった・・・・・・
おれは このビーズのような物体が高分子吸収体だってことが 今わかった
・・・・・・おれっていつもそうだ
やっちまったあとではじめてわかるんだ・・・・・・


っつっても、まさか義母が脱いだ下着の中に尿漏れパッドいれたまま
洗濯機行きにしたなんて、わかるかいッッ!!

よりによって私らの洗濯物も一緒に洗ったので、
私の・・・高かったアディダスのトレーニングウェア(上下)までもが
白綿まみれに・・・!!

そんなわけで慌ただしい朝、
他にもやることがいろいろあったにもかかわらず、
その衣類一枚一枚の付着物を払い落しながらの
洗濯物干しに時間を使うことを余議なくされたのだった。

何かふつふつと胸に煮えたぎるものを感じるが

・・・落ち着け・・・

私のスタンドは「忍耐」・・・こんなことで心折れてたまるかいッ!


後で義母に尿漏れパッドを洗濯機の中に入れるのは
やめていただきたい旨を伝えたのだが・・・
そして、私も洗濯機を回す前に義母の下着の中身を
・・・不本意ながら確認していたのだが・・・

数日後、「まぁもう大丈夫だろう」とたかくくって
そのまま回してしまったそーゆー時に限って!!
蓋を開けたら、またもやあの
キラキラ光る高分子吸収体ビーズが衣類を飾っており!!!


・・・・・・うぅ・・・確実に・・・・・・
義母のスタンド「忘却」は圧倒的に私より勝っているのだ・・・・・・





息子が友達から借りていたジョジョ第三部を
無情にも返却してしまいましてな!

けど、何故か返しそびれたのが1冊だけありまして、
それが26巻「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイスの巻」。

今回のタイトルはそれからもじったもので、
出てくるセリフもちょこちょこその巻からパロらせていただきましたが、
アナタがジョジョを知らなければ「なんのこっちゃ」の話でスミマセン。

ただ

「洗濯機に洗濯物を入れるときには、
ズボンのポッケ・下着の中身を
確認してから入れてほしい」



という家族に対する主婦の切実な願いを込めた今回のネタでした。

|

« ジョジョの奇妙な40代主婦。 | トップページ | 病院までの長い道のり。 »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョジョの奇妙な40代主婦。 | トップページ | 病院までの長い道のり。 »