« 2009年8月 | トップページ | 2010年5月 »

2009年12月

2009年12月20日 (日)

ありがとう、18禁マン。

ジョジョ本のレンタル、現在五部に突入しております。

以前「娘にレンタルしてもらうつもりだ」と記しましたが、
娘も
「女子高生が少年漫画を借りる」
ということに恥じらいがあるようで、
このレンタル作業は双方の押しつけ合いになってくるのですが、
今日は、ある日私が返却日に本を返し、
そしてさらに続きをレンタルしなければならなかった時の
レンタル屋さんでのひとコマ。

欲望と羞恥の狭間で揺れ動き、
躊躇している主婦心を動かしたものは・・・というお話を。


”ホントに漫画の大人借り(10冊以上)というのは
豪勢だが気恥かしい”


ということを、ジョジョを借りてみて知った次第だ。
それを借りたり返したりの
繰り返しをしてればなおさらだということも。
土曜の昼間、ジョジョ10冊を返却する私。

「あら、この主婦また返しに来たわ。そしてまた借りるのね・・・。」

と、レンタル屋のお姉さんに思われているのだなぁと思いつつ、
漫画のコーナーへ行き、
頭より上の棚にあるジョジョの4~5部の巻を眺める。

一冊一冊がケースに入れられており、
それをいちいちぬきださねばならないという作業を、
10冊分
・・・これから人目を気にしながら行わなければならないのである。
もしかして、
銀行強盗が袋に金を詰め込む作業と似ているかもしれない。
「迅速に・人に気づかれぬよう」ドギマギしながら行う。

この時、ケースを棚から抜き出して本を取り出すのはよろしくない。
本を取り出したケースをもとの棚に戻そうとしたら
もともとキュウキュウに詰まっていたため
ケースがなかなか戻せない、
しかも片手に数冊本持ってるからなおさら・・・ってことになるので。

私は以前これをやらかし、
その場でグダグダして恥かしい思いをしたことがある。

うまい本の抜き出し方はケースを90度倒し、
本だけを抜き、空ケースをまた90度立て直す・・・

このなかなかスマートな手法をこの間、娘がしていたので、
今回は私もマネさせてもらおうと思ってるが、
そんな周到なやり口を知ってるのなら
娘がちょちょいと借りてくれればいいが

「もし、知ってる人にばったり会ってオタクと思われるのがイヤ」

だそうだ。

漫画読み=オタクっていう風に人は思うのだろうか?
けど、私も娘も
普段それほど漫画を買ったり読んだりするほうではない。
たまたま息子が借りてきた漫画がジョジョで、
それが面白い・読みたいというだけで断じてオタクとか
そんなのめりこむまでの
積極的な探究心があるわけではないのだと
いったい私は誰に対して
こんな言い訳がましいことを言っているのだ!

と心の中で叫びつつ、
でも何かやはり「なんでもないことよ」と
さらりと借りる勇気もなく、
とりあえず踵を返しDVDレンタルの方に向かった。
DVDもしばらく借りたことがなく、
面白いのがあるかなぁと思い見て回ってたのだが、
実は

「私はDVDを借りるついでに小さい息子(もう高校生だが)
に頼まれた少年漫画も借りるのよ」


という風体を装うつもりだったのかもしれない。

しかし、それほど「今観たい!」と思えるDVDも見つけられず、
ジョジョだけ10冊借りりゃいいのに躊躇して
無駄な時間が過ぎようとしていた、

と!その時である!!

私の目の横をふっと通り過ぎ、
「18禁」の小部屋(か、大部屋か知らないが)
の入り口の暖簾をくぐる男性が!


「えっ!?昼間に?」

そんな珍しいことではないのかもしれないが
もともと普段はあまりレンタル屋さんに行かない私は
昼でも夜でもレンタル屋さんの18禁コーナーに
人が入るのを見たのはこの時が初めてだったのである。

さっと禁断の暖簾をくぐっていった彼・・・
きっと彼も意を決しての行為だったのでは?
彼はこれから何本のAVを選ぶのだろう?
しかし、選んだ後もまた意を決してそこから出なければならない。
カモフラージュ用に、
出たらすぐに誰が借りてもおかしくない「お笑い」のDVDがある。
それを2・3本ひっつかんでレジに向かうのだろうか。
何人か並んでいる後ろに
ソワソワイライラしながら待つのだろうか。
次に自分という番になったとき、
横のレジの若いかわいいお姉さんに
「こちらへどうぞ」とか言われちゃうんだろうか。
そしてバーコードをピッピされながら、お姉さんに
「・・・まぁ、すごいの借りるのね・・・」
とか思われちゃうんだろうか。
「この”お笑い”・・・あきらかにカモフラージュ用よね」
とかばっちり気取られちゃうんだろうか。
そして
「ちがうんだ、これはおとうさん・・・おとうさんにたのまれて・・・」
などとありえない風体を装いつつ、
顔を赤らめ精算をすますのだろうか。

・・・などと、勝手に妄想したら、たかが少年漫画を10冊、
主婦が借りることなどなにほどのものかという気がして、
ふっと気が楽になり、
私は漫画のコーナーに向かうとすみやかにケースを90度傾け
本を取り出すという作業を流れるように10回行うと、
すいていたレジにもっていき
滞りなくレンタルを完了することができたのである。

ぬるい風のように私の横を通り過ぎた男性の出現で、
あれほど迷いがあった私の心に起きた奇跡・・・。

「あなたは私のちっぽけな羞恥心を取り去ってくれた。
人生そんなことに惑わされ、
したいことを躊躇し、
時間を無駄にするのは愚かだと教えてくれた。
これから何か迷ったときには
あの禁断の暖簾をくぐったあなたの後ろ姿を
思い出すことにするよ。
・・・ありがとう・・・18禁マン・・・」



・・・たかだか主婦が漫画を10冊レンタルするだけの話が
思いがけない長さに自分でびっくりでした。

| | コメント (2)

2009年12月 8日 (火)

病院までの長い道のり。

この間、義母のインフルエンザ予防接種がありまして。

それは平日の12時が予約時間であったので、
私は午前中の仕事を早めに切り上げさせてもらい、
「うまくいけば」家に着いたら、
出かける準備をして待っているはずの義母を
すぐ車に乗せ病院に向かうことができるのだが・・・。

実際はそう「うまくいく」ことがないのである・・・という話を。


前日から私は数回義母に言ってはいたのだ。
「明日はインフルエンザの予防接種があるからね」と。
「12時までには行かないといけないから、
用意して待っててね」
と。

言うたび義母は「あぁそうじゃった」「忘れとったわ」と、
なんとも不安な答えを返すのだ。

そして、当日の朝イチもさらに言い、
仕事に出かける前にも更に・更に念を押す。
「お昼にインフルエンザの注射打ちに行くからね!
準備しといてね!」
と。
その頃にはさすがに「忘れた」とは言わず、
「うんうん」とわかった風でうなずいていたのだった。

・・・・・・しかし・・・・・・

これで安心してはいけないのだ。

義母は認知症がまだそれほどでもなかった頃は、
近所に出て行くのはおっくうがるが、
自分の病院行きの日はしっかり準備をして行く人だった。

だが、認知症が進んでくると不思議なことに、
近所のあちこちは押し車を押しながら
雨の日でも出掛けるようになったのに、
病院の診察日とかには、

「やっぱしえれぇでやめちょく」「行きとぉもねぇ」

と、ドタキャンが多くなったのだ。

どうも「車に乗ってお出かけ」というと、

遠くに行く

ちゃんとしたカッコウをしなければならない

めんどうくさい

・・・という図式になるようだ。

なので、
すんなり準備ができてスッと出発できるのはたぶん
・・・4・5回に1回くらいの割合になるだろうか・・・。

そのことを見越し、
この日私はちょっと早めに仕事をあがらせてもらい
家にむかったのだ。

・・・さぁ、はたして義母はキチンと行く準備を
しているであろうか・・・?

家に着き玄関から声をかける

「お義母さん?準備できてるかな!?」

ちゃんと準備していたら
いつも玄関に義母のきんちゃく袋が置いてあるはずだが

・・・・・・ないね・・・・・・。

玄関をあがり、義母の部屋に行くと

・・・・・・義母がベッドに腰掛けてそこにいた。
上半身ババシャツ一枚のままで・・・。

イヤな予感がしながらも声をかける。

「お義母さん、行くよ。準備せんと・・・」

するとお義母さん、気がついたようにこちらへ来ると・・・

「・・・ふるまんちゃん・・・わっちゃやっぱり今日は・・・行けん」

うっ・・・やっぱりそう来たか・・・

「どうして」

「わっちゃ昨日風呂にも入っちょらんし、髪もこんな風じゃし、
いかにも年寄りみたいな風じゃで・・・」


「いいよ別にそんなもん、誰も気にしやせんよ」

いかにも年寄りってか82なんだからまさしく年寄りでしょうよ
・・・とまでは口に出しては言わないが。

「(近くにある)店に新しい下着買いに
行かしと思って行ったんじゃが、
売っちょらなんだし、
こんなむっさらけぇ(汚い)の着ては行けんし・・・」


「別に汚くなんてないよ。
破れてるとこもないしフツーの下着だよ」


ただ病院行くだけで
買ってまでの新しい下着を着てかんでもいいわい!
デート時の勝負パンツじゃあるまいし!!
・・・とまではやはり口に出しては言わないが。

「・・・そんで・・・どこに行くんじゃったかな?」

ま・またそっからスか!?

「いやだから、インフルエンザの予防接種だて」

「ああ・・・うん・・・・・・
やっぱし、ふるまんちゃんわっちゃ、行かん。
まわし(準備)するのもえれぇし、着てくもんもねぇし・・・」


くうっ・・・しぶといな・・・

「いやいや、着るもんなんていつも着てるやつでいいし!
セーターみたいなのと上にはおるやつあるじゃん」


「それに・・・慌てたせいでかなんやしら
心臓がこう・・・きゅーっとするような
なんやらおかしなもんなんじゃて」


出た!義母の最終奥義!”ふるえるぞハート”宣言!!

まったく、行きたくないとなると
あれやこれやといいわけを引っ張り出してくるが、
しまいにはこのように「心臓が変」みたいなことを言い出す。
ウブな若嫁の頃ならマジで心配もしたろうが、
もう20年近く一緒に生活し
ある程度性格もパターンも把握できた今となっちゃ
そんな手はききゃしませんぜ!お義母さん!
慌てたりあせったりすりゃ
ちょいと心臓が早鐘を打つのは誰でもあるこってさぁ!
自慢じゃないが、ビビリの私のほうがお義母さんよりも
平素何倍も早鐘打ってる回数が多いと思いますぜ。
さぁ!ババシャツ一枚で四の五の言うのは止めにして

「とにかく寒いし、時間がないし、はよ服を着てくんせぇ!」

観念したようで、準備をしに部屋にもどる義母。

待つ私。

・・・・・・5分


・・・・・・10分?


・・・・・・お・遅すぎる!

こっちの心臓も、熱きビートをきざみはじめてきて
たまらず義母の部屋をノックし、入る。

「お義母さん!準備いいかな!?」

お義母さん、服は着ているが今度は髪の毛が気になったようで、
鏡に向かってなにやらのんびりとなでつけている。

「お・・・お義母さん?」

「あ、あぁ行く、行く」

ようやく立ち上がり、きんちゃく袋も準備して・・・

「それで・・・どこ行くんじゃったかな?」

ううぅ~~~

「病院だて!予防接種しに!」

ちょっと荒げた声にもなろうというもの。
お義母さん「またそんな大声出さでも・・・」という顔をしながら
「あぁ、わっちは忘れてまうでしゃあないんじゃな」

といつものセリフである。

しょうがないと思ってはいても・・・
こちらもついつい
大声を出してしまうのも勘弁してもらえんだろうか。
けっこうここまで耐えてきてのことですよ・・・。

さて、お義母さんの準備がやっと整い、
先に車に乗ってもらうまでにこぎつけた。

あとは最後の火の元を確認し、
戸締りを確認し、
玄関にカギをかけて

・・・やっと・・・

さぁ!出発ゥ!!

車に向かう私


・・・・・・と・・・?

あれ・・・・・・?


お義母さんが車のドアを開けて、外に出て・・・来た・・・?


「な・・・何?どうしたのお義母さん!」


「あぁ・・・わっちゃ・・・トイレに行かしと思って


ひえぇッ!?ガクゥッ!!


・・・・・・義母のこの波紋入りのようなセリフに、
マジで腰砕けしてしまった私なのだった・・・。



・・・このように・・・

「車に乗って病院に行く」前に、
こんなに長い道のりがあったのです
・・・というお話でした。


さて、この文章に2・3、ジョジョづいたセリフが
あったのにお気づきでしょうか?
ウチには数日前には返しそびれた26巻しかなかったのですが

・・・とうとう一部・二部を・・・

「レンタル」して
読むことができましてな!!


・・・いやぁ~~~
これらもなかなか面白いセリフやら擬音語やら満載で。

ジョジョは現在七部まであるらしいので、
しばらくは週一でレンタル屋さんで、10冊ほど大人借りを・・・
娘にしてもらおうと思っとります

さすがに40代の私に少年漫画の大量レンタルは
・・・うぅっ・・・恥かしすぎますッ!!

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

忘却の瘴気 フルマン・ギボの巻。

「なッ・なんだこれはッ!?
このビーズのようなキラキラした丸い小さな物体はッッ!!
衣類にこびりついたこの不思議な物体は、一体ッッッ!!!」



・・・今日は最近起こった出来事を、「ジョジョの奇妙な冒険」風にまとめてみますよ。


朝、ふるまんは義母の衣類を洗い終えた洗濯機の蓋をあけ驚愕した。

どの洗濯物にもこびりついている白い・・・・・・紙切れ・・・・・・。

「しまったあァァ!!
お義母さん!またテイッシュをズボンのポケットに入れたままだったのかアッ!?
くゥッ・・・確認するべきだったぜっ!!」


己のツメの甘さを呪いつつ、洗濯物を一枚一枚つまみあげる。
そのたび粉々なった白い紙切れがはらはらと舞い落ちる。

・・・と、ふるまんは不思議なモノに気がつく。
それが前述した「ビーズのような小さな丸い物体」である。
紙切れとともに衣類に付着しているそれ・・・。

「???」

さらに洗濯機の中を探ってみると
なにやら小さめのビニール袋が破れたようなものが現れた。
よくよくみるとそのビニール袋もどきの端にはなにやら「ギャザー」のようなものが・・・

「はッ・・・こ・これは・・・!!」
ふるまんはそれを見て直感した!


こ・・・このビニールから感じる感覚は!
ああ・・・なんてこった・・・くそッ!
「ぬけがら」
尿漏れパッドのぬけがら」

ちくしょう・・・・・・
なんてこった・・・・・・
おれは このビーズのような物体が高分子吸収体だってことが 今わかった
・・・・・・おれっていつもそうだ
やっちまったあとではじめてわかるんだ・・・・・・


っつっても、まさか義母が脱いだ下着の中に尿漏れパッドいれたまま
洗濯機行きにしたなんて、わかるかいッッ!!

よりによって私らの洗濯物も一緒に洗ったので、
私の・・・高かったアディダスのトレーニングウェア(上下)までもが
白綿まみれに・・・!!

そんなわけで慌ただしい朝、
他にもやることがいろいろあったにもかかわらず、
その衣類一枚一枚の付着物を払い落しながらの
洗濯物干しに時間を使うことを余議なくされたのだった。

何かふつふつと胸に煮えたぎるものを感じるが

・・・落ち着け・・・

私のスタンドは「忍耐」・・・こんなことで心折れてたまるかいッ!


後で義母に尿漏れパッドを洗濯機の中に入れるのは
やめていただきたい旨を伝えたのだが・・・
そして、私も洗濯機を回す前に義母の下着の中身を
・・・不本意ながら確認していたのだが・・・

数日後、「まぁもう大丈夫だろう」とたかくくって
そのまま回してしまったそーゆー時に限って!!
蓋を開けたら、またもやあの
キラキラ光る高分子吸収体ビーズが衣類を飾っており!!!


・・・・・・うぅ・・・確実に・・・・・・
義母のスタンド「忘却」は圧倒的に私より勝っているのだ・・・・・・





息子が友達から借りていたジョジョ第三部を
無情にも返却してしまいましてな!

けど、何故か返しそびれたのが1冊だけありまして、
それが26巻「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイスの巻」。

今回のタイトルはそれからもじったもので、
出てくるセリフもちょこちょこその巻からパロらせていただきましたが、
アナタがジョジョを知らなければ「なんのこっちゃ」の話でスミマセン。

ただ

「洗濯機に洗濯物を入れるときには、
ズボンのポッケ・下着の中身を
確認してから入れてほしい」



という家族に対する主婦の切実な願いを込めた今回のネタでした。

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

ジョジョの奇妙な40代主婦。

おひさしぶりでございます。
皆様におかれましてはお変わりございませんでしょうか?

私はまぁいろいろあったような、なかったような日々を過ごしておりましたが、
それはまたおいおい綴っていくことといたしまして、
今日はこの長々と休んでいたブログ。
このくらい長く休んでおりますと、
なんとなく再開するきっかけのネタにも悩み、
さらにダラダラ休んでしまうのですが、
ついに再開のとっかかりにさせてもらうネタができたので記させてもらいます。


この間息子が友達からある漫画を借りてきた。

「え?いまどきこの漫画?
たしかこれジャンプで私が学生のころから連載してたやつじゃなかったっけ!?」


存在は知っていたものの、学生当時の私だったらちょっと敬遠するタイプの漫画。
居間に山と積まれていたその単行本を何気に手に取りパラパラとめくる私。


それが始まりだった。


・・・この年代になってまさか
あれよあれよと読むことになるとは思わなかったその漫画とは・・・?


ドドオォォン!!

荒木飛呂彦著「ジョジョの奇妙な冒険」。


40代のこの身には学生じぶんよりかなり目にくる絵柄で、
数ページ読むとちょっとくらくらきたりするのだが、
それに耐えて読んでいくと次第に慣れて


・・・・・・うぅん・・・面白い・・・・・


いやぁまさしく奇妙な漫画で。


コマせましと描かれた濃厚な劇画タッチの奇妙な絵柄。
ツッコミをいれたくなるような奇妙なストーリー。
ありえないだろう奇妙な擬音語。
洒落てるのかなんかわからない奇妙なセリフまわし。

なにからなにまで奇妙なのだが、その奇妙さに何故かはまり込み
仕事から帰ってまず一巻、また一巻、もう一巻・・・とするする手を伸ばし、
気がつくと夕飯の支度時間がかなり遅くなってしまうという
主婦泣かせのジョジョワールドなのである。

40代にもなって少年漫画もないだろうとも思うが、
たぶん学生の頃は自分の好きな漫画が第一で、
こういうものはぱっと見が気に入らなければ
ハナからバカにして読まなかっただろうし、
いまよりもうちょい若いころでも、

「これは残虐なシーンとか多い!子供に悪影響があるかも!」

・・・などと親目線で考えちゃって、敵視してやっぱり読まなかっただろう。

と考えると逆に今の時期のほうが、
あれやこれやを考えないから、すっと手にとり読めたのでよかったのかな。

息子が借りたのは13巻から28巻。
これは第三部ということだが、
こうなると第一部・二部も読んでみたいというもの。

”もうすでに自分は読ませてもらった”という息子に、

「いや、いいからもう一度読むからと言って借りてきなさい。」

と、せっついているのだ。(まさか母親が読むからとは言えまい)


とか言ってる間に

「この絵柄ムリ。」

と拒否反応示していた娘までもが
いつの間にやら私以上にはまり込み、
息子と延々、ジョジョ談義に花を咲かせているのだ。

ジョジョワールド・・・恐るべし!!

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年5月 »