« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年8月

2009年8月16日 (日)

アケテハイケナイ・・・!

お盆も終わりましたね。ウチもまずまず無事に終えたわけなのですが・・・

今日はそのお盆前にあった「身の毛もよだつような出来事」を・・・。


今年の梅雨は長かったですよね。で、私がちょっと困っていたのが「布団干し」。
洗濯物が乾かないのも難儀だったけど、
実は梅雨前に片づけておけばよかった厚手布団や電気カーペットやコタツ布団が
怠慢もあり時期を逸して片づけられないままになっていて、
そうこうしてる間に梅雨に突入。
これでもかと続く長雨。
なんとか晴れ間のある休日に急いで干しても数時間で天候がかわったりでね。
なかなか片づけるまでに至らず、とうとうお盆前まで
仏間にうっちゃらかし状態になっちゃってたのです。

・・・という状況であったとまずお知らせした上で、
12日にあった出来事を。


やっと梅雨明けの声を聞いた数日後のこの日は驚くほどの晴天!
というか猛暑!

「やっとこの布団たちを・この部屋を!片付けることができる!」

仕事もこの日からお盆休み。
仏様を迎える準備もしなくてはならないし、
マジで馬力をかけてこの仏間を片づけなければならない!

いくわよッッ!!

自分に気合をいれ、まずは布団の片づけから!
部屋の端っこにたたまれてある義母の羽毛布団を持ち上げ

「これは確か晴れた日に一度干したんだっけ?
でも、もう一度干すか?このまま袋にいれてしまうか?」

なんて考えている・・・と・・・?

「・・・・・・?」

なんか右腕の一点に妙な感覚。見ると・・・

「・・・・・・・・・?・・・蛆(ウジ)・・・?」

よくよく見なければわからないほどの小さな小さな虫がモゾモゾと動いてる。

「わからないけどこれって、ウジ虫?でもこんなの・・・一匹だけって変じゃない?
”蛆がわく”っていうし、一匹見かけたらどっかに大量に・・・いるのでは・・・?」


腕でモゾつくそれをつぶした後も何か胸に広がるザワつき感。
一応義母の布団を見回すが別に異常はない・・・。
その場に座り込んで考えていると、
ふと羽毛布団を上げたとき姿を現した小さな包みが目に入る。
不透明の白いレジ袋に包まれたそれ・・・。


Aketehaikenai1


















実は私はこの梅雨時期、布団を出したり入れたりしているときに
何度かそこにその袋が置かれたままになっているのを見かけている。

・・・が、別段気にとめてもいなかったのだ。
確かそれはダンナが以前、
この仏間のフスマや障子を張り替えたときに余った、
糊とかハケみたいなものが入っているのだろうと思っていたからだ。

しかし、この出所不明の一匹のウジの出現によって・・・

この布団の下から出てきたこの包みが・・・

何か妙に気にかかってきた・・・。

「でも、虫がわくようなものなんか入ってないはず・・・だけど・・・」

座ったまま、ずずっとその包みに近づく・・・

それを上から見ると・・・

「・・・???」

縛ってある口の周辺がなにやら変・・・

内側に何か黒くうごめく点々・・・
やはり

「虫っ!??」

そんな!障子用の糊に虫がわいたってこと??そんなことある??

慌てて袋をつかんだその時!

「これは・・・違う!!」

この袋を両手でつかんだ触感が、
これがいままで思い込んでいたそれではないと悟ったのだ!
しかしそれならば・・・

「これは・・・いったい・・・何・・・??」

両手でつかんだ包みをゆっくり持ち上げ・・・動かして・・・見る・・・。

うぅん・・・わからない・・・。

包みを顔の上まで持っていき下からのぞきこんで・・・見る・・・

と・・・?

「うッ!!?」

何か茶色っぽい液体が底に溜まっているではないか!

袋を乱暴に傾けていたら縛り口から染み出しているところだった。
何!?何なのこれはッ!??

得体のしれないこの中身を早くこの目で確認しなくては、
とレジ袋の結び目をほどきにかかる。

しかし結び目が緩み、さぁ一気にそれをほどいて中を確認するかというところで


「ソレヲアケテハイケナイ・・・!」


自分の内なる声が!
私の本能は、開けると自らに襲いかかるであろう最悪の状況を感じとったのだ!

私は内なる声に従い手を止めた。
しかし胸中、やはり中を確認しなければという使命感と、怖いものみたさが混在し、
数秒そのまま固まっていた。

そうしてる間に緩んだ結び目のわずかな隙間から

酷い、とてつもない悪臭が漏れ出てきたのだ!

「臭ッッ!!!」

声に出すと、悪臭が口に入ってきそうなので心の中で叫ぶ。
その猛烈な悪臭!卵の腐ったような・・・

「そうか!!」

それで私はすべて理解した!

そう!その包みは文字通り


「腐った卵(1パック入り)」なのだと!!


義母が・・・近くの店で買った卵を何故か仏間に持っていったまま忘れ、
そこにずっと放置されたそれは長雨で湿気ジメジメになりながら・・・
あるときは布団を被せられムレムレになりながら・・・
見過ごされ次第に原型をとどめておくことができずに殻がひしゃげ、
中身が垂れ流れ・・・腐敗し
大量の蛆・虫を生み出す温床となってしまったのだろう・・・。

もし、完全に結び目をほどき中をのぞいていたらば、
私はその壮絶な悪臭と身の毛もよだつ光景に気を失っていたかもしれない。


「うわああァァァーーーッ!!
勘弁してくれ!勘弁してくれえええーーーッ!!」



心で絶叫しながら私は息を止め、その包みをつかむと玄関に行き、
中身が漏れ出ないように慎重に「ジップロック」にその包みを入れ、
さらにもう一枚袋を被せると裏口からそれを出した。

「はぁはぁ・・・今度のゴミの日に忘れずに朝イチで出さねば・・・」

玄関では、そのわずか数分の作業にもかかわらず、
悪臭がしばらく留まり続けた。

しかし、仏間に放置されていたうちは
それほど結び目がしっかりとしていたわけでもないのによく臭わなかったものだ・・・
と、ちょっと不思議な気がしているのだ。


「でもさぁ!まさか仏間にナマ物が置いてあるなんて思わないじゃん!
なんでお義母さんあんなとこに置いたまま忘れちゃったかねぇ!?」

と、仕事から帰ってきたダンナに早速、
グチたらたらでこの出来事を報告したのだが・・・

半分は自分の思い込みと
布団の片づけを延び延びにした怠慢のせいであるということは・・・


・・・口には出さなかったのである。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

疑惑の洗顔タオル。

前に、「自分の洗顔タオルが義母の”尿モレパッド”用にされていた!」という
衝撃体験をお知らせしましたが、今回はその後のお話を。



先日、ほどよく古くなったバスタオルがあったので義母に

「お義母さん、これもう使わないから
切ってお義母さんの”尿漏れパッド”にしようか?」


と提案してみた。すると義母

「そうじゃな。そうしちょくんせぇ。」

と同意されたので、義母の見守る横で、
バスタオルを義母の使い勝手のよい大きさを聞きながら切り、
8枚くらい取れたそれをたたんで渡す。

「あぁ、すまんすまん。こりゃいいわ。」

と義母。

「それじゃこれからこれを使ってね。
私の顔ふきタオルは使わんようにしてくださいよ!


と、ばっつり念押しした。

うんうんと頷きながら義母はそれをしまいに部屋に入っていった。

”大きさもお義母さんの意向に沿うようにしたし、なにより柄が全部同じだし、
確実に自分のモノであると認識して使用してくださるだろう・・・。
お義母さん・・・私はお義母さんを信じてみますよ・・・。”


と心の中でつぶやき、私は前回考えていた
”私自身の洗顔タオルに名前を書く”ことを保留にした。

さてその後・・・

数日間は確かにそれを義母は使ってくれていたのだ。

だがしかし!

この長雨で洗っても乾かないというのがあったのかどうか、

数日たつと、

なんか・・・なんか・・・

「これ・・・ひょっとしておシモにあてられちゃった!?」

と感じるようなタオルが義母の洗濯物と一緒に
物干しにかけられるようになったのだ!

その中には注意深く管理していたはずの私の洗顔タオルまでもが!!

「どうなんだろう・・・?使われちゃったんだろうか・・・?」

疑問に思えど義母に確認することができない。
この頃の義母は何を聞いても

「わっちゃ、わからん。覚えがねぇんじゃて。」

と言うパターンに加え、
明らかにやったであろうことを

「わっちゃ、やってねぇ。しらんて。」

と、きっぱり断言するようにもなってしまったのである。

あまりにも自信を持って否定するので、
その現場をはっきりと押さえていない限り、
ともするとこちらの方が間違っているのだろうか・・・
という感覚に陥ったりすることもある。

とにかくはっきり使用している現場を確認できず(できるかっ!)
ただ義母の洗濯物とタオルが一緒に洗濯されて干されているということで
義母をあれこれ疑うのも悪い・・・。
せっかく買ったばかりの洗顔タオルであることだし・・・。

うぅん・・・。

なにやら胸がざわついてはいるのだが、

”この神経質で考えすぎなところがA型のイカンところ・・・。
もっとおおらかにならねば・・・。”


と自分に言い聞かせ、その疑惑のタオルを持ち洗面所に赴くのだ。

”しかし・・・もし義母使用になっていたら・・・?”

”いやいやたとえそうだとしても・・・洗ってあるわけだし・・・”

”じゃあ、たとえばアンタは洗ってあるからといってパンツで顔を洗えるの?”

”うっ・・・うぅん・・・”


タオルを顔の前に持っていきながらも自問自答。しながら葛藤する自分。

そして・・・

意を決して・・・


顔をゴシゴシゴシーーーっっ!!


・・・朝の一時の癒しタイムだった洗顔が・・・

今はなんか妙なプレイをしてる感がなくもないのだ・・・。

やはり、自分のタオルに大きめに名前を書いておくしかないのか・・・?


実は家族の者らが共有しているタオルも
なんか義母の股下に収められたものが
混じっているんじゃないかという気がしているのだが・・・
私がそんなことを大騒ぎで言うと、

「なんでそんなに神経質なん?」

と一笑にふされるだけかもしれない・・・。

まぁ、本人らが何か言い出すまで


・・・黙っておこうっと・・・。

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »