« それが嫁には理解できない。 | トップページ | そりゃないわ、お義母様! »

2009年5月 2日 (土)

神様、この一日だけ。

やれ、うれしや!明日から4連休!

特に行楽に出かける予定はないが、
仕事からも弁当作りからも解放され、
ある程度自分の時間が持てるというのは
主婦にとって最高の贅沢ではないかと思うのだ。
そして、更にこの連休中密かに楽しみなことがあったのだ。

それは・・・

一昨年、義母の息子(ダンナの兄弟)夫婦が新居に引っ越しをした。
それを聞いた義母が「一度遊びに行きたい」と言っていたのを、
覚えていてくれたらしく、

「今度の連休に泊まりで遊びにきたらどうか。迎えに行くから。」

という電話をくれた。

「それじゃあ、おかぁさん行ってくるといい。」とダンナ。

「そうじゃな。」と義母。

そんなやりとりが1週間ほど前にあったのだ。

「お義母様がよそにお泊りするんですって!?」

それを聞いて私の貧相な胸が躍った。
私が嫁に来て18年・・・
その間義母がよそに泊まってくるようなことがあっただろうか?
1・2回はもしかしてあったかもしれないが、憶えがないくらい前のことだ。
とにかく「えれぇで行きとぉもない。」と、
旅行とかにはめったに行かない人だったのだ。

あぁ・・・それが、この連休についに1泊でもお出かけになるという・・・!

このウチが一日だけでも私の天下に・・・!

その日だけは・・・

「一日何度も繰り返される洗濯機を回す音にイラッとすることもない・・・

食器用ふきんと台拭きをいつも一緒のふきん掛けに干されてムキッとくることもない・・・

買い物に出てる最中、ウチが火事になってないかと心配することもない・・・。

お義母様の目を気にせず、好きなだけ寝ることができる・・・のね・・・。」


いやまぁ、普段義母がいようがいまいが勝手にダラ寝こいてる嫁なのだが、
しかし、なんていうか開放感のあるダラ寝ができるというか・・・?

3日4日いないとなると、あの年だしあの義母のこと・・・
逆にどうしてるか心配にもなってくるが、
まぁ一日だけのこと。
とにかくこの貴重な一日を
心から満喫しようと密かにほくそえんでいた私がいたのである。

・・・だがしかし・・・?という話は後日。

|

« それが嫁には理解できない。 | トップページ | そりゃないわ、お義母様! »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それが嫁には理解できない。 | トップページ | そりゃないわ、お義母様! »