« マラソン大会参加賞。 | トップページ | 賭けに出る。 »

2009年4月17日 (金)

ちゃうやろ!!

「夫婦で趣味が一緒なんて、いいじゃん。」

と、言われることがある。
マラソン歴数年のダンナと、去年の9月から始めた私。
確かに良い面もある。
初心者の私にダンナはいろいろアドバイスをくれたり、
ウェアがほしいといえばいやな顔せずに
遠くの大手スポーツ店に連れて行ってくれたり、
ランニングの本なんか買ってその記事についてあれやこれやと
共通の話題ができたりする。

・・・しかしだ!!

この「趣味のランニング」の生活における優先順位が私とダンナでは大きく違い
それが私をイラッ!とさせることが多々あるのだ。

ダンナは平日は筋トレもランニングも全くしないが、
ランニングクラブに所属しており、
2週間に1度練習会に参加し、マラソン大会には割と数多く参加し、
自分が出なくてもクラブの人達が出ればそれを応援するために出かけていく。
・・・とにかく休日は家のことよりも、
そっちの趣味のほうが優先なのである。

対して私は、平日の筋トレとストレッチは割と毎日行って、
週4日くらいのランニングは5㎞以上は行うようにしている。
しかし、自分はパート主婦であるので、
このランニングは仕事や家事に
支障の出ない程度に行う趣味としている。

なので、私からしてみれば、
家長としてやらねばならぬことそっちのけで、趣味にはしるダンナに

「それはちがうんじゃないのか!?」

と、言いたくなるのだ。

やらねばならぬことというのは、まぁ色々だが、
自治会の清掃活動があるときも
「俺は練習会があるので、お前が行ってくれ」
となることもこれまで数回あったし、
とある予測のできた重大な出来事がはたして起こってしまったとき、
クラブに出かけてしまったダンナに連絡をとろうと
何度もケータイにかけてもつながらず、
こちらがあせってパニクってしまったこともある。

一番考えてほしいのは家の前の畑の管理である。
「俺は草刈り以外はしない!」と早々に宣言していて
それ以外はほとんどノータッチであるが、
家を継いでいる立場としてそれはどうなのか・・・?

とにかく、趣味をもつことはたいへん良いことであるとはわかっているが、
頼むからもう少し家の方に目を向けてほしいと思うのだ。

・・・しかし、ウチのは面と向かってそんなことを言っても
聞き入れてくれるようなダンナではない・・・。

そこで!

思いついたのが、5月にエントリーしたマラソン大会。
私はそれにからめてダンナにある約束を取り付けたのだった。

その内容については次回に。

|

« マラソン大会参加賞。 | トップページ | 賭けに出る。 »

主婦ランナーズカフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マラソン大会参加賞。 | トップページ | 賭けに出る。 »