« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月22日 (日)

3月10日。

10日。息子の卒業式がありまして。

「中学の卒業式は(娘に次いで)2度目だし、
まぁ自分が泣くことなんてないだろうな。」

と思いながらの出席だったのだけれど・・・

いざ、式が始まるとあの独特の雰囲気で、
次第に昔のことやらがいろいろと思いだされた。

男の子の子育てをしてると、娘とはまた違う感覚がある。
娘とは同性だからか、どっか一本母親と、
繋がっているような安心感みたいなのがあるが、
男の子は逆に赤ん坊の頃はたくさん母親と繋がっていたような糸の束が、
成長するに従って一本また一本と、
ぷつーん・ぷつーんと切れていくような感覚を何度も味わう。

座っていると、いつも首に小さい腕をからませてきたが、
それがふっとなくなったと気づいた時。

外に出るとき必ず自然に手をつないできたが、
それがなくなった時。

「この子は本当に身長が私より伸びるときがくるんだろうか」
と思ってたのに、
ある日横を通り過ぎたとき、とっくに抜かされてると知った時。

「あの高っかい声が、ホントに低い声に変わるのだろうか」
なんて思ってても、
やっぱりそうなったと気づいた時。

いやぁ、やっぱ成長するんだと感心するも、
そのたび繋がってると思ってた糸が切れるような一抹の寂しさを感じるのだ。
これからも、何度かそういう気分を味わうのかもしれない。
けど、この寂しさは、こちらの勝手な思いなので、
子供はそういうことは気にせず(しやしないだろうが)
大きく成長していってほしいものだ。

・・・などと、浸っているうち胸にくるものがあり
最後にアンジェラ・アキの歌なんか歌われたひには
もう涙タラタラになってしまった。

すげぇよ・・・卒業式・・・。

式終了後、最後のホームルームで教室へ。

あぁ・・・もう息子もこの教室で授業をうけることはないのね・・・。

なんてまだ浸ってるうちに、
「両親に手紙を渡す」というのがあり、
生徒さんがそれぞれの親さんに自分の書いた手紙を渡していた。

私も息子から”ほれ”とばかりにつっけんどんに手紙をよこされたのだが、

「あら・・・どんなことが書いてあるのかしら?」と
ちょっと胸を弾ませ封を開けたそこには・・・

私とダンナに対しての感謝の言葉が数行書かれてあった

・・・のだが・・・

なんていうか・・・

その・・・違ってたら息子には悪いが・・・

なんだか、その手紙から
”夏休みのポスター課題”のような「やっつけ感」が漂っているのだ。

授業中に「書きましょう」と言われて

「たりぃ・・・」

と思いながらしょうがなく・・・っていうのかどうなのか?
小学校の卒業式の時も、やはり同じように手紙をもらったが、
その時のとあんまり文面が変わってないような・・・?

なんか精神的に”膝カックン”をくらったような
妙なカンジを味わったのだった。

しかしまぁ実際この年代、親に対して不満もいろいろあるのだろうが、
そこをグッとこらえての感謝の言葉。
ありがたく頂戴する。

これからまた新しい生活が始まり、いろんなことが起こるのだろう。
そんなことに動じない、広い心の親に

なれるわけがなく、

いろんなことにハラハラしたり、
ヤキモキさせられたりするのだろうが、
そうやって自分自身も成長させてもらうことに感謝しながら、
子供らを見守っていきたいと考える

・・・などと、卒業式ということで、ちょっと深イイことを記そうと思ってたら・・・


エエイ!!こんなに更新が滞ってしまったわ!!

| | コメント (2)

2009年3月 5日 (木)

おいおいおいおい・・・。

昨日、コネタマのネタを選んで記事を作成していたのだけれど、
下書きをして一旦保存をしようとしてクリックしたら・・・

あれっ!?ログアウトしちゃった!?

何で何で?
もう一度戻って記事を確認したら・・・

うぉ!無い!消えてしまった!!

・・・そんなのアリですか!
私のあの一時間は!?無駄!?
無駄になっちゃったのね!!

なんか前回の記事もコネタマに登録されてないし、
何の操作が間違っているのかわからない・・・。

新しいことを始めようとしても
なかなかすんなりとはいかない自分がもどかしいのである・・・。

| | コメント (2)

2009年3月 2日 (月)

マジで猟奇的な彼女。

コネタマ参加中: ペットの困った体験談、教えて!

3月は「コネタマ」参加月間にしてみます。

というわけで、1発目のネタは「ペットの困った体験談」で。

実家にいたころは小学生の頃から犬だの猫だのがいた生活だったけど、
一番トンデモな奴だったのは一番最初に飼った犬「チビ」(メス)。
仔犬の頃捨てられていたのを拾って、
ウチら姉妹3人が「お願い、飼わせて!ちゃんと世話するから!」と、
両親に懇願してしぶしぶ了承してもらった、
というありがちな経緯でウチに来た雑種犬だ。

仔犬の頃こそコロッコロで

「かわいい・かわいい!もうあたしたちの妹ね!」

と、姉妹3人よってたかってちやほやしたのだが、
それがまずかったのか、もともとの特性もあったのか、
彼女は日に日に

「ものすごい凶暴な荒くれ犬!」

へと変貌していったのである。

拾ってやった恩も忘れ、彼女は「妹」どころか逆に、
すっかりウチら3姉妹を「格下」に見ており、言うことをきかないばかりか、
興奮するとすごい形相で襲いかかってくるようになったのである!
それは「飼い犬に手を咬まれる」などというナマやさしいものではなく
「飼い犬に手も!足も!毎回ガブガブと咬まれる」のである。

そんななのでジャージの袖はいつもボロボロで手足の生キズがたえなかった。
しかし、おかげさまで
「動物に腕を咬まれたら、腕をひっぱるのではなく、逆に口につっこむように押していけ!」

ということが、実体験でわかったことのひとつだ。

また、気が滅入るのが散歩。
姉妹誰もが行き渋る訳は
散歩コースは彼女の気分次第で、
絶対にウチらのひっぱる方向に素直に従うことがなく、
無理に引っ張れば、毛を逆立てて唸り声をあげ、
気まぐれにその場にしゃがみこんで動かなくなったり、
草むらに入り込んだりで、一度散歩に出たが最後、
何時に戻ってこれるのかわからない

・・・観たいテレビがある時間に戻ってこれるのか・・・?

散歩当番に当たったものは、毎回そんなことも含めた
スリリング体験を強いられるのだった。

そんなワガママでものすごい犬だったのだが、
彼女のおかげで、動物に対しては精神的にかなり強くなれたような気がする。
まぁなんにしても10余年、一緒に過ごした愛すべき家族。
歳とともにおとなしくはなっていったが、あの頃の強烈な個性の彼女は、
強烈な印象を私に残し、
いまでも

「さんざんだったよな・・・」

と、苦笑まじりに懐かしく思い出すのだ。

・・・しかし・・・犬のしつけって・・・大切だなぁ・・・と、つくづく感じるのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »