« 一気脱ぎ。 | トップページ | やったっ! »

2009年1月23日 (金)

3年目の別れ。

アナタと出会って3年目の冬・・・

アナタはいつも私をあたたかく包み込んでくれた。

アナタの広い胸に何度も身も心も預け癒されてきた私。

アナタから離れたくない・・・

そんな私のわがままをいつもアナタはきいてくれたわね。


ホントに素敵で優しいアナタ・・・

ただひとつ浪費癖がなおらなかったけど、

そんなアナタに貢ぐことも私はちっとも苦労じゃなかった。

いつもアナタはそれ以上のものを私に与えてくれたのだもの


うまくいってると思ってた私たち

・・・なのに・・・

何故?

何故突然アナタは冷たくなってしまったの?

私甘えすぎてた?

頼りすぎてた?

ホントは私が重荷だったの?

何がいけなかったのかわからない・・・。

別れも言わず、消えてしまったアナタ・・・。

ショックで私は足元から冷たくなるような感覚に襲われて、

心まで凍てついてしまいそうよ。

・・・でも・・・

もしかしてこれもアナタの優しさ・・・?

私に”一人で立って歩け”と?

もう頼るだけの人生にピリオドを打てと?

私のためにアナタは黙って去って行ってしまったの?

そう・・・きっと・・・そうなのね・・・!

わかったわアナタ。

私は一人でやってみる。

寄りかからず、甘えずに、

一人で胸をはって生きていくわ。

遠くから私の生きざまを

・・・見ていてねアナタ。

ありがとう、カペ男・・・

私の愛した・・・

電気カーペット・・・。



・・・えぇと、まぁその・・・

おとついの夜、いきなり電気カーペットが壊れてしまったという話で・・・。

スイッチを入れてもウンともスンとも言わなくなってしまった。
まぁ冬の間はフル稼働だったし、
ちょうど出入口のところに操作盤があったから、
時々家族の者に踏まれたりして
接触が悪くなったりしたのかもしれないが。
とにかく突然カペ男との別れがやってきてしまったのだ。
いやぁ、足元冷える冷える・・・!

でも、これでちょっとは私含め家族の者らのダラ寝が減るのではないかと。
電気代もちょっとはかからなくなるのではないかと。
なのでまぁしばらくはカーペットなしで生活するのも
いいのではないかと私は思っているのだが、
どうも冷え性のダンナがこらえきれずに
この休日に新たに購入するのではないかと予想はしているのだ。

29日目更新完了。電気カーペットの優しさが怖いの・・・。

プチ掃除生活14日目。居間の片づけ・掃除機かけ。

|

« 一気脱ぎ。 | トップページ | やったっ! »

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

あの~
この小説はオリジナルですか??
才能がみなぎってますね!!

投稿: hide | 2009年1月30日 (金) 22時47分

>hideさん
あ・ありがとうございます。hideさん。
しかし、自分で読み返すと
こっぱずかしいものです・・・。

投稿: ふるまん | 2009年1月30日 (金) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一気脱ぎ。 | トップページ | やったっ! »