« あのミッションがふたたび!? | トップページ | 認めたくない事実だが。 »

2009年1月 2日 (金)

やはり悪夢のミッション再び。

「ふるまんちゃん、正月の餅とみかんはどうするかね?」
と、義母は12月中頃から私に聞いていた。
頼むのなら、義母が近くの店で頼むというのだが
餅もみかんもそれほど食さない我ら。(来客もそれほどない)
それなのに去年は知らぬ間に義母により
デカいのし餅とみかん一箱が届き
我々はいやおうなく

「その餅をカビる前に食べきる!」

というミッションを課せられ
正月からしばらく
朝・昼 海苔餅、夕飯にぜんざいを出すほどの
まるで罰ゲームのような餅モチ生活を送ったのだった。
(そっちに気を取られ、箱入りみかんはカビてしまったが)

去年がそんな状況だったので
「今年は絶対にのし餅と箱入りみかんは頼まなくていいからね!」

と義母に言い渡していたのだ。

12月中頃から年末にかかるまでに
義母に何度聞かれたことだろう。
そして、何度同じ答えを発しただろう。

「ふるまんちゃん、餅は・・・」

「いや、真空パックのやつを買うからいらないよ。」

「みかん一箱頼んじょくかね?」

「いやいや、袋で買うから頼まなくっていいから!」

それでも次の日にはまた

「餅は・・・?」「みかんは・・・?」

・・・・・・気が狂いそうである・・・・・・。

それでも、自分としては根気強く

「絶対にいらないから。絶対に頼まないで。」と。

そのたびに「そうかね」やら「わかった」やらと言っていた義母。

こんだけ何度も繰り返していたので、
さすがにもう確実に義母のあたまには
入っているだろうと思っていた年末・・・


ドオオォォーーーン!!


・・・届きましたな・・・

のし餅一枚と箱入りみかんが!!


・・・ブチ切れそうになりながら、義母に

「お義母さん、頼まなくてもいいって言ったのに」

と言ったのだが

「こりゃ、わっちが頼んだんかね?
わっちゃ覚えがありゃせんのじゃて?」


と、おきまりのセリフである。

・・・ぬうぅ・・・この煮えたぎる気持ちのやり場をどこに・・・!?

しかし、餅とみかんにはなんの責任もない。

・・・食さねば・・・ならぬのね・・・

そして、今年も餅生活が始まったのである。

ちなみに昨日は朝、雑煮・昼、雑煮・夜、大根おろし餅。

最後に少しえづく。おぇ。

そんなわけで、しばらく米を炊かずに餅三昧になりそうである。

8日目更新完了。のどにつまらせぬように。

|

« あのミッションがふたたび!? | トップページ | 認めたくない事実だが。 »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あのミッションがふたたび!? | トップページ | 認めたくない事実だが。 »