« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月17日 (月)

補足・ヌートリアって。

前の記事でちょろっと記した「ヌートリア」についてですが、
どのような生き物なのかということを、
少しご説明しましょう。

思えば10年ほど前でしたか、
外で近所の方々とお話をしてたときのこと。
「だれそれさんの家の畑のイチゴが
ヌートリアにやられてしまったそうな」
なんて言葉がごくフツーに会話に盛り込まれていたのですが、
私は内心

「え!?何!?ヌートリア??」

と驚きをかくせなかったのを覚えております。

なんだろう・・・その・・・ウルトラマンに出てくる
怪獣のようなその響き・・・。
こんな田舎に、なんか似つかわしくない違和感のあるワード。

そこで百科事典で調べてみたのを思い出しました。
今回もそれを引っ張り出して説明いたしますよ。

(以下、説明文は

週刊朝日百科「動物たちの地球(哺乳類Ⅱ)」
を参考にさせてもらってます)
↓↓

ヌートリアとは?
Nutoria1
















原産地はアルゼンチン、チリ、ブラジルなどの南米南部。
体重10kgを超え、10歳以上の寿命をもつ大型げっ歯類。
ベジタリアンである。
日本に帰化したいきさつは、第二次世界大戦中、
イギリス・フランス・ドイツなどと同様に
北の戦線に軍隊を送り込むさい必要な防寒服の毛皮にするため
フランスから150頭を輸入したところから始まる。
軍は飼育を奨励して戦争末期には4万頭が飼育されていた。
しかし、敗戦後毛皮の需要がなくなり、
多くが野外に放たれたことからヌートリアの野生化がはじまった。
現在日本のいくつかの県で野生化が確認されている。
(岡山県の児島湾干拓地域一帯が、特に大きい生息地である)
現在ではイネなどを食べる害獣となっている。

・・・とのことです。

| | コメント (2)

2008年11月 2日 (日)

ランニング再開。

なかなか治らずにいた右ヒザの痛み。
2週間ほど経ってようやく痛みがおさまってきたようなので、
そろそろと夜の練習を再開してみましたよ。
やっぱいきなり走るのはコワいので、
数日間は歩きのみで。

さて、その数日間ウォーキングを経て
「今日からまたぼちぼち走るのを入れてみようかな・・・」
と考えるんだけど、
「うぅん、でもまたヒザにきちゃったらどうしよう?」
なんてことも考える。
「いきなりたくさん走るといけないから、ちょっとだけ・・・」

・・・おそるおそる

・・・・・・タッ

・・・タッ

・・・タッ・タッ・タッ・・・


あっ。


・・・タッ・タッ・タッ・タッ・・・


おぉ!痛くない!

走れる、走れるぞ!?

この感激はまるで・・・

そう!「アルプスの少女ハイジ」!
「クララが歩いた!」
その時と同じものでは!?(いや、そこまででも・・・)

走りながら私の頭の中は
アルプスの少女ハイジのオープニングもどきが流れ出しましたよ。



♪ちゃらららら・・・
ヨーホヨーホヨッヒッホ~
ヨッヒッフ~リヨッヒッホ~
ヨーホヨーホヨッヒッフリリ
ヨッヒッフーリヨ~~~

サルの群れ何故~  通学路横切るの
イノシシは何故~  オリのワナよけるの
おし~えて~  タヌキさん~~
おし~えて~  ヌートリア~~
おしえて~~~  畑のハクビシン~~~♪


よぉし!この調子で11月下旬の大会に向けて
またランニング再開しますぞ。
今度は無理せずに。




・・・まわりを畑に囲まれた田舎道の夜ランニングは、
都会とはまた違ったコワさがあったりします。
不審者に加え、不審猿、不審イノシシなどにも
襲われやしないかとビクついている私。

そーゆーわけで、現在私が走ってる後ろを
ダンナについてきてもらっています。
しかし、ほとんど会話もなく私の数メートル後ろを
ダンナが歩いている図は、はたからみると
「不審者に狙われている女性ランナー」なのでは?
というカンジがしないでもないです。

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »