« おコゲの香りにさよならが言えない。 | トップページ | 彼との再会・・・。(農カフェ・1) »

2008年3月17日 (月)

新たなる火元!

・・・・・・油断ならないのはコンロの火ばかりではなかった・・・。

それはこの間の休日に起こったことなのだが、
午前中買い物に出ようとプロパンの元栓を締め、
台所にいる義母に声をかけようとしたら、

「・・・んっ!?」

食器を洗っている義母の背後にあるトースターが
なにやら怪しげな雰囲気なのである。
かすかにパチパチいう音と、煙がもれている・・・!?

「お義母さん!?トースターで何焼いてるのっ!?」

驚き慌ててトースターの扉を開けると
トレーに乗っかった
黒いころころした物体達が発火していたのだ!

「あれあれ。
わっちゃ、銀杏(殻付き)をそこで焼いとるのを忘れちょった。」

・・・・・・ぎ・銀杏(殻付き)をトースターで・・・・・・?
どんだけタイマーかけてたのか、めらめら燃えてますがな・・・。
しかし、こういう時ってなんか体が動きませんな。
”トースターに水をぶっかけようか?
いやいやそんなことしたらトースターが壊れるか?
トレーを流しに持ってって火を消すか?
いやでもトレーは熱いぞ。素手では触れまい・・・。”
などといろいろ考えるが結局私はただどぎまぎと
その場に立ちすくみ火が自然と消えるのを待つのみであった。

・・・数分後残ったのは・・・

数個の真っ黒に燃え尽きた銀杏達。
ススで汚れたトースター。
台所に充満したおコゲの臭い・・・。

アブないのはコンロの火だけではなかったのね・・・。

予測不可能な義母の行動は
何が火元になるかわからぬ危うさを持っていると知ったのだった。

なんだか元栓を締める前より、
不安度が高くなってしまった私なのである。

怖ぇよぉ・・・。
Tosuta

|

« おコゲの香りにさよならが言えない。 | トップページ | 彼との再会・・・。(農カフェ・1) »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

いよいよどうにもなりませんね
この記事はかなりマズイですよ…
お義母さんの忘れっぽさは
火を扱う時だけなんですか??
こうなってくるとどうすればよいのだか…
家族とは相談したりしてますか?
良い知恵が思いつきませんよぉ~

投稿: hide | 2008年3月20日 (木) 22時37分

hideさん どうも心配おかけするような記事に
なってしまってスミマセン。
やはりちょっと気になる言動が増えてきましたね。
家族と相談はしていて、近いうち病院で診てもらう
ことを考えています。
けど、ウチのまわりには結構同居経験のある方が多くいらして
話を聞くと「・・・ウチよりスゲぇ・・・。」と
驚くこともあったりして。
どこの嫁さんもたいへんなのね、と思ったりしてます。

投稿: ふるまん | 2008年3月22日 (土) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おコゲの香りにさよならが言えない。 | トップページ | 彼との再会・・・。(農カフェ・1) »