« あのひとは行ってしまった。 | トップページ | 続・おコゲの香りにさよならを。 »

2008年2月24日 (日)

おコゲの香りにさよならを。

以前にもう何度か記した、義母の「鍋の焦げつからかし」の件だが、
あれからどうなっていたかといえば、
80年間通してきた義母の火に対する認識の甘さが
今更改善されるはずもなく、
仕事から戻ってきた私を一番に出迎えてくれるのが、
玄関まで漂っている焦げ付きの異臭であることが度々だった。
ひどいときにはその異臭が3、4日台所に留まり続けたりする。
そのたびこちらも義母に、

「絶対火のそばから離れないように!!」

という少し厳しめの口頭注意と、
毎朝出かける前の

「火だけは絶対気をつけて!!」

という念押しはしていたのだが、
気をつけるのは焦げ付かせた後の数日間のみで、
コンロの前にじっとしていられない義母。
いつもは「体の調子が悪ぃ・・・。」と言い、
じっとしていることの多い義母なのに、
コンロに着火したとたん
いきなり活動的になるのは何故なのか!?
大抵洗濯物を干しに行ったり、
玄関を掃きに行ったりしてしまうのである。

しかし、やはり
「いよいよこれはヤバい・・・」となったのは一ヶ月ほど前。
外出から戻るとまたしても、の異臭。
そしてまたしてもそれほど反省の色なしの義母。
ここまではいつものことなのだが、その後

「お義母さん・・・。今日はいったい何を焦げつからかしたん・・・?」

と訊いたところ・・・はて?ってな顔をされて

「わっちゃ、わからん。忘れてまった。」

え・えっ!??忘れちゃったの!?
・・・とぼけているのではなく、ホントに思いだせないようである。
というか、思い出す気もないようなそのそぶり・・・。
さらにその後、義母自ら

「なんか臭ぇようじゃが、なんか焦げ付かせちょりゃせんかね?」

と、ダンナに訊いたという。

「自分が焦げ付かせたんだろうが!」

と、ダンナは当然のツッコミを入れたそうだが、
・・・ちょっとお義母さんのこの様子は気にかかる・・・。
自分が何を焦げ付かせたか、
更に焦げ付かせたことそのものを忘れている・・・。

実をいえばこの頃の義母は時々
「認知症」ではないかと疑うような言動がある。
日常の生活にさしつかえがあるというほどではないが

「そろそろ手を打つべき時かもしれない・・・」

これを機に私は夜、ダンナと相談し
ついに前々から考えていた対策を実行に移す事にした。
それは

「義母が家にひとりになるときだけ 
プロパンガスの元栓を締める事」
である。

さて、どうなったかというと・・・?(つづく)

|

« あのひとは行ってしまった。 | トップページ | 続・おコゲの香りにさよならを。 »

義母カフェ」カテゴリの記事

コメント

そうですね。
お年を召してくれば少なからず、
その様な症状が出てくる人もいますから。
いい案だと私は思うのですが…
義母さんには少しかわいそうなのかな?
でも、火事は全財産を焼いてしまう可能性がありますから、
もっと言えば命も…
で、どうなったのですか??

投稿: hide | 2008年3月 1日 (土) 01時06分

こういう対策をとることを考えてはいたものの
なかなか言い出しにくかったんですよね
これまでは・・・。
「火のそばを平気で離れ、ほかごとをやってて
そのまま忘れる」のは、ホントに昔っからで
「ぼけ」とは違ってたものですから・・・。
でも、最近は様相が変わってきたな・・・と感じます。
さて、どうなったかと言えば・・・?

投稿: ふるまん | 2008年3月 2日 (日) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あのひとは行ってしまった。 | トップページ | 続・おコゲの香りにさよならを。 »